まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

鎌倉/東慶寺

10月29日、久しぶりに 「東慶寺」 に行ってきました。
DSC00640 (700x465)


しかし、もう山門で出迎えてくれる友の姿を見ることはありません。
DSC00585 (560x700) (2)


朋友であった彼の代わりに、高い階段の脇で僕を迎えてくれたのはリンドウ。
DSC00587 (700x575)


リンドウは、群生せず、一本ずつ咲く姿から「悲しんでいるあなたを愛する」という花言葉があるそうですが
いつまでも寂しがっているのは友も好まないはず。
DSC00603 (700x465)


何処へ行っても誰にでも愛された彼の事、(駄洒落を飛ばしながら)姫たちに囲まれて楽しくやっているに違いありません。www
「そのうちそちらに行くから、俺の席を空けていてくれよ。」と独り言を言いながら高い階段を上っていきました。
 周りのピンクの花は「ヒメツルソバ」です。
DSC00590 (700x525)


十月桜は散っていましたが、
DSC00588 (700x496)


樹の下の小さな秋の花や実は、
DSC00591 (700x526)


小春日和の中でほっこリ日向ぼこを楽しんでいました。
DSC00604 (700x526)


こうして、鎌倉の秋も日毎に深まっていきます。
DSC00634 (700x469)


冬の寒い時以外の時節にこの寺を訪ねた時は、
DSC00629 (700x525)
大広間の横の、日の良く差し込む縁側に置いてある
DSC00595 (700x465)


この椅子に腰をかけ、庭の草花を眺めながらあれこれ話をするのが常でした。
DSC00627 (700x526) (2)


そうして、この縁側の一隅に活けられている庭の花を見るのも好きな事の一つでした。
DSC00625 (700x526) (700x526)


この日は「ムベ」が活けられていました。「ムベ」は「アケビ」に似ていますが、
葉を落とすことなく年中緑の葉を付けているので、「トキワアケビ(常葉通草)」とも言われています。
DSC00623 (700x525)


「ムベ」は、花や実よりも、この網状の葉脈を明るい日に透かして見る方のが好きです。
DSC00623 - コピー (591x700)


境内に出て、墓苑の方に進むと、茶室「寒雲亭」の前に「フジバカマ」が咲いて、
DSC00599 (700x465)


その横にはススキが光っています。このような趣の庭は心が落ち着きます。
DSC00642 (525x700)


更に進むと、菖蒲畑の奥にある立礼茶室「白蓮舎」への路地が見えてきます。
DSC00643 (700x465)


その後、墓苑に回って友の墓に寄り、山門を下りてきました。
それでは、又、元気でお会いいたしましょう。 
スポンサーサイト
  1. 2014/11/14(金) 12:50:31|
  2. 鎌倉
  3. | コメント:8
<<京都花屋「みたて」展  ~ 正月飾り ~ | ホーム | 横須賀・久里浜港>>

コメント

盟友の方も、鎌倉の古刹にお眠りとは物凄く羨ましい・・・
私も眠るなら、そんな所で眠りたいなぁ~・・・
流石に鎌倉の古刹は良く手入れされ、適度に放ったらかされて・・・
良い雰囲気ですねぇ~・・・
  1. 2014/11/14(金) 19:17:04 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多 写楽さん
この東慶寺には多くの哲学者や文人が眠っています。
我楽多 写楽さんもそこに加わって勉強しますか?

《過ぎたるは、なお及ばざるが如し》
物事には兼ね合いと言うものが大切ですね。
庭の手入れも然り、ありのままの姿を活かす・・
ここの寺の庭は息苦しさがなくしかも整っている
良い庭だと思います。
  1. 2014/11/14(金) 22:35:57 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

東慶寺は とても落ち着くお寺ですね
お庭の花々 室内にさりげなく飾られた植物もいい感じです
時間を忘れて 瞑想にふけりたくなります
北さんは 気楽に立ち寄れる 素敵な居心地の良い場所をご存じですね
私も ここで 日向ぼっこをしているような気分になれました^^
  1. 2014/11/15(土) 13:19:48 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

ユウスケさん
この寺は明治までは「駆け込み寺」として薄幸な女性を多く救済してきた尼寺でした。
今は尼寺ではなく、臨済宗の禅寺です。
先代の住職と学生時代に知り合い、以来昨年の夏までは度々お邪魔しておりました。
お互い進む道は違っていましたが心の支えとしてかけがいのない友でした。
この寺の草花を見たり、縁側で彼と色々な話をしたりするのが好きでした。
※このブログのカテゴリーの「鎌倉」を辿っていただければ、昨年の9月22日~29日(3回にわたって)彼の津送の記事を記しています。
  1. 2014/11/15(土) 16:04:57 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

東慶寺

今日は。

東慶寺。
私も2006年前後に随分お世話になりました。
北さんのお友だちが偉いお方とは知らず、北さんとのお付き合いはなかった頃。

機会ああれば、尋ねられるのですね。

リンドウは悲しんで待っているのではなく、静かに話そうと待っているのではありませんか。

盟友を失うことは悲しい事ですが、人の定め。
今時はその年頃になりました。
今年も喪中の挨拶が数枚既に届いています。

透過する光でムべの葉脈が綺麗。
フジバカマも秋を感じさせてくれました。

>京都花屋「みたて」展  ~ 正月飾り ~<
画像が消えて見えません。私だけなりいいのですが。
  1. 2014/11/17(月) 12:13:30 |
  2. URL |
  3. ijin #7ozVZe.w
  4. [ 編集 ]

無事島に戻りました

ijin さん
ありがとうございます。
島に戻って来ました。
今回は徹夜運転、備前通過時は夜が明けたばかり。
閑谷学校の楷の木等の黄紅葉が見事だろうなと思いながら通過しました。

今回は風邪気味の所を無理した性か、
眠気とだるさで途中SAで15分程目を閉じてうとうと休憩しました。
途中そのような休憩をとる事は初めてのことでした。

》東慶寺。私も2006年前後に随分お世話になりました。
2006年は退職二年後、丁度島に家を建てた年で、
そのため、地鎮祭、棟上、引越し等で何度も往復しました。
手帳を見ると東慶寺にも何度か行っていますから、
もしかするとijinさんと出会っていたかも知れませんねえ。
何か残念に思います。

>京都花屋「みたて」展~ 正月飾り ~< 画像が消えて見えません。
情報をありがとうございました。
PCに詳しい方へアドバイスを求め、
(その方のPCには標示されているとの事でしたが)手直ししました。
表紙写真、今度は表示されていると思います。
ご迷惑やご心配をおかけいたしました。
いつもと同じ手順で作成し、予約投稿していたので
今までもそのような事があったのかなと新たな不安が沸いてきました。




  1. 2014/11/18(火) 09:44:01 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

山門の中心と石段にたくさんの光・・
光に還られたご住職がお迎えに出られてるようにかんじました・・
いつか訪れたとき・・忌中の張り紙が貼られていて・・
そのあと訃報を知りました・・

むべ・・とても美しいです・・

今日も・・ 素晴らしい1日になりますように・・
そして・・ 明日も・・ ず~~っと・・ ず~~っと・・・ =*^-^*=
  1. 2015/02/15(日) 07:23:48 |
  2. URL |
  3. chie*co #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

chie*co さん

お訪ね頂きありがとうございます。
東慶寺にはたびたび訪ねられておられるご様子嬉しく拝見しました。
四季の彩り見事です。
おいおい他の御寺の様子等も拝見させていただきます。
こっそりとリンクさせて頂きましたことお許し下さい。
無粋な爺のブログですがこれからもよろしくお願いいたします。


  1. 2015/02/15(日) 21:27:22 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示