まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

丸亀城  2/2

高さ日本一の石垣(山麓から山頂まで4重に重ねられ、総高60m)の上に聳え立つ丸亀城天守です。 (昭和18年国指定・重要文化財)
頂部の天主守は、万治3年(1660)に完成した三層3階(15m)の現存木造天守です。
DSC07584 (600x399) (2)

アジサイはもともと日本の固有種で、日本最古の歌集『万葉集』の中にも歌われています。
アジサイが丸亀城完成時、城内に植えられていたかどうかは興味がありますが不明です。
DSC07124 (600x399) (2)
その頃のアジサイは青と白色の「額アジサイ」で、現在のようにたくさんの種類があったわけではありません。
シーボルトが持ち帰り、アメリカ、欧州で品種改良されそれが逆輸入されたのが現在の西洋アジサイです。
DSC07127 (600x399)
アジサイの咲くこの石垣を左に回ると丸亀城頂部に到着です。
資料■ 天守は唐破風や千鳥破風を施して漆喰が塗られ高さは15mで、現存三重天守の中で最小です。
DSC07131 (600x399)
頂部広場から金比羅さん方面を眺めたところです。
DSC07129 (399x600) (2)
それでは、築城jのままの天守の中に入ります。一層部は展示室になっていて撮影禁止。
最上層の窓から見た景色です。 1枚目の写真は〇印からこの天守を撮ったものです。
DSC07135 (600x451)
丸亀駅方面です。 最後の写真は〇印からこの天守等を撮ったものです。 手前、二の丸、三の丸の隅櫓です。
DSC07136 (600x399)
最後は、粟島です。大和三山ならぬ粟島三山(左から城の山、紫谷山、阿島山)もよく見えました。
手前クレーン見える辺りは多度津です。
DSC07137 (600x383)
帰りは「二の丸」(城上で2番目に高い平場です。ここには丸亀城で最高所にある「二の丸井戸」があります。
城絵図によると、深さは約65mあるそうです。覗き込むと白髪の武士が・・・。 (バシッ!)
DSC07145 (600x399)
今も水を湛えている「二の丸井戸」には築城にかかわるこんな悲しい伝説がありました。
DSC07143 (600x459)
その「二の丸井戸」を抜けて天守の裏側の石垣沿いに城を下ってきます。
DSC07147 (399x600)
「二の丸」の隅櫓から見上げた「天守」です。
DSC07165 (600x401) (2)
それでは日本一と言われる石垣を篤とご覧下さい。
DSC07166 (600x399)
DSC07168 (497x600)
DSC07171 (600x399)
DSC07172 (600x399)
三の丸まで下り、最後は再び見返り坂を下って「一の門」(櫓門)まで下りてきました。
DSC07174 (600x399)
「一の門」(櫓門)の梁は自然のままの木の姿を残していました。
DSC07175 (600x399)
今日は天守からの眺めや日本一と言われる丸亀城の石垣を中心にご覧頂きました。
丸亀城を後にし、多度津、観音寺等で買い物を済ませ、18時の船で帰ってきました。
DSC07180 (600x450)
それでは、また、元気でお会いしましよう。 
スポンサーサイト
  1. 2014/07/13(日) 02:45:23|
  2. お出かけ
  3. | コメント:7
<<地蔵寺の古代蓮 | ホーム | 丸亀城  1/2>>

コメント

 先日の台風は、だいじょうぶだったでしょうか。こちらはまったくたいしたことがありませんでした。
 丸亀城、たしかにみごとな石垣ですね。それに対して、天守閣はかわいらしいですね。わたしは、たぶん、まだ行ったことがないと思うので、いつか行ってみたいものです。
  1. 2014/07/14(月) 00:10:31 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

北さん、こんにちは♪

石垣が見事ですね^^
硬い石しか使っていないのに、ゆるやかで
綺麗なカーブを描いているところは一種の芸術品のようです。
でも、忍者だったら、するするっとよじ登っていけそうな感じもしますが・・・
時代小説の読みすぎですね(笑)
丸亀城の堂々とした姿も天守からの素晴らしい眺めも
その場にいるような気分で楽しませていただきました♪
  1. 2014/07/14(月) 00:51:26 |
  2. URL |
  3. Mika #GmSQBN1s
  4. [ 編集 ]

こんばんは

丸亀城は 名前は聞いたことがありましたが
どういうお城なのか知りませんでした
北さんの詳しい写真付きの丁寧な案内を拝見し
楽しく知ることができました
この石垣・・・すごいですね!
昔の人の技術の高さと労力を感じました
素晴らしいですね!
  1. 2014/07/14(月) 00:57:02 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

お城の石垣は、大小様々な大きさの石が積まれているので地震などにも強いと、お城祭りの時に市役所の人?に教えていただきました・・・
そうでないと今まで残ってはいないでしょうねぇ~・・・
  1. 2014/07/14(月) 18:32:35 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

ラムダさん
台風8号の被害はありませんでした。
取水制限の危機にあった香川に限っては恵みの雨でした。
香川の水瓶である早明浦(さめうら)ダムも満水になり断水も解除されました。
畑の水遣りもお休みです。
でも、この雨で草が又息を吹き返しお手上げ状態です。
他の資料等はともかく、石垣の規模、美しさは圧巻です。是非訪ねて来て下さい。
ラムダさんに歴史的な説明は釈迦に説法。
丸亀城、金毘羅さん、紫雲出山の道案内なら出来ますよ。www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Mika さん
遠いところからの応援ありがとうございます。
丸亀城の石垣の積み方は一寸の隙もない積み方と違って、登りやすそうですが、上に行くにしたがって反り返って(オーバーハング)いますから登りきる事は難しそうですよ。
石垣の強度はこの方があるとの事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ユウスケさん
ありがとうございました。
丸亀城、今は車であっという間に着きますが、
子どもの頃は汽車に乗って行きました。
城自体は小さく(東西約540m、 南北約460m)ですが、「石の城」と言われるくらい石垣の名城として知られています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
城で頂いた資料を見ながら歩いたのですが、
石積みには、「野面積み」「打ち込みハギ」「切り込みハギ」があるそうですが、丸亀の石垣の大部分は「打ち込みハギ」だそうです。

今時、駐車場が無料というのは嬉しいですね。
うどんに天婦羅二品乗せられます。wwwwww














































































































  1. 2014/07/14(月) 22:53:37 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~!

立派な石垣ですね。ええ~!?丸亀城の石垣って
日本一なのですか?!知らなかった・・・。
丸亀のお城自体は小さめでしょうかね。城からの見晴らしは
良かったでしょうね。最近、お城にも行ってないし、さぼって
ばかりの生活になりつつあります!いかん!いかん!
  1. 2014/07/15(火) 22:13:32 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

KenさんKenさん、コメント欄の間が随分開いてしまってびっくりされたことと思います。
つい、うとうと眠ってしまい間を空けたままセットしてしまったようです。

ボート場から見えなかったですか?www
JR丸亀駅歩いていける距離です。
きっと帰りはうなだれて帰っていったので見えなかったのでは・・・ww
そうです。城自体はとても小さいですが、石垣の高さは日本一らしいです。
城の直ぐ下には県立丸亀高校があります。昨年夏の高校野球では、
あれよあれよと勝ち進み、何と県で優勝し甲子園出場を果たしました。
県内屈指の進学校で、良く頑張ったと思います。
城からも真下に見えていました。
プールの見えている学校がそうです。
景色も讃岐平野から瀬戸内海、それに粟島まで見えたのですから最高です。www
でも残念な事に天守いは外に出られず、漆喰の格子窓からの眺めとなります。
粟島の写っている写真もカメラを窓の外に出し、当てずっぽうで撮ったものです。
  1. 2014/07/15(火) 23:37:36 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (27)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示