まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

栗林公園 4/6

今日は南湖を中心とした眺めです。
181 (750x500)


南湖の広さは約7,900㎡あり、回遊しながら景色の変化を楽しむように造られているそうです。
184 (750x500)


あれれ、見たとのない小船が浮かんでいます。
172 (750x496)


それもその筈、この和船は、2012年7月に観光用に就航が始まったそうです。
174 (750x500)


船頭さんの案内でゆっくり約30分をかけ南湖を一周することで大人気となり、8ヶ月で乗船1万人突破したとのこと。
175 (750x573)


船名は《千秋丸》というそうですが、その由来 は高松藩主が舟遊びをした船の名称が《千秋丸》だったからとの事です。
176 (750x500)


今回は舟遊びをする時間的余裕もないので、今度はぜひこの船で南湖を周遊してみたいなと思いました。
ここなら船酔いの心配は無さそうですし。www
179 (750x515)


丁度園内では近隣の小学生が(体験学習の一つとして)公園のガイドをしていました。
「園内で一番の紅葉の見どころはどの辺りですか。」と尋ねたら、前方を指し、

183 (750x563)


「南湖に浮かぶ《楓嶼(ふうしょ=かえでの島の意》と合わせ、《楓岸(ふうがん)》と言われるあの辺りです。」
と教えてくれました。
見ると、湖面に楓やモミジの色が染まり、借景となっている後方の紫雲山の紅葉と相まって見事な景観でした。
南湖に浮かぶ楓嶼


是非、近くで見たいものだと教えられた道を辿っていくことにしました。
185 (750x500)


気は急くけれど、《帯状疱疹》の痛さが一向に治まりません。
頻繁に右胸部~右背中~右腕にかけて激痛が走り、夜中も何度も目が覚めます。
ブログの説明も、左手で記しています。
と言う訳で、今日はここまでです。この続きは次回に。
それでは、又、楓岸(ふうがん)と言われる辺りでお会いしましょう。 
今日は、コメント欄閉じさせて頂いています。
スポンサーサイト
  1. 2015/02/04(水) 00:00:00|
  2. お出かけ

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示