まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

遍路が行く Ⅲ  財田川逍遙  ②

甘党の店で「ソフトクリームぜんざい」を食べた三人は一休みし、再び元気を取り戻して歩き始めました。
甘いの苦手な皆さん、案内した僕に気遣って美味しそうに食べていました。
きっと、修行だと思って頑張ったんでしょうねえ。www
DSC_0049 (600x409)


♪ 川の流れと人の世は 淀みもあれば渓流(たに)もある 義理の重きを忘れたら
   立つ瀬なくして沈むだろう 黙って男は川になる ♪ 北嶋三郎 「川」 より
いよっ!任侠三人衆、後姿も様になってますよ。 ≪男の哀愁≫が漂っています。
汗臭い≪男の体臭≫でなくて良かったね。  (バシッ! 何言うねん )
※ 同じような写真ばかりで恐縮です。この写真覚えておいて下さい。最後に≪余談話≫があります。
DSC_0031 - コピー (600x500)


義理と人情の任侠物も演歌もいいんですが、今は遍路の身、何かもっと求道者的なものを・・・。
「そ、そうですか。・・・それならば」・・・と、Yさんは最新機器を取り出して・・・。
おっと、やるね~。僕なんか未だに≪ガラ携≫です。www
DSC_0032 (600x328)


「ちょ、ちょっと待ってくださいよ・・・今調べますからね・・え~・・sakamura shinmin・・・あっ、ありました~!
いつか北さんがこの詩を基に、皆に話をしていましたね~。珍しく良い話をするなと思って、 (バシッ!余計でしょ。)
メモしていたんですよ。そう、これ、これ。坂村真民の 「二度とない人生だから 」です。
DSC_0033 (600x450)
では、その詩を読みながら歩いてみますか。
 「二度とない人生だから 」   坂村真民
二度とない人生だから 
一輪の花にも 無限の愛を そそいでゆこう
一羽の鳥の声にも  無心の耳を かたむけてゆこう
DSC_0034 (600x336)
二度とない人生だから 
一匹のこおろぎでも ふみころさないように こころしてゆこう
どんなにか よろこぶことだろう

DSC_0035 (600x368)
二度とない人生だから 
一ぺんでも多く 便りをしよう
返事は必ず 書くことにしよう

DSC_0037 (600x450)
二度とない人生だから 
まず一番身近な者たちに できるだけのことをしよう
貧しいけれど こころ豊かに接してゆこう

DSC_0039 (600x400) (2) (600x400)
二度とない人生だから 
つゆくさのつゆにも めぐりあいのふしぎを思い
足をとどめて みつめてゆこう

DSC_0041 (600x449)
二度とない人生だから 
のぼる日しずむ日 まるい月かけてゆく月
四季それぞれの 星々の光にふれて
わがこころを あらいきよめてゆこう

DSC_0043 (600x304) (2)
二度とない人生だから 
戦争のない世の 実現に努力し
そういう詩を 一篇でも多く 作ってゆこう
わたしが死んだら あとをついでくれる
若い人たちのために この大願を 書きつづけてゆこう

DSC_0044 (600x400)
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Yさん、K君、寝てますけど。」
「そうか、疲れてるんでしょう。寝かせておきなさい。・・・な、何!。川に落ちたら大変だ。起こしなさい。」
では目覚ましに短いものを・・・
DSC_0047 (600x392)
  「分け入っても 分け入っても 青い山」   山頭火
遠山無限碧層々。青く深い山々を分け入ってはひとり歩く。
それなのに自分の求めるものが見えてこないこのもどかしさは何だろう。  (まだまだ修行が足りんのだよ。  バシッ!)
DSC_0049 (600x409)
  「この旅 果てもない旅の つくつくぼうし」    山頭火
こうしてこの蝉と同じように、私も泣きながら一生歩いてゆくのだろうか。 (今鳴いてるのはクマゼミだけどね バシッ!)
DSC_0051 (600x351)
 「笠にとんぼをとまらせてあるく」   山頭火
今日も歩く。歩いている笠にトンボが止まる。トンボが逃げないように静かにそっと歩こう。
トンボは私と一緒に歩く。ハハハ・同行二人だ。   (笠にも杖にも停まってないじゃん。止まっているのは皆の足だけ ハハハ!)
DSC_0053 (600x400)
  「へぅへぅとして水を味ふ」    山頭火
酒が好きである。水はもっと好きである。水は命。酒は宝。歩いてくたびれて清水を手で掬って飲む。
ごくごく飲む。実に美味い。 (掬ってなんかないじゃん。ペットボトルのお茶じゃん。 )
「お前は茶々ばかり入れて、詩の心が分からない奴だなあ。疲れてるんだね。一休みでもしよう。」
って言う前から、もう座ってるわ。www
DSC_0055 (600x398)
お疲れ様でした~。ところでお遍路さんといえば、菅笠の四方にはこんな文字が書かれています。
Yさんに聞いてみると、こう書いてあるそうです。   (ふ~ん、そうなんや。でもどう読むん?。) バシッ!
「迷故三界城」・・・・まようが故にさんがいはしろ    
「悟故十方空」・・・さとるが故に じっぽうくう
「本来無東西」・・・ほんらい とうざいなく         
「何処有南北」・・・いずくんぞ なんぼくやある

DSC_0056 - コピー (600x280) (2)
「迷故三界城」 「悟故十方空」 「本来無東西」 「何処有南北」  (で、その意味は?)
<迷っているが故に私達を取り巻く環境はまるで堅固な城郭に閉じ込められているかのような圧迫感がある。
その迷いを突き抜けて悟ってみれば、もう十方世界は大空と同じように自由で伸び伸びとしている。>

(そうなんや~。で、Yさん いつ悟ったの? そうは見えないけど・・・) うるさ~い!  (ハハハ、まだまだ修行が足りんのう。)
DSC_0056 - コピー (2) (600x440)
「さて、十分休みましたなあ。助さんや、格さんや、そろそろ参りましょうか。」  (あれ~、いつから “黄門さん”に)
一寸、お待ちになっておくんなさい。ここで皆さんご老体を黙って行かせちゃあ、野の露と果てるは必定。
それではこの北さん、一宿一飯の渡世の仁義も知らねぇ奴だと、世間の笑い者になります。
……せめて一言、男の餞(はなむけ)の言葉を、掛けさせて下さいまし~・・・。

DSC_0057 (600x410)
「・・・じゃ、暑いから気をつけてね~。本山寺で待ってるよ~。」  
(バシッ!軽いじゃん!! これが男の餞(はなむけ)の言葉かい!)
DSC07813 (600x399)
それでは、また、ここ「本山寺」で元気にお会いしましょう。 

********************************************************************************************
余談ですが・・・昨夜(木)21:00~TVの「ケンミンシヨー」~香川衝撃的クセになるうどんの正体とは~ で、
出演者が皆驚いていた「餡入り餅」の入った≪雑煮うどん≫です。一年中食べられますが、
白味噌仕立ては冬季限定です。2枚目の写真の奥に見える橋の向こうにある「かなくま餅店」の人気メニューです。
横須賀に帰る際にはこの≪雑煮うどん≫を食べて力を付け、高速に乗ります。
日記Ⅱ 071 (600x445)

スポンサーサイト
  1. 2014/09/05(金) 00:00:00|
  2. 来島者たち
  3. | コメント:6
<<遍路が行く Ⅳ ~ まほろばの寺「本山寺」 ~ | ホーム | 遍路が行く Ⅱ  財田川逍遙①>>

コメント

こんにちは

お遍路さんの同行撮影 お疲れ様でした
三人で 同じ場所を目指して歩くのも
なかなか味わいのあるものですね
のんびりした雰囲気が こちらまで伝わってきました
ただ 暑かったでしょうね・・・^^;
暑さも修行なんでしょうけれど・・・

北さんお気に入りの最後の餅入りのうどんは 私も食べてみたくなりました
元気が出そうですね^^
  1. 2014/09/05(金) 14:27:31 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

かなくまの雑煮うどん・・・
ついいつもの癖で「大」を頼んでしまい、食べ切るのに大変だったのを思い出しました・・・
雑煮うどん、私は甘すぎました・・・
  1. 2014/09/05(金) 18:49:06 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

ユウスケさん
ありがとうございます。
三人連れのお遍路さん、お一人は「本山寺」をお参りし後、
勤務の都合で帰られましたが、友人ともう一人の方は
最後の88番≪結願(けちがん)の寺≫「大窪寺」まで歩き通し、
その足で大本山である高野山の「金剛峰寺」へ参詣し無事完了したとの葉書を頂きました。

餡入り餅を入れた≪雑煮うどん≫
子どもの時、正月のお雑煮は餡入りの丸餅は入っていましたから 
僕は何の違和感もなく美味しく食べています。
知らない人に言うと、皆びっくりしています。www
去年の夏、孫達が来た時連れていきました。
僕と食べる好みが似ている上の孫は「美味しい」と言いながら食べていました。www
  1. 2014/09/05(金) 19:07:32 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

我楽多写楽さん
そうですか・・・・。「大」なんか食べるから・・ww
皆さん美味しそうに食べていますよ。
もっとも、苦手な人は他のものを食べていますけどね。www
先日、金毘羅~岡田界隈の「うどん店」梯子しました。
そのうち比較的新しい「麦香」という店のうどんは
注文を受けてから茹でるので、美味しいうどんでした。
夏は「ざる」か「かけ」をいつも食べますが、
思い切って「から揚げうどん」を食べてみました。
これはいけますね~。www
  1. 2014/09/05(金) 19:20:23 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

早期退職をして 100日余りの行程で四国お遍路をした息子の 姿を素晴らしい写真の中に重ねて見させてもらいました 改めてお遍路さんを
いろいろな角度で感慨深く考えさせてもらいました。残暑厳しい中仲間たちも少しずつ変わっていく 現実が身にしみています
ボケないように きれいな写真を見られるように
祈っています
  1. 2014/09/06(土) 19:20:11 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

懐かしき三浦の野辺に咲ハマナデシコさん
ありがとうございます。お久しぶりです。
今年は天候不順で、猛暑が続いたかと思えば、長雨、豪雨に見舞われ大変な夏でした。
お元気でしたか。

息子さん歩き通されたのですね。
100日程かけた≪歩き遍路≫であれば、(大体4,50日かかると言われています)
ゆっくり見聞しながらのお遍路だったのではないかと思います。
以前、途中までの『遍路記』読ませて頂いた事がありましたね。
洒脱な文章で、読み手を惹き付けるものがありました。

最近、≪上手に年をとる≫と言う事はなかなか難しいものだと思うようになりました。


  1. 2014/09/06(土) 21:26:59 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (45)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示