まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

城の山から (1/2)

8月26日、天気も良く、体調もほぼ回復したので、今年初めて城の山(222m)に登って来ました。
今日はその城の山からのパノラマをご覧下さい。
DSC02566 (750x498)



数年前までは一気に頂上まで登っていたが、流石に体力低下も顕著で、心臓が高鳴り、大汗もかいたので、
無理のないペースでゆっくり登った。8合目で一休み。、讃岐富士が見える。
DSC02562 (750x562)


立ち止まると蚊の猛攻があるので(蚊は歩いていても刺す)、 結局は一回きりの休憩。
勿論、休憩中も虫除け網の付いた帽子着用。30分程で頂上直下の展望台に到着。
DSC02568 (750x529)


目を詫間湾に転じると、いつも我が家から眺める馴染みの景色。
須田発15:05発の定期便が島に帰って来る。
DSC02569 (750x498)


反対に燧灘、倉敷方面を見ると沢山の島が見える。
阿島山の左手の小さな島は、二面島(ふたおもてじま)。 瀬戸内航路を運行うる船舶にとっては重要な島。
DSC02570 (750x498)
この島を境に、手前が瀬戸大橋を潜って、高松、神戸、大阪方面行きの上り航路。反対にこの島の向こう側(沖側)は
瀬戸大橋方面を潜り、広島、九州方面行きの下り航路になってる。「中央分離帯」の役目を果たしている。
040 (750x500)


二面島からずっと右(北)へ目を転じると遠くに瀬戸大橋が見える。
DSC02572 (750x498)
上り航路を行く貨物船の列。。右手前は粟島の上新田、左は高見島の港集落。右、四国坂出。
014 - コピー (750x417)


空気がすっきしている時は、JR瀬戸大橋線や、自動車の走る様子も良く見える。
032 (750x343)


定期船入港。眼下は粟島の潟地区、上方は上新田地区。
DSC02575 (750x498)


更に、頂上展望台に上ると、360度の大パノラマが楽しめる。
ここからは、愛媛~広島~岡山~徳島方面が見渡せる。
DSC02580 (750x568)


西には三豊市荘内半島が正面に横たわっている。左端は愛媛県川之江市。
 DSC02582 (750x481)


川之江市の製紙工場の煙突が見える。目を凝らして見ていたら、「日本丸」が見えた。(次写真)049 (750x563)
以前は粟島沖で停泊訓練をし、カッターで島に訪れ、歴史的な船舶資料や北前船の歴史や資料を展示していた「海洋記念館」で学習もしていたが、最近来なくなったのでどうしたのかと思っていたらこんな所に・・・。詫間湾、嫌われたのかな・・・?
052 (750x476)


荘内半島から更に北へ目を移すと、岡山県六島が見えて来る。 
六島は、西浜から正面に見え、夕日を撮る際の良い被写体となっている。 手前の赤い花は「クサギ」
DSC02583 (750x498)


更に目を北に向けると、岡山県/笠岡、浅口、倉敷方面の島々が見える。
DSC02584 (750x498)
もっと眺めて居たかったが、一人だったので心配かけてはいけないと展望台を後にして、
(毎年、春、秋に有志が集まって城の山清掃をしているがこの有様)
DSC02604 (750x565)
こんな山道を下りて帰って来た。14:45頃から登ったので約2時間の登山だった。
DSC02609 (750x545)
頂上からの望遠写真等は、まだありますので次回に。
それでは又、元気な笑顔でお会いしましょう。 
スポンサーサイト
  1. 2015/09/02(水) 00:40:54|
  2. 城の山より
  3. | コメント:7
<<城の山から (2/2) | ホーム | 四国八十八ヶ所霊場「八栗寺」~「国分寺」>>

コメント

ん~これだけの展望があれば、夜景はさぞかし綺麗でしょうねぇ~・・・
前回行った時は、こんなに晴天じゃぁ~有りませんでしたから、少し風景がぼやけていました・・・
  1. 2015/09/02(水) 16:21:27 |
  2. URL |
  3. 我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多さん
その日の天候によって瀬戸大橋も良く見えたり、見えなかったり景色も随分と変わります。
夜は家から出ることはありません。

夜、山に登ったことがありませんから分かりませんが、もともと(本土も)灯りが少ないですから夜景はどうでしょう・・・、都会のような絵は撮れません。
ただし、星空や船の航跡など撮ると良いかも知れませんが、一人で出かける勇気はないですね。
2,3人で行けば大丈夫ですが、島の人は夜に出かける人は一人もいませんし・・・www
家の前の浜で写真撮るのが精一杯です。
  1. 2015/09/02(水) 21:51:58 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメ Sさん
ありがとうございます。
皆さんが地元の風景や旅行に行かれた時に撮られる風景など見るのがとても楽しいです。
あそこにも行きたい、ここにも行きたい。
例え行けなくても、写真を見ながら地図で場所を確認したり、
その土地の歴史や史跡をネット等で調べたりするのも楽しいですね。
  1. 2015/09/02(水) 22:05:29 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

蚊の攻撃を受けながらも 最高の眺めを撮影されたんですね
お疲れ様でした
しかし ずいぶん高い所まで登ってこられたんですね
そこまでの体調の回復ぶりを読ませていただき うれしい記事でした^^

石段の数もすごいですね・・・
でも こんな素晴らしい光景を目の当たりにしたら 
そういったご苦労も吹き飛びますよね

この見事な眺望を 喜多さんの解説入りの写真で 
大いに堪能させていただきました
天気も良くて 最高でしたね!アップありがとうございます^^
  1. 2015/09/03(木) 20:24:31 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

大変、ご無沙汰してます!

公私用事のうち、『私』の方がひと段落しました。
1ケ月間疲れました。血圧も高くなってて病院に行って来ました。
明日からは、今度は仕事が・・・。決算月が無かったら
良いのですが、しばらく薬とお付き合いしながら頑張りたいと・・・。
また、以前のように写真も撮りに行けたらと。。。
頑張ります。またお願い致します。
  1. 2015/09/03(木) 21:16:36 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメ M さん
ありがとうございます。
これが我が故郷三豊市粟島からの眺めです。
学校も、コンビにも本屋も、な~んにもない島ですが良いところです。
一句詠みたいところですが、《句にも詠めない美しさ》なもので・笑・笑・笑・

》絶景かな!向こうが本州、山並は中国山脈ですね。
はい、そうです。よく見えます。
香川県は日本一狭い郷土ですから、直ぐに県境です。・笑・笑・
島と本土の港までの距離は調度一里。
島と本土を結んでいる定期便は15分。
一日8往復の便が走っています。
急ぎの時は《船タクシー》を使います。
  1. 2015/09/03(木) 23:40:25 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

ユウスケ さん
おはようございます。
と、言っても、もう日は随分高いです。
クマゼミもこれが最後と鳴き続け、そろそろ夏も終わりです。
体調が良かったので、気分転換に登ってきました。
春の登山道一斉清掃日は雨で中止になったので、今年初めての山登りとなりました。
ところが(後日分かった事ですが)雨も小降りになったと言う事で、有志数人が清掃登山をしてくれたそうです。ありがたいやら、申し訳ないやら・・・。複雑な気分です。

それにしても蚊の多さには参りました。
もともと刺されやすく、その上、傷がなかなか治らない体質なので、数日痛痒さが残りました。
防虫スプレーと長袖、長ズボン、網付き帽子と完全防御対策をしていったのですが駄目でした。e-350多分、若い血に飢えて痛んだと思います。wwww

山道は良く整備されているので問題はないのですが、今年は台風が22度も来ましたから木の枝が折れて登山道を塞いでいたり小枝が散乱して歩き辛かったです。
頂上部の良く日の当たるところは草の成長も早く、展望台までは道が分からないくらい伸びていました。
秋にある清掃日は春の分もしっかりやってこようと思っています。
山の持ち主ももう何十年と山を放置したままですから雑木が年々大きくなってきて、眺望は年々悪くなってきています。
以前は登山道から景色も良く見えていましたが今では、途中は写真にある6合目からだけしか見えなくなってきてしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kenさん
大丈夫ですか?体調に気をつけながらやってくださいね。(って、喜多さんに言われたくな~い・・ww)
それでも頑張らねばならない・・・・勤め人の宿命ですね。
日本人は無理してでも頑張ってしまいますからね。
健康第一・・・なんて、今でこそ僕も言いますが、現役の頃はそんな事は、(怠け者の言うことだと思って)口には出せませんでしたからね・・・。
こんなこと言ったら「休んでなんか居ないで、頑張れ!」と言っているように聞こえますが・・・。www
そうではなく、本当に無理だけはしないでくださいね。
Kenさんが倒れたら、お母さんが辛がりますよ。


  1. 2015/09/04(金) 10:17:08 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示