まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

ひなげし

いつもウンザリする程の≪てんこ盛り≫ですが、
今日はぐっと堪えて≪これ一本≫です。www
010 (449x600)

都会のど真ん中でも強く咲いている「ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)」です。
潮風などにも負けません。しかもこんなコンクリート製の堤防の隙間から・・・「ど根性ヒナゲシ」です。www
DSC02342 (502x600)


それもその筈、この花はアルカリ土壌を好むと言われています。だからビルの谷間やコンクリート道路の隙間でも大丈夫。
ここは、いつも日の出写真を撮る「常夜燈」のある場所です。何も好き好んでこんな所に・・・と思いますが、
DSC02343 (600x445)


大丈夫。僕達が心配しなくても、ちゃ~んと条件の良い所でも繁殖しています。www
長細い実のような≪芥子坊主≫の中には無数の細かい種が入っています。
■「けしつぶ(芥子粒)」と言う言葉はここから生まれました。
DSC03030 (600x399)


僕の敬愛する良寛さんは、「花と蝶」の関係をこんなふうに詩っています。
♪ 花が女か 男が蝶か~  蝶のくちづけ うけながら・・・♪ (バシッ!それは、森進一の歌でしょ) 
DSC03031 (600x417)
 ■ 帝則・・自然の法則


花は無心にして咲き蝶を招き、蜂もまた無心にして花を訪れる。「蝶じゃなくミツバチじゃん」(バシッ! 関係ないでしょう)
「花は子孫を残そうと蝶や蜂を誘惑し、蝶や蜂は受粉を助けようと思って花を訪れている訳ではない。」
などと、分別臭い話の世界ではありません。
ナガミヒナゲシ2 (600x450)


花は只々無心に咲き、蝶(蜂)も又、無心に蜜を求め(右下窓写真)次から次へと飛び交っています。
良いですね~、この≪無心さ≫≪自由さ≫。
 後方の白と黄色の花は「カモミール」。 
034 (600x450)


ヒナゲシと言えば、思い出されるのはアグネスチャンのあの歌でしょうか。  
 ♪ 丘の上ひなげしの花で 占うのあの人の心 今日もひとり
      来る来ない帰らない帰るあの人は いないのよ遠い街に行ったの ♪
037 (600x511)


アグネスチャンが少女の淡い恋心を歌ったのはこの花でしょうかねえ。 (今でも歌えます)www
ヒナゲシと言っても種類も沢山あるようです。
010 (600x450)


しかし、アグネスチャンの歌も懐かしいけど、やはり70を過ぎた僕たちが「ヒナゲシ=虞美人草」で思い出すのは、
あの「垓下の戦い(がいかのたたかい)」で敗れた項羽の悲話ですかねぇ。
司馬遷の『史記』にある「四面楚歌」・・高校生の時、テストの為に否応なしに覚た漢詩です。www
項羽が寵愛していた「虞美人」と愛馬「騅」との別れを惜しみ、自らの悲憤を詠ったものです。
DSC03032 (515x600)


力拔山兮 氣蓋世 (力は山を抜き 気は世を蓋う) 時不利兮 騅不逝 (時利あらず 騅逝かず)
騅不逝兮 可奈何 (騅逝かざるを 奈何すべき) 虞兮虞兮 奈若何 (虞や虞や 汝を奈何せん)
四面(周囲)敵に囲まれ、戦いに敗れた項羽の後を追って自殺した虞の墓にはこのヒナゲシが一面咲いていたという。
この故事が「四面楚歌」の由来であり、「虞美人草」という異名の付いたゆえんです。
009 (600x450)


今日は、「ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)」だけを追いかけてみました。www
014 (600x399)
※ 探していたら同じ「四面楚歌」の授業ビデオが見つかりました。時間がありましたらご覧下さい。
資料■  「四面楚歌」の授業  
資料■「垓下の戦い(がいかのたたかい)」
中国楚漢戦争期の紀元前202年に項羽の楚軍と劉邦の漢軍との間の垓下(現在の安徽省蚌埠市固鎮県)を中心に行われた戦い。この戦いで項羽が死んだことによって劉邦の勝利が完全に決定し、楚漢戦争が終結した。


再び強い寒波が日本列島を襲ってきています。寒さ対策等十分に備えて下さい。
僕の備えは一歩も外に出ない事です。www
それでは、また。


スポンサーサイト
  1. 2014/01/10(金) 00:00:00|
  2. 草花
  3. | コメント:8
<<散歩 「下新田」 | ホーム | 気分も新たに >>

コメント

防波堤の脚元の隙間から、ここに私が綺麗に咲いています。ってコスモスさんの楽しげな声が聞こえて来そうです。これほどしっかり育ったのは、きっと、何処かの釣り人が魚の餌をこぼしたのが、良い肥料になったのかもね?それは誤解かしら?
  1. 2014/01/10(金) 10:34:49 |
  2. URL |
  3. カン #-
  4. [ 編集 ]

芥子の花は生命力が強く、我が家でも鉢の土を貰ってきたら、植えもしないのに芥子の花が・・・
今朝は、此方でも今年始めて池に薄氷が張りました・・・
寒くなってきましたので、風邪などは引きそうにない元気な北さんでも堪えるかも知れませんねぇ~・・・
  1. 2014/01/10(金) 11:53:33 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

「花無心招蝶」「蝶無心尋花」自然の営みですね。
人もまた知らずの内に名に加に貢献しているのかも知れませんね。
私の場合は極少ないと思いますが・・。
  1. 2014/01/10(金) 15:57:22 |
  2. URL |
  3. masa #-
  4. [ 編集 ]

カン さん
皆さん元気ですか。
我々孫達の元気さに追いつけず疲労困ぱいです。www
カンさんも「ヒナゲシ」だって言っているのに「コスモス」だなんて・・・
いくら花に興味がないと言っても余りと言えば余りの戯れ、
かなりのお疲れ模様ですね。www
私の診断だと、たまに禁酒すれば直ぐ治ると思います。www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
1枚目の写真のヒナゲシも、服かどこかに種が着いて来て庭に落ちたようです。www
温国讃岐にも氷が張りましたか~。強い寒気が入り込んできましたからね。
TVでは愛媛に雪が降ったニュースを流していました。
横須賀は孫達に見せたくても雪も氷もありません。それでも寒くて堪りません。www
今日も自室に籠もり、食事時だけ部屋を出る始末です。ww

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
masa さん
ありがとうございます。
雪も氷も見ない横須賀で「寒い~!」何て言ったら笑われますね。

「花と蝶」正に悠久たる自然の営みです。
われわれもまた自然に多くの人の影響を受けながら
生かされているのだなと思いますね~。

masaさんの写真を見ながらもたくさんの感銘や影響を受けています。
masaさんは、感銘や影響を与えようと思ってブログに掲載しているわけではないのにね。
  1. 2014/01/10(金) 17:58:20 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

虞美人

ひなげしの花を意識したことはありませんでしたが、久しぶりにアグネスチャンの歌と虞美人の話を思い出しました。アグネスも大昔だった気がしますが、でも、虞美人の話って、日本では弥生時代ですよね。なんかすごいですよね。
  1. 2014/01/11(土) 08:23:06 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

やや さん
おはようございます。
今日は昨日と打って変わって暖かい朝となりました。
年をとると寒さが堪えます。www
まして寒がり屋の私など、昨日は仮死状態でした・・・。www
アグネスチャンの歌・・・何処から声を出してるんだと思うような声でみんな真似をして歌っていましたね。www

「三国志」の頃が日本の邪馬台国云々の時代ですからね~。
島国で良かったと思います。www
  1. 2014/01/11(土) 10:16:22 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

北さん、お早う御座います、

植物の生命力とでも言うのでしょうか、
コンクリートの境目だとか、石垣の境目から、茎を伸ばし、
何もこんな所で頑張らなくても、と言うような場所で、
しっかり根を下ろしている光景を良く見掛けます、
つい声は出さなくとも、頑張れの応援をしたくなります、
色々参考になる記事、ゆっくり見せて戴きます、
有り難う御座いました。
  1. 2014/01/13(月) 10:16:12 |
  2. URL |
  3. Digital_Photo 花遊悠 #-
  4. [ 編集 ]

花遊悠 さん
ありがとうございます。
よくTVなんかで「根性〇〇」と紹介されているのを見ますが、
植物の生命力はとてつもなく強いものだと改めて思います。
アスファルトなど簡単に破って出てくるのがありますからね~
驚きです。

写真から派生した■参考記事等は、
半分忘れかけているている自分への備忘録です。www
  1. 2014/01/13(月) 17:14:21 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (27)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示