まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

西浜の夕景 ①

昨年度は余り足を運ばなかった西浜の景色を何回かに分けてUPします。
今日は、昨年4月21日の夕景です。
DSC00912 (600x422) (2)



粟島神社の切り通しを抜けると、海の見えるこの景色が真っ先に目に飛び込んできます。
ここは西浜の入り口です。もう少し道路が高ければ海がもっと見えるのですが・・・。
DSC00913 (600x450)


この日の夕焼けは期待できませんでしたが、知人宅に所用があったのでバイクを走らせてやってきました。
家から5分、峠の粟島神社からここの浜までは1分もかかりません。
DSC00915 (600x440)


ここは【粟島芸術家村】の招聘作家、杉原信幸さんが 「ストーンサークル」 を制作した広場です。
白い花は「ハマダイコン」です。草茫茫です。
DSC00916 (600x398)


遠くに見える島影は岡山県・六島。
陸に上がった船は廃船で使われることはありません。
DSC00920 (600x367)


夏至の頃は夕日は六島を通り過ぎかなり右の方に落ちていきます。
DSC00921 (600x401)


この西浜は通年夕日を見ることが出来、この浜からの夕日をお目当てに訪れる観光客もいます。
DSC00923 (600x398) (600x398)


堤防の上に置かれているのは船の「舵輪(だりん)」です。車でいうとハンドルです。
船の操舵室に入ると大きい舵輪が目に付きます。船員さんの中には「ボランチ」言う人もいます。
どこかで聞いた事がありますね。
DSC00925 (600x398)


サッカーで、守備や攻撃の起点となる重要なポジションで、試合の舵取りをする役目の選手をそう呼んでいます。
ポルトガル語【volante】からきている言葉です。
DSC00929 (600x371)


この日の夕焼けは赤くなりませんでした。
DSC00932 (600x459)


それでは、また。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/07(金) 00:00:00|
  2. 西浜
  3. | コメント:14
<<横須賀もまさかの大雪です。 | ホーム | 一生懸命咲いた花だから・・・③ ニゲラ>>

コメント

北さん、こんにちは♪

とてもきれいな夕景ですね。
お写真からは静かなところという感じがしました。
目の前で少しずつ変化するオレンジ空の色は
ずーっと見ていても飽きないですね。

舵輪のことをボランチというのですか。
サッカーで使っているというのも知りませんでした。
語源がポルトガルというところが面白いですね。
また、ひとつ教えていただきました。
次回の西浜の景色も楽しみにしてます♪
  1. 2014/02/07(金) 05:38:43 |
  2. URL |
  3. Mika #GmSQBN1s
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

瀬戸内海の海は穏やかで、夕日も綺麗ですね。
黄金色に焼けた空を映す海が「春の海」なのでしょうね。
  1. 2014/02/07(金) 09:27:42 |
  2. URL |
  3. masa #-
  4. [ 編集 ]

Mika さん
ありがとうございます。
朝日、夕日は見ていて飽きないですね~。
でも夕日は一寸寂しくなってきます。(こんな爺さんでも・・www)
例年、大勢の人に見せたいような見事な夕日が見られる時が稀にあります。
昨年もそんな日がありましたが、生憎本土に買い物に行っていて(、しかもカメラは持っていない・・・e-260 )
残念だな~と思いながら帰りの船から眺めていた時がありました。
しかし、例年に比べるとそんな日は少なく、
この日のようなぼんやりした夕焼けが多かったような気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
masa さん
ありがとうございます。
そうですね。春の瀬戸内は特に海が穏やかです。
「春の海 ひねもすのたり のたりかな」 与謝蕪村
まさにそんな感じです。
でも、穏やかな海もいいのですが、
いつもそんな海ばかり眺めていると逆に、
冬の日本海のような荒海の姿も見てみたいと思ったりもします。
www
それは子どもの頃からそうで、島の男子は稀に台風が来ると、
居ても立ってもいられなく、船板外し,
褌一丁きりりと巻いて(www)て海に飛び込んでいました。
今で言う、サーファーの走りです。www



  1. 2014/02/07(金) 10:50:31 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

海員学校が有った島なのに、漁船が打ち棄てられて居るのは何とも寂しい事ですねぇ~・・・
海国日本は何処へ行ったんでしょうか???
周囲が海に囲まれて島しょ部が多い国なのに、これで良いんでしょうかねぇ~???
  1. 2014/02/07(金) 11:27:16 |
  2. URL |
  3. 我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多 写楽さん
ありがとうございます。
乗り手の居なくなった船があちこちで風雨に晒されています。
「宗谷」建造中の我楽多写楽さんにとっては辛い光景かもしれません。
沈んだままになっている小船もありますしね。
寂しい光景ですがこれも仕方がありません。

「お前、乗るんだったら船あげるよ」と良く言われますが
僕は、船酔いが激しいのでとても船など貰えません。www
船より先に参っちゃいます。
  1. 2014/02/07(金) 12:20:34 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

この静かな海。
思い出されます。
  1. 2014/02/07(金) 19:39:19 |
  2. URL |
  3. ウナム #A8BJpryA
  4. [ 編集 ]

こんばは~♪

まさに、徳島は朝陽、瀬戸内は夕陽・・・。そのものですね。
粟島で見た夕陽を思い出しながら、拝見させて頂きました。
夕陽って、寂しい感じですが、北さんの夕陽写真は
明日への希望へと繋いでくれるお写真です。
素晴らしい夕陽をありがとう~~♪
  1. 2014/02/07(金) 21:49:50 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

ウナム さん
ありがとうございます。
あの頃みんな若かった・・・!。www
ウナムさんはいつまでもお若く(気持ちが) バシッ!
どこへ行ってもユニークなパフォーマンスをされていますね。
楽しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ken さん
ありがとうございます。
再びダルマ挑戦ですね。良いですね~。
粟島は≪ダルマ≫だけに、手も足も出ません。
写真期待して待っていますが、駐車場所だけは気をつけてくださいね。
愛車を傷つけられたら嫌ですからね。www

寒い寒いなんて言っていられませんよ。
ソチオリンピックが始まりました。


  1. 2014/02/07(金) 23:21:34 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
すっかりごぶさたしていました。
今は横須賀でしたか?島でしたか?

今日の横須賀は、久しぶりに雪が積もるかもしれません。いつもと違う景色が見られそうです。
  1. 2014/02/08(土) 08:12:10 |
  2. URL |
  3. 横須賀のピョン #-
  4. [ 編集 ]

横須賀のピョン さん
お久しぶりです。
今は元気に 横須賀です! wwww
1月には近くの医院まで良く行っていましたよ。ww
見るからにインフルエンザらしき小、中学生が4、5人ぐったりしながら待合室にいました。
ほら、僕も人が好いでしょ。 だから・・・。
≪インフルA君≫貰って帰って来ちゃいました~。e-260 www
今はすっかり良くなりましたけどね。
子ども達は大丈夫ですか。
学級閉鎖の話もチラホラ聞こえてきます。

今日はまた思いもよらぬ大雪でびっくりです。
雪国の人が知ったら「これで大雪?」と笑うでしょうが・・・。www
孫達も大はしゃぎしています。
もっと雪深い吉井の山の様子を見せてやろうかなと思い、
カメラを用意したところです。・笑・

  1. 2014/02/08(土) 14:13:08 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは
この所、寒い日が続いているので、暖かそうな夕景に和んじゃいました。春の瀬戸内の穏やかな海と違って、このところの日本海はドッパンドッパンしております。
ボランチって、「舵を取る人」と認識しておりましたが、舵そのものも指すんですね。草サッカーでもボランチはかっこよいポジションです。へたくそにはさせてくれません。
  1. 2014/02/08(土) 19:24:50 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

やや さん
ありがとうございます。
今日は滅多に雪は降らないこちらでも結構積もりました。
4歳、2歳の孫達は庭に積もった雪は初めて見るので大はしゃぎしていました。

島の男子の多くは、島にあった海員学校の出身者が多いので
船の事には詳しい人ばかりです。
今でも日頃の話の中にも色々な外国語が飛び出してびっくりすることがあります。
「ボランチ」もその一つでした。最初聞いたときは何を言っているのか分からず、聞いたら「船の舵や」と教えてくれました。
それではじめてサッカーで言う「ボランチ」の語源が「舵倫」と知りました。
ボランチはサッカーで主として見方や相手の動きを良く見て試合を組み立てる司令塔ですからチームの要ですよね。
僕も昔少年サッカーチームの監督をしていた時、
一番上手で応用力のある子をボランチに置いていました。ww
その頃(40年ほど前)はサッカーも今のような人気スポーツではなく、
ボランチと言う言葉も無かったように思います。
  1. 2014/02/08(土) 21:52:46 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

とっても悠久な自然の海ですよね。僕は天神さまの峠から自転車で、風を切って猛スピードで下って西浜の海までいくのが好きでした。
夕日を借景に船が西に東に行ったり来たりするのをただ、ボケ〜っと見てるのが好きでした。
  1. 2014/02/12(水) 10:30:47 |
  2. URL |
  3. ヒロくん #-
  4. [ 編集 ]

ヒロくん
ありがとうございます。
ここの坂はきつくなく年寄りが行き来するには丁度良い具合です。
スケボーでも持っていれば楽しい傾斜です。
間違えてコースアウトしても畑ですし・・・。www
  1. 2014/02/12(水) 15:39:47 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (24)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (22)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (29)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示