まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

栗林公園 2/6

今日は《芙蓉沼》から《群鴨池》 (ぐんおうち)を歩きます。
148 (750x562)



開花の時期には大勢の観光客の目を愉しませた蓮(花)もモミジも既にみな枯れ朽ちてはいるが、
これもまた美しい。
131 (750x563)
《泥中の花》が仏の姿なれば、《立ち枯れた姿》も、これまた仏。
松平家菩提寺「法然寺」の教祖・法然は、 《泥中に あれど花咲く 蓮の花》 と教えた。
132 (750x500)
惜しげもなく命を散り放った姿の見事さ。135 (750x500)
我も又、与えられた余命を、悔いなく生き切らねば。
134 (750x563)


そんな事を思いながら、「群鴨池」 (ぐんおうち) へ向かった。
136 (563x750)


この池は江戸時代、藩主の鴨猟用に造られたという。
139 (750x504)


資料によると、広さが7,930㎡あり園内で最大の池だそうだ。
141 (750x545)


群鴨池の中央部の南岸に、石造りの展望台「瞰鴨閣」(かんおうかく)がある。 
142 (750x562)


なるほど、鴨に餌を与えたり観察するのに格好の場所に建っている。
143 (750x500) (2)


夏には、水面をガガブタという水草が覆い、7月から9月にかけ、直径1.5cmほどのかわいい白い花が見られる・・・。
そんな説明があったが、その葉影は見付けられなかった。
144 (750x562)


知ったか振りをして仲間の鳥追い人さんにしかられそうだが、見た所「マガモ」♂♀のようだ。
146 (750x563)


寒くなったので遠い北国から渡って来て羽を休めているのだろう。
149 (750x500) (2)


この日はこれくらいしか見当たらなかったが、
モミジの全て散る頃は幾種の鴨たちが集まってきて、さぞ賑やかな事だろう。
150 (750x500)


今日歩いた辺りは観光客の姿が見えなかったが、次回は人気エリアなので(鴨ではないが)賑やかになります。www
それでは、また、元気でお会いしましょう。  
スポンサーサイト
  1. 2015/01/30(金) 00:00:03|
  2. お出かけ
  3. | コメント:9
<<栗林公園 3/6 | ホーム | 栗林公園 1/6>>

コメント

こんにちは

池への映り込みが美しい 素敵な和風庭園ですね
カモたちも 気持ち良さそうに泳いでいますね
立派な紅葉の木が 降り積もらせた葉からも
命の輝きを感じます
私も 北さんと同感ですよ
この世に頂いた命 生き切りたいものですね^^
  1. 2015/01/30(金) 13:55:02 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #.nUnF6Gs
  4. [ 編集 ]

ユウスケさん

ありがとうございます。
自然の中から多くの事を教えられますね。

カモ達も気持ち良さそうに羽を休めていました。
残念ながらユウスケさんの撮られるような白鳥ではありません。www
蓮沼で飛び立った瞬間を見ましたがカメラの準備が出来なくてチャンスを逃しましたが、
あの忙しく羽をばたつかせている様はきっと、
準備して待っていても僕には撮れなかったと思います。www
  1. 2015/01/30(金) 15:52:43 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

《泥中に あれど 花咲く蓮の花》・・・
成る程、それで仏様の花に成って居るんですねぇ~・・・
枯れてもなお人を引き付ける蓮ならではですねぇ~・・・
少々紅葉の時期を外しても、映り込みが綺麗ですから構図次第で写真に成りますねぇ~・・・
  1. 2015/01/30(金) 18:35:01 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

こんばんは!
池への映り込みが凄い・・。
そして、カモたちが泳いでいる姿がまたいいですね、
  1. 2015/01/30(金) 19:15:28 |
  2. URL |
  3. 尾張小牧 #-
  4. [ 編集 ]

念ずれば通ず・・・

[色:0099FF]我楽多さん
ありがとうございます。
泥水の中に育っても清らに芳気を漂わせている蓮。
煩悩具足の我々なれど清浄な気持ちを持ちながら生きようとする気持ちだけは失うまいと・・・。
立ち枯れた草花からも教えられます。

モミジの写り込み・・・きれいでした。
鴨が良い場所に来てくれるのを待ちました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
尾張小牧さん

ありがとうございます。
モミジの写りこんでいる所にカモたちがなかなか来てくれませんでしたが
辛抱強く待っていたら来てくれました。www
念ずれは通ずってところでしょうか。www
  1. 2015/01/30(金) 23:12:57 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~♪

お体の具合は如何ですか?私は風邪も治りかけてます。
栗林公園の紅葉も、京都の紅葉に負けてませんね!
よし!今年は大窪寺~栗林公園ルートで紅葉狩り
と行きますか!池への写りこみが良い感じです。
今まで栗林公園には行ってますが、秋だけ行ってない!
何故~~??今年は、三脚持って張り込みます。
  1. 2015/01/31(土) 20:09:12 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

ken さん
ありがとうございます。
相変わらず痛みがとれず困ります。
夜中に何度も痛みで目が覚めるのが堪えますね。
今は、ハンドルも握れませんからどこにも出られません。e-260

お互い情報を連絡しあい新しいところを開拓していきましょう。
  1. 2015/01/31(土) 20:46:10 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

真っ赤な池に鴨が美しいですね

北様 お加減如何ですか。まだ帯状疱疹と痛みは治らないのでしょうか。大人の方が痛み強いのですね、治る病は頑張って下さい。寒さにも影響あるかも知れません、本当にお寒い日が続きます。あの美しい鴨達を眺めて。今迄に無く夜中に息苦しさを感じ島を訪れます。何故か此の島を勧めて下さった鳥羽様を思い浮かべます。ジャイアンツフアンで勝てなかった事私は諦めましたが鳥羽様は楽しみでしょう。今年が。北様お会いなさったら宜しくお伝え下さい、。今日は如月、早いですねどうぞお自愛下さいませ
  1. 2015/02/01(日) 19:49:12 |
  2. URL |
  3. アンタレス #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです

アンタレス さん

お元気ですか。
私の方は痛くて行きが止まりそうになる時がありますが、
先週より少し痛みも和らいで来ました。
何かの時に、《まほろばの島》を尋ねてきてくださってありがとうございます。
鳥羽殿、ブログ更新はしておりませんが元気でいます。
先日も、暖かい時期に旅行しようと電話で話をしました。
アンタレスさんはジャイアンツファンでしたか。
昨年度はさぞ悔しい思いをされたことだと思います。
鳥羽殿はヘンコツで口は悪いですけど心は暖かいですから気にしないで下さい。www
まだまだ寒い日が続いていますから風邪など引きませんように気をつけてください。
  1. 2015/02/02(月) 00:11:11 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示