まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

粟島散歩 懐かしの通学路 ①

今回は、懐かしい通学路をぶらり歩いて小学校まで行きます。今日はその①、お寺までです。
小学校へは家を出て海に向かい、海沿いに行くコースと、
065 (625x700)


山沿いに行くコースがありますが、僕は登校時はこちらの山道の方からを通っていました。
我が家への路地 (536x700)


今日はその《山の辺の道》 (ちょっと気取って大和の古道風に・・www) を歩いてみます。
004 (700x517)


〇印に植えている「野地菊」です。
009 (700x471)


野地菊の咲いてる階段で近所の友と待ち合わせ、この路地を通り、
008 (529x700)


更に、この家の友を誘って学校に向かいます。
011 (700x463)


当然《通学路》といったものもなく、他家の庭を通ろうと何処を通ろうと全く自由でした。
その日のメンバーや天気次第でコースは違ってきます。www
012 (525x700)


この細い路地に沿ってあった家は、今では殆ど空き家となっています。
057 (700x525)


土壁も剥がれ落ち、昔の面影はありません。
016 (700x507)


更に、《山の辺の道》の方へ上がっていきます。
020 (528x700)


この道は子どもの頃は石畳の階段で、もっと広かったような気がします・・・。
021 (526x700)


そんな道を上っていくと、左の方から他の集落(※)から歩いてくる友等と出会います。
※下新田の集落の子たちが山道を歩いてくると、並足でここまで40分位はかかります。学校まではあと10分程度。
024 (700x467)


この道も撮っておこうかなとカメラを向けた瞬間、知り合いのおばさんがにゅ~っと現れました。 
今は滅多に人の通らない道なので、びっくりして思わずシャッターを切ってしまいました。
023 (527x700)


この道を学校の方に向かうと、やがてお寺の下に出ます。
この石垣には蛇の巣穴がいくつもあるので、女の子は男の子の後について歩くか、浜道へ廻っていました。
026 (700x525)


他の所で蛇など見つけたら《容赦しない》 www   悪ガキ 男の子達も、
027 (700x467) (2)


お寺の蛇ですから、さすがに手出しはしませんでした。www
悪がき達も、そこのところは良く弁(わきま)えています。www
028 (700x467) (2)


蛇など怖がって下ばかり見て歩いていると、・・・・こんなものがぶら下がっている事もあります。
寺だから、鐘がぶら下がっているのは普通ですが・・・・、
031 (526x700)
もっと怖い奴の、こんな巣がぶら下がっていることもありますからご用心。 
間違えてこんなのを撞いたら大変です。
さすがにスズメバチの巣はどんな悪がきでも手出しはしません。www
035 (700x524)


そのお寺(梵音寺境内)の様子は、次回にお知らせします。
063 (467x700)


きょうは、かなりの強風吹き荒れています。東京湾も白波が立っています。
横須賀~千葉(木更津)を結ぶ東京湾フェリーも朝から欠航です。
粟島の定期便も朝から欠航だそうです。東北、北海道は台風並みの低気圧です。十分気をつけてください。
それでは、又、元気でお会いしましょう。  
スポンサーサイト
  1. 2014/12/17(水) 00:00:00|
  2. 粟島散歩
  3. | コメント:5
<<粟島散歩 懐かしの通学路  ② 梵音寺 | ホーム | 財田の秋 4、 紅葉の宝光寺③>>

コメント

空き家が多いんですねぇ~・・・
しかも相当崩れていて、傍を歩くには危険な気もします・・・
しかし、相当立派なお家が多かったんですねぇ~・・・
  1. 2014/12/17(水) 19:17:14 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多写楽さん
ありがとうございます。
粟島も例に漏れず過疎化が著しく、どの集落も空き家が目立つようになりました。
あと10年もすれば我が集落も数軒だけになりそうです。
我々夫婦も横須賀に帰っていると思います。

粟島は北前船で栄えた島で、財を成した家が数多くありました。
我が家は北前船持っていなかったので貧乏でしたが。 (・笑・)

  1. 2014/12/17(水) 23:38:38 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/12/18(木) 00:23:21 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

懐かしい景色です
カメラを手に何度となく歩いた島の路地

心なしか家屋の傷みが激しくなってきたのでしょうか?

やはりまだ遠い島です
もっと気楽に近い島になればいいのですが・・・・
  1. 2014/12/18(木) 08:10:30 |
  2. URL |
  3. ふぅ #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメさん
ありがとうございあます。
風邪ですか、いけませんねぇ。
な~んて言いながら、私も同じ症状で、咽喉が痛くて、
何か引っかかっているようで咳が止まりません。

読みました。
皆さん理解がありますから大丈夫ですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふう さん
おひさしぶりです。
何処の集落に行っても年々住む人は少なくなるばかり・・・寂しくなりました。
今年は例年になく家の中ですごすことが多く
カメラを持っての散歩は殆どしなくなりました。
春に新しい偏光フィルターを買って行ったのですが、
箱から取り出すこともないままに終わりました。





  1. 2014/12/18(木) 17:53:58 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示