まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

三豊市 「高良神社」の《ちょうさ祭》 ③

今日は三豊市豊中にある高良(こうら)神社の《ちょうさ祭》の最終回です。
DSC00257 (700x465)

本殿前での《奉納獅子舞》を終えたこちらの町内は、随神門の外でもう一度獅子舞をやっていました。
DSC00226 (700x465)
《奉納ちょうさ》を終えた下組の太鼓台も、随神門の横でもう一度《ちょうさ=太鼓台》を担ぎ上げる勢いです。
助っ人の担ぎ手がいなくて大丈夫でしょうか。これだけの人数しかいません。
DSC_0052 (700x524)


いくら何でも、これだけの人数では担ぎ上げられないのではないかとハラハラしながら見ている中、
DSC_0054 (700x517)


掛け声も勇ましく、指揮者の合図に合わせ、エイヤ、エイヤと担ぎ上げてしまいました。
それにしても、すごい気力、気迫です。 (左下)少年も羨望の眼で見つめています。町内の方も拍手喝采です。
DSC_0058 (700x524)


こうしてどの町内の《ちょうさ》も、意気揚々と町内へ戻って行きます。
DSC_0061 (700x525)


この時の表情は皆達成感に満ち満ちていました。
DSC_0065 (700x686)


《ちょうさ祭》の祭事等を無事終えた町内は、《ちょうさ》や《神輿》を曳いて戻り始めました。
恐らく各町内では拍手の内に迎えられるのでしょう。こうして町内の絆が強められていくのだと思います。
DSC00233 (700x524)


《ちょうさ》は担いで帰る町内も、一部取り外して曳きながら帰る町内もあるそうです。
道路事情や人数の関係もあり、まちまちのようです。
DSC00272 (465x700)


こちらは地元の町内でしょうか、本山寺の仁王門の前を通って戻っていきました。
後からはかわいいお稚児さんたちも後に続いて帰っていきました。
DSC00238 (700x412)
この日は他の予定もあったので帰ろうと車に戻ったら、高良神社の境内から一段と大きな歓声が聞こえてきました。
何事かと行ってみると、最後に残った大きな《ちょうさ=太鼓台》を担ごうと大勢の男衆がj集まっていまし。
これから、今年最後の奉納《ちょうさ》が行われるのでしょうか。一種異様な熱気が伝わってきました。
DSC00245 (700x465)


指揮官の「行くぜ~! 用意は良いか」(というような掛け声・・??)を合図に全員担ぐ姿勢を取りました。
DSC00246 (700x526) - コピー


連合町内の男衆が心を合わせ、全員で掛け声をかけながら一斉に腰を入れ、
DSC00247 (700x524)


肩まで担ぎ上げました。
DSC00252 (700x465)


そして更に、呼吸を整え、担ぎ棒の上に立つ指揮者の合図に渾身の力を結集させ、高く、高く、
DSC00253 (700x465)


一気に差し上げました。
その凄まじい迫力は、見ているこちらまで力が入ります。
周りの観衆から大きな拍手が沸き起こりました。
DSC00254 (700x465) (2)


各町内の法被を纏った若者の腕には「太鼓台責任者」「副総代」「・・・指揮者」等の腕章も見えていました。
DSC00257 (700x332) (2)


少し静かになった境内では、《子どもちょうさ》の格納が始まりました。
DSC00271 (700x529)


それでは、3回にわたり長くなりましたが、僕がこの《ちょうさ祭》を通して一番感動した場面をもう一度ご覧頂き、
三豊市豊中の《ちょうさ祭》の記事を終わります。ありがとうございました。
獅子舞を一心に見守るこの姿勢、これこそが地域愛し、地域の子どもたちを見守っていく姿勢そのものです。
DSC00211 (700x465)
それでは、又、元気でお会いいたしましょう。 
スポンサーサイト
  1. 2014/11/05(水) 00:00:00|
  2. 香川のお寺や神社
  3. | コメント:4
<<苦しい時の花便り? ① | ホーム | 三豊市 「高良神社」の《ちょうさ祭》 ②>>

コメント

いやいや・・・
ちょうさの差し上げは迫力ありますねぇ~!!!
しかし、観音寺の八幡さんの差し比べでは50~70の人の力が強くて、若い人が差し上げの途中で抜けるために差し上げが途中でへこたれてしまいます・・・
  1. 2014/11/05(水) 19:28:22 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多写楽さん
ちょうさ祭を見たのは、観音寺琴弾神社と高屋神社、、山本町の河内神社、それに豊中の高良神社の4ヶ所です。
いずれも特色ある祭でした。
何処のちょうさ祭のクライマックスである《差し上げ》の際は見ているほうも力が入ります。
よく、祭になると都会に出ている人も帰ってくる・・・と言う話を聞きますが、
その気持ち分かるような気がします。

知り合いがいれば、引いた写真ばかりでなくUP写真等も交えて祭の紹介が出来たのですが残念でした。
  1. 2014/11/05(水) 22:24:47 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

北さん、こんばんは♪

一枚一枚丁寧に撮られているお写真から
お祭りを執り行っている人々の熱気が伝わってくるようでした^^
《ちょうさ=太鼓台》は、最初お神輿なのかなと思ったのですが
お神輿は別にありますね。
太鼓台というぐらいだから、太鼓を叩く屋台のようなものなのでしょうか?

初めて見たちょうさ祭り、最後まで楽しませていただきました。
北さん、素晴らしいレポートをありがとうございました♪
  1. 2014/11/06(木) 11:25:08 |
  2. URL |
  3. Mika #GmSQBN1s
  4. [ 編集 ]

《ちょうさ祭》必見です

Mika さん
遠い国からの頼りありがとうございます。
ちょうさは、祭太鼓を載せる台のことです。

この辺りのちょうさ祭で一番大きな祭は
こちら ↓ 観音寺琴弾八幡宮の《ちょうさ祭》ですhttp://www.chousa.net/
こちらは3トン近くもある《ちょうさ=太鼓台》9町内の差し上げ(さし投げ)競演が見られます。
他の町内に負けないよう意地のぶつかり合いで
「負けんなよ。上げてやれ~!上げてやれ~!」と後に引けない男達の闘いです。
ご主人にもこの画像を見せてあげてください。目を丸くして驚くと思います。www
  1. 2014/11/06(木) 14:33:24 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (46)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示