まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

島の春   上新田へ 3

今日は気分を変えて、上新田地区・「京の浜」への散歩です。
DSC_0103 (600x450) (2)

「京の浜」は上新田地区の北東方面を向いた小さな浜辺の集落です。
この浜は、その昔、平家の姫が隠れ住み、都を偲びながらにひっそ暮らしていた。
そしてこの集落の人たちのは≪京言葉≫を使っていたと、島の古老から聞いた事があります。
DSC_0096 (600x400)
確かにこの浜の沖合いは備後灘で、都に向かって広がっている入り江で、話としては面白く興味をそそがれます。
しかし、都に向けて広がっているという事は、海からも良く見えると言うことなので、
DSC_0098 (600x387)
源氏の追手を避け、身を潜めて住むには不都合な地形です。その上、確たる文献も資料もないことから、
この美しい集落を語るにふさわしい話として、語り継がれてきたのだと思います。
 向こうに見えるのは高見島。
DSC_0092 (600x450)
昔話や伝承話は話を創る側の人達の願望や狙いがある事を承知で≪お話≫として聞くには面白いですね。
そう思ってこの桜道を眺めれば、どこか≪雅≫な雰囲気がしないでもない気がしてきます。www
 ここの桜道は毎年楽しみにしていますが、今年はもう散っていました。(写真は 2009,4,7)
粟島散歩 115 (600x425)
辛うじて遅咲きの≪八重桜≫が浜小屋の傍で咲き残っていました。
DSC_0093 (600x444)
多くの花は落花寸前でしたが、
DSC_0083 (600x400) (2)
平家の舞姫の面影を持った花を・・・拾ってみました・・。 (何てキザな台詞だろう・・言った本人が恥ずかしい。) www
DSC_0084 (600x450) (2)
「そんな所でぐちゃぐちゃ言っていないで、もっと早よう島に帰って来なさい!」とは
≪花畑≫のえっちゃんと、 民宿≪ぎんなん≫ のお母さんでした~。
DSC_0089 (600x449)
それでは、また。   楽しいGWをお過ごし下さい。

スポンサーサイト
  1. 2014/04/30(水) 08:30:00|
  2. 島の春
  3. | コメント:4
<<高松空港 | ホーム | 島の春   上新田へ 2>>

コメント

若しかしたら、北さんは平家の血筋の人かも知れませんねぇ~・・・
お姫様も供を連れずに一人住まいという事は無かったでしょうし・・・
  1. 2014/04/30(水) 18:03:36 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多写楽さん
ありがとうござうます。
何を隠しましょう。桜の散る頃、京の浜に聞こえる笛の音は
この私の吹く横笛の音でございます。
京の浜の山深くに入って、もしも人知れず咲いている
「クマガイソウ」と「アツモリソウ」を見つけたならば、
その花たちこそが熊谷次郎直実と私、平敦盛の化身でございます。
然れども、私どもを見つけ出した御方は未だございませぬ・・・・。

な~んて事になったら大変です。
未だ粟島で「クマガイソウ」や「アツモリソウ」を見たことはありません。
自生の可能性は残念ながら限りなくゼロに近いでしょう。www
  1. 2014/04/30(水) 22:39:15 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

北さん、こんにちは♪

こんなに綺麗な場所ならお姫様が出てくるお話も
なるほど、とすんなり納得です^^
本当にそうであったと思っていたいです。
北さんが舞姫の面影を思って撮られた桜を拝見して
かわいらしいお姫様のイメージが湧きました。
北さんロマンチックですね~www

GWは栗島もたくさんの観光客が訪れるのでしょうか?
ここで綺麗な海を眺めて過ごすことができたら
心も身体もぴっかぴか、パワーももらえそうです♪
  1. 2014/04/30(水) 23:14:06 |
  2. URL |
  3. Mika #GmSQBN1s
  4. [ 編集 ]

京の浜はまず人が来ませんから
プライベートビーチには最適です。
気分的にもゆったり出来る浜です。
堤防で日がな一日ぼんやり沖行く船を眺めるのも良いかもしれません。

GWは毎年多くの観光客がやってきます。
ヨットやクルーザーで来られる人もいます。
さすがにこの時期ですから海水浴客は来ませんが。www
珍しいところではにはカヌーでやって来られる方もいますよ。

  1. 2014/05/01(木) 22:02:52 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示