まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

【瀬戸内国際芸術祭】 4 遠足

空き地の花などを撮っていると色々な人たちと出会います。
今日は【瀬戸内国際芸術祭】に遠足でやって来た子ども達等の元気な様子をご覧下さい。
061 (600x399) - コピー


こちらは子どもと言っても、もう立派な中学生。花を撮っている直ぐ傍で実に楽しそうに話をしていました。
聞くと丸亀から【瀬戸内国際芸術祭】の見学を兼ねた遠足にやって来たそうです。
DSC07970 (600x450)


礼儀正しく、実に爽やかな子たちで、複数の生徒は「僕はサッカー選手になる」と胸を張って話してくれました。
夢が語れる・・・良いですね~。それに比べ「♪ 13,14,15と俺らの人生暗かった~ ♪」 (バシッ! 歌じゃん)
DSC07971 (600x399)


続いてやって来たのは、近くの小学生たちです。こちらもグループで思い思いの展示場を見て回っているようです。
三豊市の小学校はどこも制服です。
016 (600x399)


優しそうな先生と記念写真。はい、ピース。みんな嬉しそうですね~。
先生のお話では、全校児童が16名だそうです。 地域も段々過疎化されていっているのでしょうか。
DSC07809 (600x450)


こちらも同じ小学校の4人組のようです。あとの8名もどこか楽しく先生と歩いているのでしょう。
004 (592x600)


と思っていたら、やって来ました。ww 
034 (600x450)


この中に・・・?見当たりませんねえ。その筈、別の学校のようです。
011 (600x450)


交通事故の心配もない島をみんなでのんびり歩けて良いですね~。町だとこうはいきません。
ゆっくり景色でも見ながら歩いてくださいね。って、地元ではこ長閑(のどか)な景色は珍しくありませんねぇ。
DSC07821 (600x382) - コピー


おっと、そうは言ってもやはり遠足は計画通り・・・みんなに追いつかなければ。急げ、急げ!
022 (600x513) (2)


こちらはもっと小さな可愛いお客様。高松から来られた幸せそうなご家族です。 リゾートホテル [ル・ポール] の前庭です。DSC07985 (600x399)


妹さんはパパに「高い、高い」をされて大喜びです。お爺さんも一緒に来られたのだな」と思っていたら、
「あの~、北さんですか?」と、にこにこ笑っている。
「・・・はい、そうですが・・・」と応えながら懸命に記憶の糸を手繰ろうとするが思い出せない。
DSC07991 (600x399)


「やっぱりそうですか。小さい頃の面影が残っています。・・・僕は深〇です。」と、名乗られて思い出す。
「〇〇君ですよね。いや~、お久しぶりです。」小学6年生の春に横浜へ転校して以来50年ぶりの再会です。
「いや~、失礼しました。」と失念を侘びながらも、良くもまあ愛称名を思い出せたものだと安堵しました。・笑・
DSC07993 - コピー (581x600)


ところで、旧友と若いご家族とは全く関係ありません。www 写真の邪魔をしてはいけないと、お孫さんを連れ戻しに飛んで来たのでした。「邪魔をして済みません。」と言いながら僕の顔を見て≪あれ~?!≫と、思い出したそうです。
50年・・・我々もすっかりお爺さんになってしまいました。
DSC07608 (515x600)


人の出会いとは不思議なもの。僕が若い親子の写真を撮っていなければ、双方気づかずに過ぎていたところでした。
募る話もありましたが、中学生と≪手を振って別れよう≫と約束したので港に行ってみると、・・・ 姿が見当たりません。
126 (600x399)


中学生の乗る臨時便は2時半頃と聞いていたのだけれど、早めに出港したようです。 これ以上早く走った事もない様なスピードで海に突き出た防波堤まで自転車を飛ばしましたが間に合いませんでした。 
DSC07994 - コピー (600x399)


それでも、生徒達は船から身を乗り出してこちらを見てくれていました。
姿の見えぬ僕に手を振ってくれている生徒もいます。子ども達の誠意を尽くす姿勢・・・感動します。
≪人を信じることの大切さ≫を教えなければならない大人なのに・・・あ~、何という失態!
せめて「大人は信用できない!」と思わないで欲しいなあと、遠く去っていく船に手を振り続けました。
DSC07994 (600x405)


「中学生が誰かを探すようにこちらを見ていたので、きっと北さんの事だろうと代わりに手を振っといたよ。
「瀬戸芸」のお客さんを乗せる臨時便が次々と出るので、いつまでも桟橋には着けていられんかったのじゃろ。」
僕の代わりに防波堤の先端で手を振ってくれたTさんは、がっかりしている僕にそう言って慰めてくれました。
 中学生が乗った船が出港すると、沖で待機していた臨時便が直ぐに入港してきます。
DSC07997 (600x450)


先程入港してきた臨時便は乗客を乗せ、直ぐに出港です。それでも乗り切れなかったお客さんが港で並んでいます。
釣りをしている人たちは、今夜の晩酌用にと(≪たたき≫や≪刺し身≫にする)アジを釣っているのです。
DSC08002 (600x399)


中には、サバかと思うような大きなアジもいました。この後、皆さんは必要なだけの数を釣って帰りました。
僕も、(船が早く出たとは言え)期待していた中学生達には悪いことをしてしまったなと思いながら家に帰りました。

DSC07999 (600x475)


台風情報、急激な冷え込みなどに気をつけてお過ごし下さい。
それでは、今日はこの辺で・・・。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/20(日) 10:45:25|
  2. 未分類
  3. | コメント:5
<<【瀬戸内国際芸術祭】 5 「 ちょっと一息 癒しの島カフェ 」 | ホーム | 十三夜>>

コメント

やはり大勢の子供たちがいる景色はいいですね〜
粟島にこんなに大勢の子供たちなんて、何年ぶりでしょう。うれしですね〜
半世紀を経て再会した友達でも、やはりわかるんですね。
シワができても、シミができても、ニクが落ちても、目の輝きは変わらないということでしょうか。
  1. 2013/10/20(日) 20:18:21 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

こんな純真な子供達が、店をも潰す様なツイートをネットに上げるようになるんですから、世の中恐ろしいものですねぇ~・・・
この子らの中から、そんな非常識な子が出ないように祈るばかりです・・・
  1. 2013/10/21(月) 12:11:31 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

ふうちゃん
子ども達がいると周囲まで明るくなります。
声が聞こえると、何をしていてもついつい見てしまいます。www

半世紀も会わなかった友なのに覚えてくれていた・・・。
驚きましたねえ。嬉しかったですよ。
僕自身も、苗字を言われた途端、直ぐに名前が出て来たことに驚きました。
普段、昨日の夕飯さえ思い出せないのにね。www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
最近は考えられない嫌な事件等が多発していますねえ。

今日のこの子たちは、初めて会った見知らぬ爺さんにも、
出来る限りの誠意を見せようとする子たちです。
大丈夫です。


  1. 2013/10/21(月) 18:04:28 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

北さん、先日はお声をかけていただいてありがとうございました。高松から来ていた家族ですー。
普段はお墓参りだけして帰るので、こんなに長い時間滞在し、島の風景を楽しんだのは初めてでした。
北さんの写真には、粟島のよさがいっぱい写っていますね。これからも北さんの綴るブログ、楽しみに拝見させていただきます。

最後に・・・あんなんですけど、妹さんじゃなくて、弟さんなんですね~実は!(^^)!(笑)
  1. 2013/10/24(木) 16:11:05 |
  2. URL |
  3. かよたんこぶ #-
  4. [ 編集 ]

かよたんこぶ さん
ありがとうございます。
ついつい我が孫達を思い出し声を掛けさせてもらいました。・笑・
急なお願い事にも快く応じていただきありがとうございました。

≫最後に・・・あんなんですけど、妹さんじゃなくて、弟さんなんですね~実は!(^^)!(笑)

e-351 いや~、失礼しました。 
女の子のような可愛さで・・端から≪女の子≫と思い込んでしまいました。
写真見直しても、未だ≪女の子≫では?と、半信半疑です。・笑・

粟島の方だったとは・・もう一つ驚きました。 ・笑・
更に、ハプニング参加の男の子は、何と私の同級生の御孫さんでした。
それがご縁で50年ぶりの再会・・・人の縁とは不思議なものですね。

このブログは、横須賀の仲間達に≪粟島≫を紹介したくて始めたものです。
写真は退職爺さんが60の手習いで始めたものですから、もとより芸術的なものではありませんが、
懐かしい景色、路地裏、お爺さんおばあさん達が出てきます。・笑・
  1. 2013/10/26(土) 17:26:02 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (45)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示