まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

たまには横須賀 1 

所用があり、横須賀に帰っていました。と言っても僅か一週間の帰宅です。
その間、東京へ三度行っただけで、後は家でぶらり、ぶらり・・・。www 
庭の花を撮るしかありません。
007 (600x426)


花と言ってもこの時期咲いているのは、僅かに「シュウメイギク」と「ホトトギス」だけです。
しかも、時期はもう過ぎて辛うじて咲き遅れていたのが数本だけ・・・。
008 - コピー (600x450)


 「シュウメイギク」 
■ 古い時代に中国から入ってきて、野生化したもの。
特に京都の鞍馬(くらま)や貴船(きぶね)山中に多く自生しているところから「キブネギク」とも言われています。
011 (451x600)


未だ、蕾もありますが、時期的に花はもう終わりです。
002 (600x449)


この僅か数本だけ咲き残っていました。
013 (450x600)


周りの花たちは、来春に向けて準備中です。www
008 (450x600)


こちらの「ホトトギス」の根元には 黄色く垂れた花を咲かせる 「キイジョウロウホトトギス」  が
咲いていましたが、年々少なくなり、とうとう姿を消してしまいました。
左の方に見える「石楠花」は、昨年、高野山へ立ち寄った際に孫の記念樹にと買ったものです。
しっかり根を下ろしていますから、数年後の花が楽しみです。
花は 「高野山・金剛三昧院の石楠花」  の系統だと言う事でした。
010 (451x600)


■「ホトトギス」は、斑点のある花びらが、ホトトギス(鳥)の胸にある模様と似ているため、この名が付きました。
また、若葉に油染みのような斑点があるので、「ユテンソウ」(油点草)の別名もあります。
005 (399x600)


花の時期は遠に過ぎてしまいました。「ホトトギス」も来年の準備が始まっています。
005 - コピー (600x449)


それでは、又。お元気で。
【瀬戸内国際芸術祭=秋会期】も11月4日で終了します。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/03(日) 00:00:00|
  2. 横須賀

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (19)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示