まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

ようこそ我が故郷へ ③ 西浜暮色

島に渡る船の上で既に陽は紫雲出山に懸かっていました。
いくら急いでも、夕陽の見える西浜に着くには間に合いません。
それでも、折角粟島に来たのだからと、車を飛ばして西浜にやって来ました。
DSC08523 (600x382)

♪今はもう秋 誰もいない海 知らん顔して 人がゆきすぎても~♪
って、この時刻は(夏でも)人っ子ひとりいませんけど・・・
(バシッ! mood ですよ、 ムード。 気分を盛り上げてるんだから 水差さないで!)
DSC08524 (2) (600x399) (600x399)


「お~い、待ってくれ~。もう一度上って来てくれ~」と叫ぶY君。
そりゃ~無理だよ。あの清盛でさえ出来なかったことだもの。
DSC08503 (600x395)


・・・だよね。それならせめて、心の中にこの夕景を焼き付けておこうと、
DSC08508 (600x399)


暫く黙って眺めていたが、
DSC08510 (600x444) (2)


K君は、やっぱり嫁さんや両親に見せてあげようと、カメラを持ち出し写真を撮っていました。
DSC08515 (600x419)


最近の携帯は便利ですね~。写真も撮れます。  (バシッ!常識です。それに、携帯じゃなくスマホです!) 
釣り好きなY君は、「あっ、ボラだ!」と言いながら慌てて撮っていました。 (驚くほど良く撮れていました)
DSC08514 (600x366)


ボラもびっくりして飛び跳ねていました。  バシャッ! バシャッ! っとね。 (バシッ!)DSC08516 (600x286)


浜のすぐ上には、2012年度「粟島アーティスト・イン・レジデンス2012春」の招聘作家杉原信幸さんの作品
「サークルストーン」があります。
DSC08526 (600x407)


太古のロマンを語る「サークルストーン」の傍らには、
可憐な「コマツヨイグサ(小待宵草)」が咲いていました。
DSC08531 (600x456)


日もすっかり暮れてしまいましたが、二人は帰ろうともせず、
DSC08536 (600x393)
防波堤に座り、黙って海を眺めていました。


DSC08532 (600x402)


自らの人生の重荷を一つ、また一つ背負いながら精一杯駆け出している二人にとって、
こんな時間が時には必要なのかも知れませんねえ。
・・・・・・・・・・・
DSC08534 (600x399) (2)


 さあ、爺さんがあれこれ言ってないで、家に帰って乾杯です!! 
それでは、また、元気でお会いいたしましょう。 
スポンサーサイト
  1. 2014/09/26(金) 08:45:36|
  2. 来島者たち
  3. | コメント:6
<<ようこそ我が故郷へ ④ 姫路の浜~城の山 | ホーム | ようこそ我が故郷へ  ② 紫雲出山~粟島へ>>

コメント

此処は、一つ沈む夕日に向かって「バカヤロー!」って叫んでもらいたかったなぁ~・・・
でもこの時期ボラは臭くて、不味かったと思いますが・・・
  1. 2014/09/26(金) 18:23:25 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多写楽さん
島のボラは臭くないとわざわざ本土から釣りに来ている人もいますがどうなんでしょうかねえ。
島の人がボラを釣ったり食べたりした話は聞きません。
魚の苦手な自分は子どもの頃からボラは食べたことがないので味は分かりません。
よく、都市の河口や工場地帯の海で獲れるボラは臭いと言われていますが、
水のきれいな所や外洋等でとれるボラは美味しいかも知れませんねえ。
世界の珍味「カラスミ」はどこのボラを使っているのでしょうねえ。
  1. 2014/09/26(金) 19:54:37 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!
海を見ていると会話がなくても、思いは同じ・・
波の音で心が癒されてよくないことは流れていくようだ、
  1. 2014/09/27(土) 19:52:02 |
  2. URL |
  3. 尾張小牧 #-
  4. [ 編集 ]

尾張小牧さん
ありがとうございます。
し感動で言葉が出ないのではなく
真の感動は言葉を必要としないのだと思います。
  1. 2014/09/28(日) 21:27:58 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

あらためてみましたが西浜の夕景 最高ですね
ずっとその景色を見ていたのがとても懐かしいです
そしていい色出してますね
お写真もぐんと素敵になった(^O^)
  1. 2014/09/29(月) 20:39:33 |
  2. URL |
  3. ふぅ #-
  4. [ 編集 ]

ふうさん
ありがとうございます。
自分自身も西浜の夕景は久しぶりです。
家から空を見て良さそうな日も何回かありましたが
体調の性か気力が沸かなくやり過ごしていました。
  1. 2014/09/29(月) 22:20:26 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (27)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示