まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

三豊市「佛厳寺」の蓮 

「地蔵寺」を出た後、近くの「佛厳寺」に向かった。
DSC01667 (750x563)


門前の側溝に植えられた蓮は、台風の影響も然程受けず見事な花を咲かせている。
DSC01650 (498x750)
「蓮は泥より出でて泥に染まらず」
DSC01712 (560x750) (2)
泥水の中から生じ清浄な美しい花を咲かせるその凛とした姿は、「かくあれ」と我々を諭す。
DSC01707 (750x498)
その気品高い白い姿は、どこか《孤高の人》を思わせ魅力がある。
DSC01679 (580x750)
な~んて言いながら、煩悩具足の身、こちらの乙女子を思わせる薄赤い花にも心が揺れる。 バシッ!
DSC01661 (561x750)
偶然ではあるが、この寺(浄土真宗)の宗祖・親鸞さんも若い頃は学問やその他の事で随分悩み苦しまれた。
DSC01675 (562x750)
専修道場の比叡山を下り、本願念仏の教えを説かれていた法然聖人(ほうねんしょうにん)の弟子となられ、
専心念仏の道に《安心》を得て、後に浄土真宗を開き、生涯《非僧非俗》の身を貫かれた。
DSC01660 (562x750)
そんな事なども思いながらピンクの蓮や白い蓮を撮っていた。門前の蓮ばかりでなく、
庭の草花等も撮らせて頂いたので、挨拶してから帰ろうと玄関に回ったら生憎留守の模様。
DSC01676 (750x582) (2)
二人してどこかに出かけられたのかなと、本堂前でじっとこちらを見ていたこの御方に尋ねると、
「わしは、知らん(親鸞)よ。」との返事です。 (バシッ! ここで洒落かい)
DSC01694 (542x750)
仕方なく《訪ね人あり》を知らせるべく、蓮の一片(ひとひら)を玄関の蹲に浮かべて山門を下った。
後日伺った際、その節の失礼を述べると「やはり喜多さんでしたか・・・。多分そうだろうと思っていました。」と笑顔。
冷えた好物の《甘酒》をご馳走になり、加えて和尚さん手打ちのうどんまで土産に頂き恐悦至極。
DSC01689 (750x498)
おまけ。この日最終便で帰った時の風景です。
DSC01726 (750x562)
右が粟島、左は荘内半島。
DSC01732 (750x514) (2)
瀬戸大橋、高松方面。(目をこらしても瀬戸大橋は画面より少し左、高松は遠すぎるので見えません)
DSC01740 (750x351)
出発した須田港方面。
DSC01753 (750x498)
15分で粟島到着。《天平の甍》ではなく、浦島太郎伝説の地ゆえ、竜宮城を模した下水処理施設。
DSC01755 - コピー (750x563)
港近くのリゾートホテル 「ル・ポール粟島」  。是非一度。(ペットも別棟コテージで可)
DSC01767 (750x555)
「ルポール粟島」の隣、島のシンボルである旧海員養成学校の本館(現、海洋資料館 大正9年築の文化財)
DSC01768 (750x583)
それでは又、元気な笑顔でお会いしましょう。 
スポンサーサイト
  1. 2015/08/16(日) 01:10:00|
  2. 香川のお寺や神社
  3. | コメント:9
<<いつもの風景 | ホーム | 三豊市「地蔵寺」の古代蓮 Ⅱ>>

コメント

白い蓮って素敵ですね。
5枚目のがとても好きです(^^)/
  1. 2015/08/16(日) 17:58:17 |
  2. URL |
  3. UP #yftrNhoQ
  4. [ 編集 ]

UP さん
ありがとうございます。
5枚目は、同じような写真ばかりではと思ってソフトモードにしてみました。
これからもよろしくお願いいたします。
  1. 2015/08/16(日) 21:19:54 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

 蓮の花、きれいですね。真ん中の部分だけ残るのがおもしろいです。夕焼けもきれいですね。
 ここのところ、夏休みをとってけっこう休んでいるのですが、毎日やることが多くて、なんだか忙しいです。
  1. 2015/08/17(月) 00:12:43 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

ラムダさん
暑さも一息つき、粟島もここ2日間は少し楽になりました。
蓮の真ん中部分は花托(かたく)と言われている部分です。
花の付け根の花床(かしょう)という部分が大きく成長したもので、
苺やイチジクはこの部分が特に発達したものです。
食べた事はありませんが蓮の花托も若いうちは食べられるそうです。
蜂の巣に似ているところから蓮は「ハチス」と呼ばれていました。

普段忙しいのだから休みを取っている時ぐらいはのんびり過ごす様に心がけてくださいね。
  1. 2015/08/17(月) 06:15:50 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

最近涼しくなってやっと空に雲ができるように成りましたねぇ~・・・
これで夕焼けや朝焼けが出来るように成りましたから、朝夕が楽しみになってきました・・・
しかし地蔵寺の近くの佛厳寺にもハスが有ったんですねぇ~・・・(シラナカッタ・・・
  1. 2015/08/17(月) 18:58:41 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多さん
佛厳寺は3種類の蓮があります。
庭の手入れもよく、色々な草花が植えられていて気持ちの良いお寺です。
もうすぐ、コウホネが咲く頃だと思います。

今日の突然の雨はすさまじかったですね。
短時間(20分位?)でしたが、突風も吹きまるで嵐。
まるで11号台風の時のようでした。「雨だけなら興の方が激しかった)
お蔭様で畑の水遣りは2日くらい休めます。www
  1. 2015/08/17(月) 23:03:38 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

今日も楽しく拝見させていただきました

「《訪ね人あり》を知らせるべく、蓮の一片(ひとひら)を玄関の蹲に浮かべて・・・」

こんな風流なことが出来るのは 喜多さんだけでしょう
優雅な雰囲気に包まれました^^

お帰りの際の夕焼けの美しさには 感動でしたね!
素晴らしいです^^
  1. 2015/08/18(火) 12:30:57 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

ユウスケさん
ありがとうございます。
僕の住んでる三豊市には大きな湖沼があって蓮が咲いている所はありません。(多分)
だから、風景写真は撮れません。e-260

》蓮の一片(ひとひら)を玄関の蹲に浮かべて・・・」
筆記道具もなかったものでメモ書きも出来ず、窮地の策。
多分、僕だと察してくださるだろうと・・・。  www

  1. 2015/08/18(火) 21:40:49 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメSさん
ありがとうございます。
純白の蓮、気品があって良いですね。
こちらの方は何処にでもと言う事ではありませんが、かといって、珍しいと言うほどではありません。
もう少し大きい(園芸品種?)純白の蓮も見かけます。
かっては、高松空港へ行く途中、あちこちで見かけましたが最近は、少なくなりました。
  1. 2015/08/18(火) 21:49:41 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
ノスタルジア (3)
桜 (12)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (38)
高野山・京都 (18)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (99)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (1)
愛媛 (6)
徳島 (21)
高知 (11)
お寺 (0)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
黒川/財田駅周辺 (21)
島の桜 (9)
香川のお寺や神社 (88)
島の春 (9)
紫雲出山 (21)
三浦半島 (7)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示