まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

一生懸命咲いた花だから・・・庭の花 ②

我が家に嫁いで来て幾星霜・・・ww。これまた45年程前、嫁さんより早いお嫁入りです。www 
野草に興味を持つきっかけともなった  「アワコガネギク (泡黄金菊)」)」です。
アワコガネギク1 (600x380)

若い頃、恩師から頂いた鉢植えの野菊「アワコガネギク」。大切に育て、絶やさぬように株を増やしてきました。
横浜から横須賀に転居した時もその根を掘り起こして移植し、更に島に戻った時も数株植えました。
家が出来たのが夏の終わり、荷物等の運び込みも10月にはほぼ終了。
一段落付き、これから半年はこの島で暮らすのだなと、懐かしい島をゆっくり歩き始めたら、な、何と・・・。
DSC00975 (600x449)


同種と思われる野菊が、山道や土手のあちこちに自生しているのを見つけたのです。 
島に自生していたとは・・・。もっとも、花の咲く時期は50年以上島に来ていませんでしたから無理もありません。
中学生の頃未だ僕が島に居たら、この野菊を手折って初恋の人に・・な~んて事はないですね。悪がきでしたから。ww
DSC00537 (600x460)


他方、近年、住宅造成や道路工事等の法面緑化の際、中国・韓国由来の種子による繁殖が各地で見られるとの事。
放っておけば、セイタカアワダチソウ 同様「ここは我が固有の領土だ!」とばかり侵略しそうです。 
在来種をしっかり守らなければ・・・。 いつ守る。・・・今でしょう !! www (バシッ! 何の話じゃい。)
DSC00534 (600x461)


こちらも野菊の代表  「ノコンギク」  です。
野山で見るのは色濃いものから白に近いものまで様々です。この花も「ヨメナ」に酷似していて見分けるのが大変です。
DSC00540 (600x399)


伊藤左千夫の小説  『野菊の墓』  の野菊はこの「ノコンギク」だろうと言われています。
10,31西浜 021 (600x398)


「僕はもとから野菊が大好き。民さんも野菊が好き・・・・・・。」
「私、野菊の生まれ返りよ。野菊の花を見ると身ぶるいの出るほどかわいいと思うの。」
「民さんは、そんなに野菊が好き。どうりで・・・・民さんは野菊のような人だ。」  =『野菊の墓』より=
僕だって、こんな淡い恋をしてみたかったな~。 僕の中学生時代は暗黒だった~。 (バシッ!バシッ!)
DSC05086 (600x461)


悲劇のヒロイン「民子」の墓の周りには、この≪野菊の花≫が一面哀しく揺れてたという・・・。
「そんな話は、聞いたことないよ。有名なの?」
「何言うとるか、有名だよ。僕なんか若い頃小説を読み、映画を見て、何度泣いたことか・・・。知らんかのう?」
DSC05088 (600x418)


「じゃあ、この花も、知らんだろうな~。」
 5、16S レンゲ畑 025 (600x461)


「知らんですね~。」 
「知ってるじゃん!」  (古っ! バシッ!)
DSC_7884 (600x450)


紫色の蘭だから「シラン(紫蘭)」と言う名になったそうです。覚えやすいでしょ。 
「シラン」の左下に小さく見えているのは、前回紹介しました「礼文タンポポ」です。
2012,5,10 072 (600x399)


こちらは、ちょと変わった「シラン(紫蘭)」です。どこが変わっているか、分かりますか。
「知らん」と言ってはいけません。www
DSC00795 (450x600)


良く見ると、左右の≪側花弁≫にも≪唇弁(しんべん)≫のようなヒダがあります。初めて見ました。
花の中心部奥にある≪蕊柱(ずいちゅう)≫は、雄しべと雌しべが合着したものです。
DSC00791 (591x600)


「道の駅」で見つけ、珍しいなと思ったので買ってきました。
DSC00791 (512x600)


こちら、白くても「紫蘭」です。www 少し薄紫の色がついています。
5,19S1 006 (600x430)


こちらはほぼ純白の「シラン」です。花は、紫花に比べて小ぶりです。
シラン(白)


こちらはクリーム色をした変種の「シラン」。これも≪道の駅≫の山野草コーナーで見つけました。
DSC03985 (486x600)


珍しいので横須賀に半分持ち帰えろうと思いましたが、花の時期は粟島にいるのでそのままにしています。
DSC00922 (600x450)
しかし、草丈が低くこちらの「シラン」に負けそうなので、場所を移してあげようと思っています。
DSC00924 (600x416) (2)


4日ははや立春ですね。今頃島の庭の花たちはどうしているだろう。
今年も元気に、たくさんの花を準備して僕の帰りを待っていてくれるだろうか。
DSC00918 (600x399)


依然としてインフルエンザが猛威を振るっています。十分注意して下さい。 (かかった僕には言われたくないでしょが・・www)
それでは、又。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/02(日) 00:00:00|
  2. 草花
  3. | コメント:11
<<一生懸命咲いた花だから・・・③ ニゲラ | ホーム | 一生懸命咲いた花だから・・・庭の花 ①>>

コメント

北さん、こんにちは♪

長い間北さんが大切に、大切に育てられたアワコガネギク
とてもかわいらしいです♪
手塩に掛けて育てたお花がたくさん綺麗に咲いているのを見るのは
嬉しく、楽しいものなのでしょうね。
私はあまり花を育てるのが上手くないのでうらやましいです。

こちらでも菊の花をよく見かけます。
仏花に使いそうな大き目の菊も普通に花束に入れていますし
鉢植えのスプレー菊も沢山売っています。
菊の花って世界中で愛されていますね。

花は種類が多くて名前を覚えるのが大変です。
私は最初から覚える気はないですが(笑)
あ、「シラン」は覚えましたよ~(^^)
紫色のもクリーム色のも綺麗な色合いです。
どのお花も北さんの愛情をたっぷり受けて
毎年のびのびと綺麗に花を咲かせているのですね♪
  1. 2014/02/02(日) 06:39:12 |
  2. URL |
  3. Mika #GmSQBN1s
  4. [ 編集 ]

こんにちは

可愛い花たちの世話は 本当にやりがいがありますよね

私も サツキの盆栽をやっていたころは
夢中でしたね・・・
世話をしたらその分 しっかり花を咲かせて応えてくれるのが
たまらなくうれしく感じていました

北さんの庭の花たちが こうして可愛い姿を見せてくれるのも
愛情を持って育てておられる賜物でしょう

花を写す北さんの写真の腕前も すごいですね
前ボケを入れたり 開放で後ろボケを狙ったり
ピンもしっかり合っていて 止まった虫までしっかり写っていてビックリでしたよ
お見事です
楽しませていただきました^^
  1. 2014/02/02(日) 16:44:52 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

 いろいろとドタバタしていたもので、ご無沙汰してしまいました。
 インフルエンザだったそうですが、もうだいじょうぶでらっしゃいますか。お気をつけください。
 アワコガネギクをお引越しのたびに移植をなさってきたのですか。わたしは、植物などをそんにに大切にしてきたことがありませんでした。
  1. 2014/02/03(月) 00:08:23 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

Mika さん
ありがとうございます。
大切に育てて・・・なんて言われると面映いです。
ただ、枯らさないようにしているだけの、
いわば≪放ったらかし栽培≫です。www
我が家の花は、基本≪野草≫ですから
少々の手抜きでも良く育ってくれますからありがたいです。www
咲いたら「ありがと、ありがと」と、声をかけながらお礼の肥料をあげるだけです。

(品評会に出品するような菊別として)菊は強いですから育てやすいです。
スプレー菊の鉢植えなど庭や部屋などに一鉢置いておくと長い間楽しめますね。

我が家の庭は坪庭みたいに狭く、その上、あれも可愛い、これも可愛いと植えているので、肩寄せ合って生きています。www

カナダの庭にはどんな花が植えられているのでしょう。
興味ありますね~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ユウスケ さん
ありがとうございます。
僕はとても「盆栽さつき」は手が出ません。
若い頃、ある程度枝ぶりの整っているのを買ってきては
駄目にしてしまう事があり、遂には「自分には無理」とあきらめました。
今でも友人が盆栽仕立ての鉢を「持って行け」と言ってくれるのですが、
「駄目にしてしまうからいらない」と可愛くない返事をしています。www

今は、行ったり来たりの生活ですから、手のかかる花等は植えられません。
いない時は、近所の方が水遣り等してくれています。ありがたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  1. 2014/02/03(月) 00:15:00 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

ラムダ さん
ありがとうございます。
おかしいなと思い、病院へ行ったらいきなり「インフルエンザ「A」ですねっ」て言われ、びっくりしました。e-260
でも、然程の熱も出ずに治ったので良かったです。

明日、(厳格には今日)は二俣川の病因でCT検査です。駄目ですね~。
今までは医者知らずだったのに、一昨年の夏からずっと縁が切れません。

「アワコガネギク」はラムダさんと出合った頃に
ラムダさんもよくご存知の方から頂いたものですよ。
当時は横浜(三殿台遺跡の近く)に住んでいましたから、
ラムダさんも来た事のあるあの家の裏庭に植えていました。
びっくりでしょう。www
  1. 2014/02/03(月) 00:39:18 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

北さんは、本当に花に詳しいですねぇ~・・・
私なんぞ、野菜には詳しくなりましたが、花担当はカミさんなので・・・
白いシランってシラを切っているのかと思いましたし・・・〔笑
  1. 2014/02/03(月) 12:29:59 |
  2. URL |
  3. 我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

こんばんは~♪

花たちのお世話、ご苦労様です!
綺麗な花達ですね。アワコガネギク と言うのですか!?
私は、『阿波小金菊』かと・・・(笑)
そんな菊、在る訳無いですよね!
でも、いっぱいの花に囲まれていいですね!
明日から、寒波が。。。お体に気をつけて!
  1. 2014/02/03(月) 19:21:17 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

我楽多写楽 さん
ありがとうございます。
ただ好きで花を植えたり見たりしているだけで、
図鑑や参考書を見ながら、知った振りしているだけです。www

仲間と出かけると面白いですよ。
仲間は双眼鏡を持って上ばかり見て歩き、(鳥を探している)
僕は、ルーペを持って下ばかり見て歩きます。(野草を見ている)
友の感化で、最近は野鳥が面白くなってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kenさん
ありがとうございます。
釣りはしないし、 (右手が痛く刀が握れなくなったので) 仏像も彫れなくなったので他にやることもないの専ら花を眺めて暮らしています。www
「アワコガネギク」多分Kenさんの実家の方へ行くとあると思います。
(1枚目の自生している写真参照。他の写真は、思いっきりUPしてますから分かりづらいと思います)
山際の土手だとか道路の法面だとかに黄色い小さな菊が群生しているはずです。

もう少し庭があれば、野草ガーデンのようにしてみたいなと思いますが、如何にせん狭すぎです。e-260
  1. 2014/02/03(月) 22:18:10 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちはコメントありがとうごさいます。
野菊は見分けるのが難しいですね。
  1. 2014/02/04(火) 12:23:54 |
  2. URL |
  3. ひかりこころ #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

粟島に行くと花園ですね。
早く春が来て帰ってきてくださいと、花たちが待っていますよ。
ダジャレもいいですが、”シラン”多彩な色があっていいですね。
  1. 2014/02/04(火) 16:43:45 |
  2. URL |
  3. masa #-
  4. [ 編集 ]

ひかりこころ さん
ありがとうございます。
若い頃、花の絵を(水彩画)描いていましたが
自分の才能の無さにあきれ返ってwww
今では全く描いていません。

花の見分けはなかなか難しいです。
今では不明なものはDNA鑑定で種を区分しているようですね。
正確なのでしょうが、僕のようにきれいな花だな~的な趣味レベルではそこまで必要ないですけどね。www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
masa さん
ありがとうございます。
元気になって静かな島に戻りたいですね。
でも、島に戻ると畑仕事だけで、後は特段やることも無いので
海と花ばかり眺める生活になりそうです。
最近はますます≪忘れ物≫の頻度が高まり、
日常生活にも不便をきたすようになってきました。
話や文章なども怪しくなってきましたからね~。
まずいです。www 笑い事ではないか・・・。e-351
  1. 2014/02/04(火) 21:05:58 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (45)
城の山より (10)
西浜 (21)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (107)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (39)
家族 (20)
お出かけ (101)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (27)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (34)
香川のお寺や神社 (100)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示