まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

四国八十八箇所・八十八番「大窪寺」 2

今日は僅かに残っていた紅葉等を探しながら境内を歩いてみることに。
058 (750x563)

モミジの紅葉もイチョウの黄葉もほぼ終わり、枯れ落ち葉となって伽藍の屋根に落ちている。
037 (750x562)


しかし、これはこれで美しく、人の心を打つ。
038 (750x547)


物事は移ろいやすく、儚い・・・命を落とした枯葉の中に見る滅びの美学・・・・。
039 (563x750) (2)


これもまた、遠い昔より培われてきた日本人の持つ美意識の一つ。
040 (750x561)


そんな事を思いながら歩いていると、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常のひびきあり」 『平家物語』
な~んて言葉がふと口をついて出る。
052 (750x563)


移り行くものに無常を感じ、それを美意識まで高め「無常観」まで深めていった先人たちのことを思いながら歩いている。
053 (750x563)


親しい人と語り合いながら歩くのも楽しいが、時にはこうして一人歩きも又楽しい。
057 (750x562)


こちらは、本坊と奥の院のある女体山。
060 (750x585)


駐車場の横にあるこちらのモミジは、
063 (750x562)


この日一番目を引いたモミジ。
061 (750x500)


既に盛りは過ぎ、色も褪せ、
062 (750x563)


枯れ落ちてもまだ人の心を打つ。
我もまたかく生きたいと思うのだが、かの「女体山」という名の由来が気にかかる煩悩具足の凡夫。  バシッ! 
065 (750x563)


こちらは新しく平成2年(1990年)に完成した鉄筋二階建ての堂々たる山門(仁王門)。
右手に見えるのは梵鐘。
049 (750x500)


こちらは仁王門の正面上にある「太子堂」。高野山の御影堂を思わせる。
050 (750x596)


「太子堂」の横には「宝杖堂」(ほうじょうどう)があり、結願した遍路の金剛杖が奉納されている。
(気になる金剛杖は、毎年春分の日と8月20日に柴灯護摩供の焚き上げが行われるという)
また、「宝杖堂」の手前には、《原爆の火》が灯されている。しばし合掌。
051 (562x750)


これで境内を一回り。
戻ってきた山門前の茶屋で、
071 (750x503)


大窪寺名物 黒こんにゃくとお接待に頂いた葛湯を 購入。
072 (750x552)


朝食が早かった為か、小腹が空いてきた感じ。勢い《たらいうどん》なんかを注文してしまう。
爺さんがこれでは一寸多すぎると後悔。残すのは失礼だし勿体無い事だと時間をかけて食べきった。
073 (750x580)


一息入れて次に目指したのは、高松の「栗林(りつりん)公園」。
仁王門を後に走り出したらふと気が変わり・・・。この後どうなることやら・・・。
076 (750x563)
それでは又、元気でお会いしましょう。 
スポンサーサイト
  1. 2015/01/18(日) 00:55:41|
  2. 香川のお寺や神社
  3. | コメント:7
<<大窪寺を後にして・・・何処に | ホーム | 四国八十八箇所・八十八番「大窪寺」 1>>

コメント

こんにちは

やはり 和風の建物は 心が落ち着きますね
紅葉を愛でたり 落ち葉を見て物思いにふけるのは
独特の美意識だと思います
こういう時間を 私も過ごしてみたくなりました^^
  1. 2015/01/18(日) 13:18:00 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

ユウスケさん
》和風の建物は 心が落ち着きますね
旅行などでもやはりホテルより旅館の方が落ちつけて好きです。
日本は四季がはっきりしていて、
咲いている花や景色が季節によって違うのもいいですね。
いつ行っても同じ花が咲き同じ景色では飽きてしまいます。www

この大窪寺はお遍路さんが四国八十八ヶ寺をお参りする最後のお寺です。
しかも紅葉のきれいな寺として有名ですから、
紅葉の頃はお遍路さん以外にも大勢の人がやってきます。
そのため、道路も駐車場も混雑するようです。
僕が行った時は、モミジの時期が終わっていましたから
道路も駐車場もガラガラでした。
一つ、残念だったことは、思いつきだったので事前に調べていかなかった為、
有名店のうどんを食べ損ねた事です。e-260 

  1. 2015/01/18(日) 20:07:03 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

 もう葉がたくさん落ちていますが、それでもまだ紅葉はきれいですね。また、7枚目の写真を見ると、道にたくさんの落ち葉もみごとという感じですね。
 たらいうどんは、おいしそうで、確かに量がたくさんありそうですね。
  1. 2015/01/19(月) 00:11:28 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
寒さも今がピーク。風邪など気をつけてください。

七枚目は寺の本坊の庭で、我々は入れません。
塀越しに覗いてみたら見事な枯れ落ち葉の路地。
手が足りず庭掃除が出来ない為か、
はたまた、この中に輪廻転生の宇宙観を感じて放っているのか。
後者であって欲しいと願いながらこの場を後にしました。

早いもんですね。君と出会ってもう50年です。
今年はもう6回目の年男、ヒツジの角みたいに目も回ります。www
  1. 2015/01/19(月) 10:04:38 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/01/19(月) 17:55:38 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

北さんは、「たらいうどん」を頂きましたかぁ~・・・
私は殆ど「打ち込みうどん」です・・・
冬の寒い時期は、打ち込みうどんの方が体が温まって良いと思いました・・・
暖かい時期でも汗をかきながら打ち込みうどんを食べています・・・(笑
  1. 2015/01/19(月) 18:18:11 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

鍵コメさん
元気な声を聞いて安心しました。
讃岐うどん是非食べに来て下さい。
それから、e-125e-282 車(アベンシス)ですが、
僕が免許を返上して車を止める時には君にあげるから楽しみにしていて下さい。
それまで、クラッシュさせないよう気をつけて乗るからね。www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
そう、勢いで注文してしまいました。
でも少々量が多くて苦しみました。
「打ち込みうどん」・・・前もって調べて行けば良かったと反省です。
惜しいことをしました。
今度は遍路をしながらですね。
  1. 2015/01/19(月) 22:03:51 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示