まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

ちょいと、愛媛へ 13、《東洋のマチュピチュ》「マイントピア別子」⑤最終章

この《愛媛への旅》が始まったのが、明治天皇の誕生日11月3日「文化の日」でした。
明治、昭和、平成を経て時代は《令和》へ。このシリーズも長過ぎましたね~。
ここは江戸の盛り 、元禄4年(1691)に開かれた別子銅山《端出場坑道》の入り口です。
DSC_1655端出場坑道 (552x750)
続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2019/12/25(水) 00:00:00|
  2. 愛媛

ちょいと、愛媛へ 12、《東洋のマチュピチュ》「マイントピア別子」④

別子銅山・東平の往時の生活文化や歴史等を紹介している「東平歴史資料館」見学後は、
《マンプ》と言われるこの坑道跡に設けられた(東平にゆかりのある)鉱山運搬機器展示場に向かいました。
DSC_1631 (750x500)
続きを読む
  1. 2019/12/22(日) 09:40:00|
  2. 愛媛

ちょいと、愛媛へ 11、《東洋のマチュピチュ》「マイントピア別子」③

《貯鉱庫・索道基地跡》の次は「東平歴史資料館」を見学です。
大急ぎで皆さんに追いついたため、建物の外観を撮る余裕もなく館内に入りました。
館内は、別子銅山の歴史やジオラマ、写真等が展示されていました。 ※写真は資料より
slide1[1] (750x506)
続きを読む
  1. 2019/12/19(木) 01:51:10|
  2. 愛媛

ちょいと、愛媛へ 10、《東洋のマチュピチュ》「マイントピア別子」②

今日はこのマイントピア別子東平(とうなる)の《貯鉱庫・索道基地跡》まで降りていきます。
手前大きな口を開けているのは、採掘され運ばれて来た鉱石を下の《貯鉱庫》に落とし込む口です。
DSC_1569貯鉱庫、索道基地跡 (750x500)

続きを読む
  1. 2019/12/15(日) 01:15:29|
  2. 愛媛

ちょいと、愛媛へ 9、《東洋のマチュピチュ》「マイントピア別子」①

今日からは、今回の愛媛旅行の最終目的地、住友財閥の源流企業である新居浜市の南方標高750mの山中に広がる“東洋のマチュピチュ”と言われる「別子銅山」「マイントピア別子」《東平(とうなる)ゾーン》へ行った時の様子です。
写真は東平駐車場から見た《東平貯鉱庫跡》。赤茶はドウダンツツジの紅葉です。
DSC_1567貯鉱庫、索道基地跡 (750x500)
続きを読む
  1. 2019/12/10(火) 14:30:00|
  2. 愛媛
次のページ

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (164)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (35)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (9)
横須賀 (147)
横浜 (26)
鎌倉 (43)
東京 (65)
奈良 (50)
高野山・京都 (30)
海員学校 (5)
船、港 (45)
城の山より (13)
西浜 (34)
島の人 (7)
下新田 (10)
姫路 (3)
花畑 (8)
詩歌 (3)
旅行 (42)
紫陽花 (23)
草花 (121)
三浦半島 (17)
夜景 (10)
花散歩 (42)
粟島散歩 (105)
小動物 (49)
家族 (20)
お出かけ (117)
年中行事等 (56)
朝の風景 (35)
夕景 (12)
日々の出来事 (27)
香川 (23)
粟島 (9)
奈良・京都 (1)
愛媛 (19)
黒川/財田駅周辺 (19)
徳島 (19)
三豊市(山本町,財田界隈) (55)
香川のお寺や神社 (141)
紫雲出山 (17)
高知 (11)
島の桜 (10)
お寺 (0)
島の春 (10)
庭の花 (76)
来島者たち (36)
鉄道関係 (71)

検索フォーム

RSSリンクの表示

天気予報


-天気予報コム- -FC2-