まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

四国八十八ヶ所「志度寺」

昭和37年(1962)に 重森三玲 によって造られた枯山水「無染庭(むぜんてい)
志度寺縁起にもなっている、竜神から宝珠を取り返す「海女の玉取り伝説」の情景に因んで七個の石を配した石庭。
今日はこの「無染庭」を主に。石が五個 しか見えない謎は後述。
DSC02007 (750x498) (750x498)



納経所に立ち寄った際、以前書物で知った「無染庭」「曲水式庭園」の所在を尋ねると、奥の休憩所に案内され、ガラス窓越しに見える「無染庭」と重要文化財の「絹本著色志度寺縁起」について丁寧な説明を頂いた。
DSC01985 (750x626)


写真の許可を願うと、「どうぞ、書院の方から撮ってください。」との承諾に礼を述べ、書院の門を潜った。
DSC01986 (750x498)


書院から見た無染庭。竜神から宝珠を取り返す「海女の玉取り伝説」を表現したもの。
中央に配置された石組みは、海女の潜った真珠島に藤原不比等の乗った舟が着岸している情景だという。
DSC02005 (750x498)
ではここで、七個の石の謎解きです。こちらから見ると確かに五個しか見えません。
見えない二個の石は何処に・・・?
DSC02007 (750x331)
反対側から見ると、①、②、③・・・・⑦。確かに七個ある。大きな石の裏側に二個の石が隠されていた。
■「海女は真珠島の海中に潜り宝珠を取り戻したが、龍神に見つかってしまう。追われる途中自分の乳房を短刀でえぐり、
その中に宝珠を隠した。不比等が上げてくれとの合図の縄を引き上げると、血に染まった海女の乳房の中から宝珠が出てきた。ししかし、海女は藤原不比等の腕の中で息を引き取ってしまう。」 
DSC02008 (750x498) (2)
この隠された二個の石こそが、海女が命と引き換えに胸を裂いて隠したと言われる宝珠を表現したものだという。
海女の、不比等と我が子房前に対する愛情の深さを思いながら、改めて石庭を眺め遠い悲話に思いを馳せた。
DSC02009 (498x750)


「曲水式庭園」はその「無染庭」の隣にあった。
資料■水墨で描いた山水画をほうふつとさせる景観で知られる曲水式庭園は、室町時代に讃岐の守護であった細川氏の寄進による美しい庭で、滋賀の秀隣寺、三重の北畠神社と並んで、わが国には三つしかない珍しい庭園。
志度寺曲水式庭園1 (750x498)


優雅な曲水の流れもあったはずだが、今は以前書籍で見た面影はなく、こちらも“枯山水”状態だった。 バシッ! 
志度寺曲水式庭園2 (750x498)


こちらは「無染庭」の生垣の裏手にひっそりとあった「お辻の井戸」。
■歌舞伎や浄瑠璃で敵討ちの演題として有名な「花上野誉石碑(はなのうえのほまれのいしぶみ)」
の主人公田宮坊太郎の乳母・お辻が、坊太郎の敵討ち成就の願掛けに水垢離(みずごり)したと言われる井戸。
DSC02013 (750x564)
昼も過ぎたので、次に向かったのは「屋島」と対峙する五剣山。庵治石の採れる山の中。  それにしても暑い! 、  
というところで、本日ここで事切れました~。その後のことは、次回にでも。 
DSC02015 (750x561)
それでは又、元気な笑顔でお会いしましょう。  本日も、コメント欄閉じさせて頂いております。
***************************************
【志度寺・「海女の玉取り伝説」】
その昔、唐に嫁いだ藤原鎌足の息女白光は亡き父の供養物として数々の宝物を兄の藤原不比等に届けようとしました。
ところが、宝物を積んだ船が志度の浦にさしかかったとたん嵐が起こり、
中国に二つとなき宝物「面向不背の玉」が龍神に奪われてしまったのです。

不比等はこの玉を取り戻そうと、身分を隠して志度の浦へやってきました。
ここで漁師の娘であった海女と恋に落ちたのです。
”房前”という男の子も授かり親子三人で幸せに暮らしていました。
しかし、不比等が志度の浦に来た理由を知った海女は、
愛する夫のために玉を取り戻そうと死を覚悟で竜宮へ潜っていったのです。

海上で待つことしばし。海女の合図で命綱をたぐった不比等の前に現れたのは、見るも無惨な海女の姿でした。
海女は間もなく、不比等に抱かれたまま果ててしまいました。
しかし、玉は海女の命に代えて縦横に切った乳房の中に隠されていたのです。

その後、玉は奈良の興福寺に納められました。藤原家を継ぎ大臣にまで出世した房前は、
やがて志度寺を訪れ千基の石塔を建立、小堂を大きな堂塔に立て替え、さらに法華八識を惨めて、
亡き母の菩提を弔ったということです。
この「玉取り」にちなんで志度の浦は玉浦と呼ばれています。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/26(水) 00:00:00|
  2. 香川のお寺や神社

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (28)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示