まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

雲辺寺  1/2  雲上散歩

今日はあの遥かな高みにある雲辺寺界隈(〇印)の様子をお届けします。
DSC07457 (555x600)


山頂の雲辺寺へは、ここからの登山道を2時間ひたすら登り続けるか、
DSC07456 (600x460)
隣の駅から発着するロープウェイに乗って楽々行くか・・・、究極の二者択一を迫られる。 (バシッ! って、もう乗ってるじゃん)
はい、7分間の快適な空中散歩でした。 足下には雲辺寺への登山道が見え隠れしていました。
降り立った山頂駅の標高は916m、気温17度。快適な雲上散歩の始まりです。
DSC07410 (600x399)
ロープウェイ山頂駅を降り、左手の坂道を下りて行くと、四国八十八箇所の第六十六番札所 「雲辺寺」 ですが、
先ずはこのアジサイに惹かれて、右手、雲辺寺山頂に建つ「毘沙門天」展望館に行ってみました。
DSC07415 - コピー (600x340)
高さ15mの展望館の上には、重さ15トン、高さ10mもあるという西日本一大きな毘沙門天像がそそびえ立っています。
展望館には四国八十八箇所霊場の切り絵や写真等が展示されていました。
DSC07453 (500x600)
屋上展望台からは香川、徳島、愛媛の三県が望める360度の大パノラマが楽しめるはずでしたが、
あいにく雲が出て来てしまい、どうにか見えたのは大野原、観音寺方面だけでした。
DSC07418 (600x399)
「毘沙門天」展望館のある雲辺寺山頂には、香川県唯一のスキー場があります。
そこに今年「百合園」がオープンしたと聞いたので早速行ってみることにしました。
DSC07419 (600x399)
南斜面には驚くほど立派に育った沢山の百合が咲いていしました。
DSC07421 (600x327)
百合園を一周し、「雲辺寺」に向かおうと北斜面に戻って来ると・・・。
DSC07423 (600x399)
何と、こんな風景が待っていました。気分は信州・霧が峰。下方に霞むのは諏訪湖。ワタスゲが揺れている・・・。
な~んて思うには、ちと、無理があったかな?  (バシッ! ここは真宗じゃなく真言じゃ・・・??)
 下方に霞むのは燧灘(ひうちなだ)、市街地は観音寺市、白い花はシロツメクサです。
DSC07427 (600x399)
後で知人に聞いたら、実はリストの向こう側のゲレンデ一面も「百合園」だったのだそうです。 残念でした。 
いつもの悪い癖で、ぶっつけ本番走りながらの撮影の為見落としてしまいました。
DSC07428 (600x399)
がっかりしたところで、本日、これまで。 この続きは次回にお届けします。
それでは又、元気でお会いいたしましょう。  
スポンサーサイト
  1. 2014/07/27(日) 00:00:00|
  2. 香川のお寺や神社
  3. | コメント:10
<<雲辺寺  2/2  雲上散歩 | ホーム | 有明浜から萩原寺、雲辺寺へ>>

コメント

道東からのフォト

素晴らしい所ですね。

ユリがとても綺麗です。

こんな所へ行って見たいです。


拍手!。
  1. 2014/07/27(日) 09:38:28 |
  2. URL |
  3. さゆうさん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます

開花したばかりの 一面の見事なユリが 圧巻ですね
見ごたえありますね

今は 手軽に頂上まで行けるルートがあって
ありがたいですよね^^

私も先日 月山に行ってきましたが
八合目まで 車で行けるんですよ
下からは 私の体では絶対に登れないですから 助かります
  1. 2014/07/27(日) 09:58:57 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

 そんな高いところにあるにもかかわらず、毘沙門天像は高さ10mもあるのですか。作るときにたいへんだったのではないでしょうか。
 百合がたくさん咲いているのですね。黄色というかオレンジ色の花は、遠くから見ると、ニッコウキスゲのように見えるかもしれませんね。
  1. 2014/07/28(月) 00:00:45 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

さゆう さん
暑いですね~・・・、
と言っても涼しい北海道は別世界でしょうねえ。
瀬戸内の夏は何と言っても年寄りには堪えるのは“暑さ”です。

まして今年の暑さは異常といえる暑さです。
そんな時に気温17度の世界。最高でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ユウスケさん
この百合園は今年オープンしたそうです。
咲く花の種類は違ってきますが、白馬の「雲上に花園」のようになれば
夏でも否、夏だからこそ多くの人が訪れると思います。
僕がロープウェイ会社の職員だったら
瀬戸内版「雲上の花園」造ってみたいなと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラムダさん
今年の異常な暑さの中、元気にやっていますか。
体調管理にも気を配ってやってください。
僕も最近は体調を考え無理しないように気をつけながら朝夕に草取り、畑仕事等に汗を流しています。
日中は部屋を涼しくしてのんびりしています。
去年あたりから昼寝もできるようになりました。

大きな毘沙門天像でしたよ。
ここ雲辺寺の山は、かの天正5年(1577年)土佐を統一した、戦国大名・長宗我部元親が雲辺寺の山上に立ち眼下に広がる讃岐の国を俯瞰し四国制覇の意を固めたと言われています。

戦国大名であれば「この国を治めてみたい・・・」そう思う気持ち、分かるような気がします。www

横道に逸れましたが・・、百合がニッコウキスゲのように・・
実は、そんな事を思いながら写真を撮っていました。www
  1. 2014/07/28(月) 11:07:49 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

ユウスケさん
追伸
「百合」の事にしか触れていない返信でしたので再び・・。e-351

≫今は 手軽に頂上まで行けるルートがあって
ありがたいですよね^^
私も先日 月山に行ってきましたが
八合目まで 車で行けるんですよ
下からは 私の体では絶対に登れないですから助かります

僕もユウスケさん同様若い頃は山を歩き回っていましたが、
今はすっかり体力も気力もなくなってしまいました。
高い山に行く時、ロープウェイあれば助かりますね。

月山へは登ったことがありませんから楽しみにしています。
昼から、思い出したように、組曲『月山』のLPレコードを聴きました。
一曲目「ながく庄内平野を転々としながらも、私はその裏と言うべき肘折の渓谷に分け入るまで、月山がなぜ月の山と呼ばれるかと知りませんでした。」
十曲目「未だ生を知らず、焉ぞ死を知らん。すなわち、月山は月山と呼ばれるゆえんを知ろうとする者その本然の姿を見せず、本然の姿を見ようとする者には
月山と呼ばれるゆえんを語ろうとしないのです。」
森敦の小説『月山』(芥川賞受賞作)の原文そのままにあの「千の風になって」の新井満が曲を添えた十曲からなる組曲です。
寂莫幽遠の中に現れる湯殿山注連寺や即身仏‐鉄門海上人、月山の山容に思いを巡らせ、その山へユウスケさんは行かれたのだなあ・・と思いながら聴いておりました。
本当に楽しみです。





 
  1. 2014/07/28(月) 15:48:23 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

雲辺寺には、五郷の方から(K8経由トンネル手前東へ)と山本町河内(K6)からも車で登れます・・・
雲辺寺の駐車場へ入れると協力金と言って軽四で500円取られますが。、道中はガソリン代だけです・・・
なお池田方面からも車で登れます・・・
  1. 2014/07/28(月) 18:26:01 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多写楽さん
おはようございます。やや涼しい日も二日で終わりもとも暑さが戻って来ました。
以前車で行った時はK8線を南下、曼陀トンネルを抜け池田へ、
福助工場を左折し後は道なりに雲辺寺まで登りました。
帰りは山本町河内へ抜けようとしましたが途中の分岐点で道を間違え、
鮎苦川沿いに東走。
道不案内の不安と山道に車酔いし、休み休み猪鼻トンネル手前に出て、
財田へ抜けて帰ってきました。
見慣れたR32に出た時はホッとしました。
知らない山道を一人行くのは危険だなと思いました。
途中、携帯が圏外を示した時は心配しました。
猪、熊に遭遇しなかったので良かったです。www
  1. 2014/07/29(火) 10:07:16 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

百合が咲いていしました

北さん 様

 「沢山の百合が咲いていしました」とは此れ如何?    鳥羽省三拝
  1. 2014/07/29(火) 16:59:13 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

おお~ 雲辺寺に百合園が!
初耳でした
休みに行ってみたいと思います!
まだ咲いてるかな?
  1. 2014/07/29(火) 23:07:05 |
  2. URL |
  3. キク #-
  4. [ 編集 ]

鳥羽省三さん
ご指摘ありがとうございます。
気をつけなければいけませんねぇ。
集中力も薄れて来ました。

言い訳ではありませんが、
※記事編集中の文字j変換機能がずっとおかしく、
(母音、子音が飛んだり跳ねたり、言葉になりません)
一字一句入力している状況で、
この一行書くだけでも何回も何回も入力し直して書いている状況です。
かかる時間と言ったら半端ではありません。
一日分の記事を仕上げるのに5,6時間かかる日もあり、
途中パソコンを投げつけたくなる時もあります。
精神衛生上よくないのでブログをやめようと思う事もしばしばです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キク さん
雲辺寺の百合園、今年からオープンしたそうで、
僕も行って初めて知りました。
まだまだ蕾が一杯ありましたから楽しめると思います。
僕が写している場所は予備的な(育てている)ところだったらしく
メインはリフトのある斜面だそうです。
それより何より、涼しく空いているの最高です!
  1. 2014/07/30(水) 11:43:07 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (97)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示