まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

長閑な風景  2 (三豊市山本町界隈)

今日は、田植えの様子と、初めて行く県境に一番近いこの集落の様子等をお伝えします。
DSC00081 (750x563)

一念発起、四国八十八ヵ所の巡礼を終えたばかりなのに、彼は疲れも見せず田植えを始めました。
084 (750x563)
「遅くなったので日焼けしちゃって、これ以上遅れると可愛そうだから。」そう言って苗の頭を撫でスタートしました。
DSC00049 (750x498)
あれ~、植えてないじゃん。・・・故障じゃないの?それとも予行練習かな・・・ www と思ったら、
DSC00051 (750x494)
田植え機トラクターの故障や練習ではなく、外側の二周は、①田植え機がターンする幅と、
DSC00054 (635x750)
②最後の一周を植え終えて、田から出るスペースを取らないと、折角植えた苗を踏む事になるので、
横から出ている棒で印をつけながら周っているそうです。聞くと、初めから目測で植えて行くのは無理だとの事です。
DSC00058 (750x498)
弥生時代は籾(もみ)を投げ入れて稲作をしていたのになあ・・・と思いながら、妙に感心して眺めていました。www
DSC00061 (750x540)
田植え機二台分のスペースを開け、苗を植え始めました。丁度そこへ、同じく山本町にお住まいのYさんが通りかかり、
この奥の集落に、僕の好きそうな所があるからと、わざわざ案内してくれました。
DSC00068 (750x563)


興味津々。どんなところかと心弾ませながら付いて行きました。
ホタルの飛び交うこんな小川の横を5分程走り、
DSC00348 (750x498) (660x475)
案内されたのが、ここ山本町の最奥部にあたる長野地区。四国山地の山懐に抱かれた静かな集落です。
この奥へ行く、と雲辺寺への遍路道があり、直進して峠を越えるともうそこは徳島県三次市です。
DSC00071 (750x498)
何と言う事、辺りは何枚ものきれいな棚田が広がっていました。思いもしなかった光景に感激です。
中央に赤く見えるのは、新しく出来た不動明王のお堂。
DSC00075 (750x498)
農道を上り、案内された作業小屋では一人お爺さんが仕事をしていました。
案内してくれたYさんが、「○○の息子です。」と名乗ると
DSC00077 (750x490) (2)
「ああ、□□へ行きよった○○さんの息子はんな。・・・」 初対面とは思えない程二人の話は弾んでいました。
見るからに温厚そうなお爺さんの笑顔が余りにもすばらしかったので、遠慮なく近くで撮らせて貰いました。
DSC00079 - コピー (750x551)
その作業小屋がここです。 (○印  向い側の旧家の庭から撮らせて頂きました。
丁度稲が実る《ちょう祭》の頃、再び訪ねてみようと思いました。 
《ちょう祭》は香川や愛媛等に伝わる勇壮な祭です。(下記 《山本町のちょうさ祭》①②参照)
DSC00089 (750x568)
長く眺めていたかったのですが、田植えのその後の様子も見たかったので、来た道をとって返しました。
DSC00091 (750x498)
田に戻って来た時には田植えは大分はかどっていました。
DSC00096 (750x498)
苗を曲がって植え込まないように、田植え機がつけた印と前方の目標を交互に確かめながら植えていきます。
DSC00101 (750x599) (2)
最後の二周分を残してこのように中央部を植えていきます。そして最後に、外側を二周して田から出て行きます。
この田が最後で、今年の田植えは全て終わったそうです。因みに、植えた苗は「こしひかり」収穫は9月末から10月頃です。
DSC00105 (750x529) (2)
本土に渡った目的の買い物があるので、普段は会社勤めをし、休日にこうして父の手伝いをする彼の後姿を頼もしく思いながら帰ってきました。
DSC00106 (582x750)
今日はの話はここまでです。この後の事などは、又、次回に。
それでは、また、笑顔でお会いしましょう。
*********************************************
この地区《三豊市山本町の《ちょうさ祭》の様子です 
 「山本町の《ちょうさ祭り》」 ①  
  「山本町の《ちょうさ祭り》 ②
スポンサーサイト
  1. 2015/06/21(日) 09:08:40|
  2. 三豊市(山本町,財田界隈)
  3. | コメント:6
<<長閑な風景  3 (三豊市山本町界隈) 折角撮ったものだから・・・ | ホーム | 長閑な風景  1 (三豊市山本町)>>

コメント

 現在、田植は、こんなふうにやるのですか。機械を使うのだろうとは思いましたが、細かいことは知りませんでした。農業のことを知らなくても、食べるものに困らないというのは、良いことなのか、悪いことなのか、よくわかりません。
 去年の秋ころからずっとやってきた親の家の件が、きょうひと区切りついたので、ほっとしています。
  1. 2015/06/21(日) 22:47:04 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメ S さん
ありがとうございます。
水田がない・・・品種改善がすすみ、今では美味しいお米が全国何処でも作られると思っていました。
疎開先では見ていられたのですね。
今いる粟島には(今はありませんが)他の集落にありましたが、小さな島ですから広々とした田はありませんでした。

ラムダさん
元気にやっていますか。
今日の機械植えの段取り・・・
ラムダさんのような田植えを見る機会のない人たちを多分に意識して説明しました。www
どう植えていくのか、僕も初めてで、うまく伝えられなかったと思いますが・・・。
外周を2周分余して植えていくことなど全く知りませんでしたからね。
考えてみれば当たり前のことなんですけどね。
如何に我々は狭い社会の中だけで生きてきたことか・・と改めて思いました。
お家の件、良かったですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鍵コメ ac さん
ありがとうございます。
山本町や財田方面「徳島との県境に近い町は、
今日のような景色が広がっていますから好きで食料買出しで週に一度は本土に渡りますが、その際は毎回のようにこのあたりは走ります。
長閑で、実に良いです。
南武山のような長閑さがありますよ。www
  1. 2015/06/21(日) 23:45:03 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

私は、この田植え機の運転が苦手で、前方に目標の竹ざおを突き刺さないと、横のガイドローラーでは真っ直ぐに植えられません・・・
田圃は、頼んで作って貰っていますから、もう運転することは無いでしょうが・・・
  1. 2015/06/22(月) 18:59:25 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多さん
》前方に目標の竹ざおを突き刺さないと、横のガイドローラーでは真っ直ぐに植えられません・・・

山本町の青年も、最初、ガイドローラーで外周に《あたり》をつけながら二周し、
後は田植え機がつけた印と遠くの目標物を 目印にしながら植えていくそうです。
  1. 2015/06/22(月) 21:29:24 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

腰痛めちゃったのですね。
イタドリとスイバめ!
しばらくは腰痛ベルトすると良いですね。
お大事にしてくださいね!
  1. 2015/06/22(月) 23:43:31 |
  2. URL |
  3. aunt carrot #Hzu7QKvo
  4. [ 編集 ]

aunt carrot さん
おはようございます。
ごしんぱいいただきありがとうございます。
イタドリとスイバ・・・厄介です。特にスイバはごぼうみたいに地中深く太い根が入っていますから、一寸大きくなったのは手では抜けませんからね~。
他家の空き地ですが、草茫々になっているのは見るのも嫌ですからね~。

昨夜は、いつもより二時間ほど早く寝ちゃったので、
きっちりその分早く目が覚めてしまいました。いったん目が覚めると、もう布団に入っている事ができない性分で、起きてしまいました。
腰は昨日に比べると劇的に良くなって来ていますが、未だ畑仕事はできそうにありません。
四時半に起きても島だから新聞はまだ届かないし(船の関係で、8時少し前)、散歩する気は出ないし・・・結局、明日UPのブログをと思ってパソコンに向かった次第です。www
夏至だからもう明るく海を眺めながらはじめました。でも霧が出て、間近を通る漁船だけで、沖に霧で停泊している貨物船や本土も見えません。

  1. 2015/06/23(火) 05:32:37 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
ノスタルジア (3)
桜 (12)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (38)
高野山・京都 (19)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (99)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (1)
愛媛 (6)
徳島 (21)
高知 (11)
お寺 (0)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
黒川/財田駅周辺 (21)
島の桜 (9)
香川のお寺や神社 (88)
島の春 (9)
紫雲出山 (21)
三浦半島 (7)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示