まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

「津嶋神社」

参拝者が順次帰り始めたので、そろそろ「津嶋神社」に向かう事にした。
DSC04257 (750x395) (2)


町を歩いていると「お久しぶりです。お元気ですか。」 と挨拶され、
「やあ、ありがとう。君は元気でやっていますか。」と挨拶するも、名前が咄嗟に出て来なくて焦る時がある。
 ※ この橋は250mあり、橋桁は鉄筋で出来ていて、板は普段外されています。
DSC04259 (750x562)
そんな時は、何かヒントが得られるような話をするが、どうしても思い出せない時がある。
相手に悪いなと思いながら何とか思い出すような話をするのだが焦れば焦る程混乱する。
そんな時、素早く僕の内心を察して、「愛媛のみきです」などと言ってくれたら助かる。
DSC04265 (661x750)
特に、子ども連れや恋人らしい人と一緒の時などは、「ぇ~誰だったっけ?」なんてことは聞けないですからねえ。
名前が分かっていたら、「やあ~、丸亀の《鳥奉行・骨付きじゅうじゅう》」君、元気そうだね~。子どもさんですか。
君の小さい頃によく似て、とても可愛い子たちだねぇ。幾つになったの?」と、話もできるし、
DSC04263 (750x531)
「僕はあの島の○印辺りで生活しているんだよ。」と話も膨らむ。相手も名前を覚えていてくれたら嬉しいしね。
反対に名前を忘れられていたら、寂しい思いをするだろうし、子どもや恋人の前だったらプライドも傷つく。DSC04262 (750x575)
だから僕は、久しぶりに会う人(特に年配者)には、自分から「徳島の石井町の《ふじっこ》です。」
と言ってから挨拶をするよう心がけている。
DSC04273 (511x750)
「ところで喜多さん、橋の上で出会った可愛いぬいぐるみたちは?」
「失礼。いきなりびっくりしたでしょう。《津島ノ宮駅開業百周年記念》のお祝いに駆けつけた各地の「ゆるきゃら」さん達です。
DSC04270 (750x536)
そうこうしている内に小さな島にある 「津嶋神社」 本殿に到着です。
DSC04271 (607x750)
階段途中から拝殿等を振り返ると、神社の拝殿が見えている。
DSC04276 (640x750)
折角なので島を廻ってみることに。潮?引き潮なので大丈夫。 遠く粟島も見える。
資料■津島神社本殿は、周囲をウバメガシの純林がとり囲む周囲約150mほどの小島で、
海水面付近には様々な形の岩石が見られます。
DSC04280 (750x498)
■岩石は、第三紀中新世の中期ごろ(およそ1,500万年前)の火山活動に伴う古銅輝石安山岩、火道充てん角礫岩などよりなる。島の北側から西側を中心として、溶岩の冷却時に形成される柱状節理、およびそれと直交する板状節理が発達しており、部分的には放射状節理とそれに直交するリング状板状節理が見られます。
DSC04284 (750x530)
島を一周してくると、《津島ノ宮駅開業百周年記念》イベントに参加した「四国鉄道少年団」の皆さんが集まっていた。
この《鉄道少年団》の組織は全国にあるそうで、四国四県はまとめてこの一つということです。
DSC04285 (750x523)
参拝を終え、拝殿の方へ戻ると未だイベントが続いており、ちょうどお祝いの《餅投げ》が行われていました。
DSC04292 (750x563)
次の目的地に行くため、踏切を渡り、駐車場に向かいます。丁度、高松行きの電車が入線してきました。
DSC04295 (750x561)
夏の大祭以来の混雑でしょうか。
DSC04300 (750x498)
かわいい駅舎もビックリしているでしょう。
DSC04306 (750x611)
記念にと、お昼の散らし寿司とマグネットバッジを買って、次の目的地に向かいました。
DSC00399 (746x750)
それでは、また、次のあの場所で元気にお会いいたしましょう。 
スポンサーサイト
  1. 2015/06/05(金) 07:41:08|
  2. お出かけ
  3. | コメント:4
<<JR四国/土讃線「黒川駅」にて | ホーム | 「津島ノ宮駅」>>

コメント

こんにちは。

コメントありがとうございました。
お気遣いもありがとうございます。
  1. 2015/06/05(金) 08:35:45 |
  2. URL |
  3. S-masa #-
  4. [ 編集 ]

いやぁ~・・・
以前ボランティアで夏祭りの前に島の周りを清掃して、拝殿手前右側にある社務所?でカレーとなすびの辛子漬けをお昼に頂きましたが、それ以来茄子の辛子漬けに病み付きになりました・・・
懐かしいなぁ~・・・
  1. 2015/06/05(金) 18:25:55 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

S-masa さん
多忙な中、いつも訪問頂きありがとうございます。
海に山に棚田にと固唾を呑みながら楽しませていただいています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多さん
いつもありがとうございます。
大祭のためのボランティアご苦労様でした。
》茄子の辛子漬け
私も好きで買ったり作ったりしています。
今年も茄子を沢山植えましたから楽しみです。
  1. 2015/06/05(金) 20:19:47 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメ M さん
いつもありがとうございます。
《鳥奉行・骨付きじゅうじゅう》」君
インパクトがありましたか~。やっぱりね・・・。
僕もはじめは余りにもリアルなので、恥ずかしく
「やめてくれ~!」って思っていましたが
、だんだん慣れてくると、《可愛い》ければ良いってもんじゃあねえぜ!!
と開き直れるようになりました。www
《うどん》のゆるきゃらもなれました。www
《骨付き鳥》は丸亀の名物で、これはなかなか美味しいですよ。
専門店も何軒もあります。この頃は人気が出てきたのか、
真空パックになって、スーパーでも売っています。

  1. 2015/06/06(土) 16:50:27 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示