まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

元気に帰ってきました

今回は少し悲しい帰郷となリましたが、島での生活もやっと平常を取り戻しました。
観音寺ちょうさ祭り 009

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/10/28(木) 00:00:59|
  2. 島の人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

さようなら 「ふうさん」 ①

【ル・ポール粟島】の支配人さんの転勤が決定的になったのは、梅雨に入って間もない頃でした。
彼の事のを島の人たちは、みな「支配人さん」と呼び、名前も年齢もよく知りません。島の人たちにとって、
そんな事はどうでも良かったのです。写真からも分かるように、その優しい人柄を島の人たちは皆愛していました。
僕も、写真の「いろは」からブログすべてに於いてその「ふうさん」に教えて貰っていました。
写真やブログの間では通称「ふうさん」で通っていました。
そんな「ふうさん」が仕事の関係で神戸の方に行く事になったのです。

その「ふうさん」、自他共に認める≪雨男≫です。だから、転任する日の天気が気がかりでした。
せめて、新たな人生の坂を越えていく日は、いくら≪雨男≫であっても、晴れて欲しいと願っていました。
写真は「ふうさん」が島を出る二日前の夜明けです。このままこんな天気が続いて欲しいと願いました。
梅雨の晴れ間




続きを読む
  1. 2010/07/03(土) 00:00:17|
  2. 島の人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

『潮もかなひぬ 今は漕ぎいでな』 漁

  『 潮もかなひぬ 今は漕ぎいでな 』
 潮が良くなってきた、さあ、船を漕ぎ出そう!
下新田 048
あっ、『万葉集』の歌だ~と、気付かれた事と思います。そうです。万葉の歌人、額田王(ぬかだのおおきみ)の歌です。
額田王は謎に包まれた万葉の女性です。大海人皇子(後の天智天皇)の妻で、その後天武天皇に仕えました。
「茜さす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖ふる」と歌ったあの女性です。教科書にも出ていて有名です。
危ない(笑)恋の歌が多いですが、こんな勇ましい進軍ラッパも吹いた(歌った)りもします。
『熱田津に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎいでな』 万葉集・巻1
この歌は、百済の国と親密な関係にあった大和朝廷が、百済復興の為に斎明天皇自らが指揮を執り「白村江の戦」(下記詳細)に遠征する時の歌です。
熱田津の湊(愛媛県松山あたり)に集まった兵士達を鼓舞するために、天皇に代わって歌った歌だとされています。
「(白村江の戦いの為に)ここ熱田津の港に集まった兵士達よ、潮も満ち、流れも丁度良くなって来た。
さあ、今こそ出陣だ~。レッツ ゴー!」
こんな感じの歌です。この時代の歴史話は(個人的な好みですが)大変面白いです。
「読書の秋」です。秋の夜長、TVを消して、歴史の本など読んでみるのも又、楽しいかもしれません。
「♪おら、そんなの嫌だ~」と言う人は、下記添付の資料を見るだけでも面白いかと思います。

「白村江の戦い」→ここ

で、この歌と今日のブログとの関係は?ここは熱田津の湊? な~んて問われると・・・困ります。
今日の写真を用意しながら、ふと、額田王の句を思い出しただけの話です。

続きを読む
  1. 2009/11/17(火) 00:01:45|
  2. 島の人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

島の運動会

窓を開けたら昨夜の雨も上がり、晴れ!
台風 066
10月3日(土)平成21年度【粟島地区大運動会】が快晴の秋空の下に開催されました。
コピー ~ 粟島運動会 003

続きを読む
  1. 2009/10/15(木) 00:00:52|
  2. 島の人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

島の人は働き者 ?

島の人たちは働き者。ツツジ咲く 144

近所の空き地を、きれいな花壇に変身させました
ここは去年まで蓬やイタドリ等が生い茂った空き地でしたが、近くの人たちで話し合い、花壇を作ることにしました。
背丈ほどあった蓬やイタドリの根っ子を、みんなで何日もかかって掘り起こし、花壇をつくりました。
この日も、朝七時半に集まって、二時間ばかり花壇の手入れをしました。
毎月2回、日を決めて一斉に花壇手入れをしていますが、毎日、誰や彼や水やったり草とったりしています。

続きを読む
  1. 2009/05/15(金) 00:00:00|
  2. 島の人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

時計(ブラック)


by ブログの時計屋さん

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (4)
粟島遠望 (6)
未分類 (183)
ノスタルジア (1)
桜 (12)
茶華・鳥 (20)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (18)
春の花 (12)
横須賀 (102)
横浜 (18)
鎌倉 (33)
東京 (50)
奈良 (29)
高野山・京都 (14)
海員学校 (5)
船、港 (40)
城の山より (11)
西浜 (23)
島の人 (5)
下新田 (8)
姫路 (6)
花畑 (6)
詩歌 (2)
旅行 (20)
紫陽花 (21)
草花 (130)
夜景 (10)
花散歩 (36)
粟島散歩 (110)
小動物 (38)
家族 (18)
お出かけ (120)
年中行事等 (54)
朝の風景 (18)
夕景 (9)
日々の出来事 (20)
香川 (24)
粟島 (1)
愛媛 (3)
徳島 (14)
高知 (11)
お寺 (0)
三豊市(山本町,財田界隈) (13)
黒川/財田駅周辺 (23)
島の桜 (9)
香川のお寺や神社 (90)
島の春 (9)
紫雲出山 (23)
三浦半島 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード