まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

丸亀市飯山町の讃岐富士

島に戻ってから朝に夕に眺めている 「飯野山」 (讃岐富士)、
DSC_0020 (600x383)
この飯野山(讃岐富士)は、岡山経由で瀬戸大橋を渡って来る時の四国側の玄関口に座しています。
(神戸経由で明石大橋~淡路島~鳴門大橋を渡り、鳴門~引田~高松~坂出を過ぎた瀬戸大橋との合流点)
DSC07049 (600x399)


その讃岐富士の田圃に写った姿を一度見たいものだという永年の思いが叶いました。
のどかな田園風景を見ると、生活した経験がないのに“懐かしさ”を感じ、ふるさとのように心が安らぐのは
越後の山里で育った母の遺伝子の性でしょうか。
DSC07060 (600x450)
遠くで苗を植えている人の姿が見えています。よく見るとどこか母にも似た年配の女性のようです。
DSC07052 (600x442)
風景と相まってとても良い絵だなと感じ、(勇気を出し、近くに行って)苗を植えてる様子を撮らせて頂きました。
DSC07063 - コピー (600x399)
ご婦人は苗を植えながら、この田は今まではご主人と二人で作られていた話とか、
DSC07064 (600x451)
数年前にご主人を亡くされ、今は子どもさんに手伝って貰っている話とか、
優しい国鉄マンだったご主人に、方々へ旅行に連れていって貰った話などもしてくれました。
DSC07066 (600x451) (600x451)
「私はここで生まれ、小さい頃からこの山を見て育った。この山はここから見るのが一番良い姿です。
この山を見ると辛いことも忘れ、元気も出てきます。」そう言いながら、暫く讃岐富士を見つめていました。
物静かに語る婦人の後ろ姿が母の姿と重なりました。
DSC07068 (600x450)
「ふるさとの山に向かひて  言うことなし  ふるさとの山はありがたきかな」  石川啄木
DSC07062 (600x450) (2)
写真を撮らせて頂いたお礼をいい、丸亀方面に向かいました。
土器川の河川敷に咲くハルシャギク(波斯菊)と讃岐富士です。(確かに形が崩れています)  
DSC07077 (450x600)
丸亀方面を見ると丘の上にぼんやり何か見えます。
DSC07072 (600x424)
城のようです。そうです「丸亀城」です。
そうだ!「丸亀城」へ行こう!!  (バッ!白白しい)DSC07071 (526x600)
と言う訳で、折角なので、「丸亀城」を見学することにしました。
DSC07080 (482x600)
それでは、又、「丸亀城」でお会いいたしましょう。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/09(水) 00:00:13|
  2. お出かけ
  3. | コメント:12
<<丸亀城  1/2 | ホーム | 紫雲出山の紫陽花 2/2>>

コメント

讃岐富士

北さん 様

 いつもなら下手な横好きの短歌を詠ませていただく場面であるが、今夜はあまりにも眠くてそのような気分にはなれないから、眠さ凌ぎに俳句を詠ませていただきましょう。題材は北さんに敬意を表して「讃岐富士」であるが、季語の有無に就いては保証の限りでは無い。

〇  いつ見てもしょぼい山だよ讃岐富士
〇  北さんを叱咤激励讃岐富士
〇  北さんの故郷の山讃岐富士
〇  早苗田に影を落として讃岐富士
〇  麦藁帽被って眺める讃岐富士
〇  土器川に咲く雑草の波斯菊
〇  波斯菊と対峙して居り讃岐富士
〇  国鉄マン定年退職讃岐富士
〇  早乙女と言うよりむしろ早苗婆  
〇  讃岐富士飽きたら行こう丸亀城

 こうして詠んでみるといくらだって詠める気がする。俺は短詩形文学の天才なのかも知れない。遅れて来た正岡子規なのかも知れない。或いは齢が行き過ぎた石川啄木なのかも知れない。こうして机の前に座って居ると妄想は限りも無く膨らむのであるが、でももう眠いから止めよう。年寄りの深夜作業は身体に毒だから寝てしまおう。北さんは今頃どんな夢を見ているのだろうか?夢の中に俺が出てきて魘されているのではなかろうか?それではお休みなさい。お休みなさいと言ったのは北さんにでは無くて、先程から玄関先を飛び回っている金色のカナブンに言ったのだ。それではお休みなさい。今度のお休みなさいは北さんに言ったのだ。でも、今頃、台風の風音も気にせずにグースカ遣ってる暢気な年寄りにお休みなさいを言っても感謝されることはないだろう。それではお休みなさい。最後のお休みなさいは俺自身に向かって言ったのだ。俺はこれっきり永遠に目覚めないかも知れない身体。  
  1. 2014/07/09(水) 02:09:54 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

おはよーございます!

良いですね!四国に居て富士山を見てるようで・・・。
でも、欲を言えば冬に山頂付近に雪が積もれば本物の
富士山に近い感じになるかもね~などと
思っても見たり、そうなたっら撮影に行こうかな(笑)
まぁ~四国讃岐では、そこまでの雪は期待できないかな?!
  1. 2014/07/09(水) 08:27:15 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

田の面に写る富士山も良いですね

北様今日は 朝日も夕日も美しいですね。都会では見られません。どちらかと言うと夕日の方が余韻が有っていいのでしょうか。讃岐富士凄く良い形の山で本当に冠雪があれば立派な富士山です。其の山が田圃に写って、流石北様のお腕ですね。近くにお城も有りお天気でしたら良い散策の所でしょうか。天候不順の折りご自愛くださいませ。
(偶然前に鳥羽様のお陰が、一度こちらの様なお話をしたう御座います。)失礼いたしました。
  1. 2014/07/09(水) 16:21:04 |
  2. URL |
  3. アンタレス #-
  4. [ 編集 ]

お先に

>それではお休みなさい。最後のお休みなさいは俺自身に向かって言ったのだ。俺はこれっきり永遠に目覚めないかも知れない身体。

うう、似たような人もいるものだなぁ(笑)
この歳、ですものねぇ
  1. 2014/07/09(水) 16:38:33 |
  2. URL |
  3. こんの #uoXgO7EE
  4. [ 編集 ]

ん~飯野山は矢張り西側の宮池から見るのが一番綺麗ですねぇ~・・・
南側や北側から見るとどうしても肩の不揃いが気になりますねぇ~・・・
宮池からのダイヤモンド飯野山なんて如何でしょうか???
  1. 2014/07/09(水) 19:06:00 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

こんばんは、
農夫のご婦人との会話をして親を思い出されたことが手に取るように分かりました
丸亀城は数年前に行きましたよ、
有難うございます
  1. 2014/07/09(水) 20:04:19 |
  2. URL |
  3. 尾張小牧 #-
  4. [ 編集 ]

北さん 見事な逆さ富士 田園風景も素敵ですね
讃岐富士はやはり香川のシンボル
私も讃岐富士を見ると帰ってきたなって思ってました
  1. 2014/07/09(水) 20:49:48 |
  2. URL |
  3. ふぅ #-
  4. [ 編集 ]

鳥羽省三翁殿
≫俺はこれっきり永遠に目覚めないかも知れない身体。
いつも尖って生きてきた(実はその真逆な臆病の裏返しだったのだけれど)
鳥羽殿らしくもない神妙なコメント、どうかされましたか。
それに、いつもは≪早寝早起き元気な爺様≫だったはずなのに、
こんな夜更けまで起きてるなんて・・・
まさか田舎の爺様が≪深窓の令嬢≫に身を焦がした訳ではあるまいし・・。
そんな弱気では≪新装の霊場≫で身を焦がされてしまいますよ。(失礼)
≪年寄りの深夜作業は身体に毒だから寝てしまおう≫と自覚しているのだから
早く寝るようにしましょう。筆の運びも錆び付いてしまいますよ。

と、言いながら私もここ2,3日、「ラジオ深夜便」の歌を聞き、
猫八の物まね談義に耳を傾けながらブログの記事を書いていました。

お互い≪一病息災≫の身、医者の言う事を良く聴いて養生しましょう。
≫〇 病院の待合室の壁の絵がポスト・モダンに見ゆるこの頃
返〇 臆病に生きるもよろし≪命でんでこ≫

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kenさん
ありがとうございます。
以前から見たい見たいと思っていた風景です。
讃岐富士は標高約422mですから、すっぽり雪化粧と言うわけにはいかないでしょうねえ。
そうなったら、僕も冬に一寸島に戻って来て見たい気もします。www 
雪のシーズンはいませんから良く分かりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アンタレスさん
ありがとうございます。
朝陽も夕陽もどちらもそれぞれの良さがありますね。
仰られる通り、夕陽はいつまでも余韻が残り、どちらかと言うと
芝より苔の方が好きな日本人気質にあっているのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんの さん
再訪頂きありがとうございます。
鳥羽省三さんは学生時代から遠慮のない朋友です。
彼のブログの歌評もそうですが、よくもまあそこまで言わずとも
と思うことも機関銃の如く連射してきます。www
私は笑いながらすんなり聴いたり聞き流したり出来ますがwww
純粋で一途な彼の事を良く知らない人の中には
反感を持って敵対している人もすくなくないでしょうねえ。www
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
今日写真を撮った辺りは宮池という地名ですか?
以前高松空港からの帰りに物色していた景色です。www
“ダイヤモンド飯野山”の見える写真はこの辺りなんでしょうかねえ。
撮るのは時間的に無理なのですが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
尾張小牧 さん
ありがとうございます。
水田に写る讃岐富士、目の当たりにした時は感動しました。
田園風景は大好きです。
(冬は無理ですが)年間を通して撮ってみたい気もします。


  1. 2014/07/09(水) 23:24:35 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

ふうさん
ありがとうございます。
一日中島から眺めている讃岐富士。
一度はこんな光景を撮ってみたいと、
イメージだけは持っていたのですが、なかなかチャンスがありませんでした。
岡田駅、栗熊駅から丸亀に向かう土器川の近くです。
≪逆さ富士≫が田圃に写り込むのはこの時期しかないですからね。
  1. 2014/07/10(木) 11:29:16 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

讃岐富士の田圃に写った姿を見たい

今晩は。

讃富士と麓の農家。
この写真は再々見ています。
近くに讃岐うどんの店が出来て、店内に大きな写真が飾られています。

されど「田圃に写った姿」。
これが好いですね。今度行った時。
店長に言ってみます。
「田んぼに映った写真を観た。いっそうに心に響いたよ」

母さま、越後のご出身。
父上さまとどんなご縁か知りませんが。。
不思議ですね。
その不思議で北さん誕生。

ご婦人との会話。。伝わってきます。静かな会話の雰囲気も。。

来島も荒れたでしょう。四国地方は大雨通り過ぎましたか。
被害はなくて済んだのでしょうか。

関東は明日午前中までフル予想です。
  1. 2014/07/10(木) 21:07:22 |
  2. URL |
  3. ijin #7ozVZe.w
  4. [ 編集 ]

不思議なご縁で

北さん 様

〇  讃岐から越後に架けし虹の橋不思議なご縁で北さん誕生(なんちゃったりして)

 直前に記されている「#7ozVZe.w」様からのコメント中の言葉をのまま借用させていただきました。
 只今、七月十一日の〇時十分、目を覚ましてみたら台風は既に吹き過ぎていました。
 ご当地は、恐らくは島ぐるみ〇〇半島方面まで吹き飛ばされてしまっていることでしょうが、当方はお蔭様にてたいした被害はありません。 
 収穫を前にしている苦瓜の棚が吹き飛ばされた程度の被害でしょうか?
  1. 2014/07/11(金) 00:18:03 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

ijinさん
ありがとうございます。
何故か学生の頃から、里山の風景、田園風景が好きでした。
野焼き(草焼き)の煙が棚引いている・・・
夕焼けの中を老夫婦が家路に向かう・・・そんな静かな光景に出会うと、
車を止め、又は立ち止まり暫く眺めているのが常でした。
買い物にわざわざ徳島との県境の道の駅まで行ったりするのもそのためです。

新潟の山里に育った母と、瀬戸内の小さな島で育った父と・・・
本当に人の縁は不思議です。

8号台風はお陰様で島は雨も然程降らず、風の被害も高潮被害もありませんでした。
沖に避難停泊していた船も夕方から一隻、二隻と出て行きました。
(結果的には25隻の貨物船が緊急避難してきていましたが、
今、外を見ると(午前2時)半数ぐらいになっています。
多分、朝早くにみな出て行くと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鳥羽省三さん
人の縁は不思議なものです。
最近、つくづくそう思います。

瀬戸内海は総じて災害の少ない地域です。
粟島は古くから風待ち、潮待ちで知られた島ですから災害とは無縁の島のようです。
今回も何事も無く通過していきました。
畑の被害もありません。
島で被害を与えるのはカラスと鵜の鳥達だけですね。www



  1. 2014/07/11(金) 02:19:22 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (28)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示