まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

彼岸花  高瀬のお堂

今日は、香川と徳島との県境にある財田の「道のえき」へ向かう途中に出合った「彼岸花」の咲く風景です。
DSC02834 - コピー (750x563)

「彼岸花」は特段珍しい花でもなく、どこにでも見られる田んぼの畦道に咲く花です。
DSC02843 (750x562)


わざわざここで車を停めたのには、二つ理由があり、
一つは、以前から気になっていた農道の先に建っている小さなお堂を確かめる事と、
DSC02836 (750x563)


もう一つは、今年初めて撮る「彼岸花」と、大きな楠木の下に建つそのお堂をコラボした写真を撮ってみたかったからでした。
DSC02855 (750x509)


それでは、お堂に向かう畦に咲いていた「彼岸花」をご覧下さい。
DSC02839 (750x563)


畦に沿った小さな流れを右に行ったり左に戻ったりしながら進んでいきます。
DSC02844 (750x498)


水仙や彼岸花は、このように田畑の畦や土手などによく植えられています。
これは、土に穴を掘り進めるモグラやネズミなどから田畑を守るために植えられていると聞きました。
DSC02847 (750x495)


水仙や彼岸花の球根には(正確には、葉の付け根の部分が重なり合ってできた鱗茎(りんけい)と呼ばれるもの)毒があり、
モグラやネズミが嫌がるためだそうです。
DSC02849 - コピー (750x561)


また、土葬時代は、犬や狐が墓を荒らさないように、周りに出来るだけ多く植えられたとの話も聞きます。
「彼岸花」が何故か暗いイメージが付きまとうのは、そんな理由からかも知れません。
水仙なども同じような理由から植えられたのでしょうが、こちらは暗いイメージは無いですね。。
DSC02862 (750x477)


お喋りしているうちにお堂に到着しました。
お堂の説明板はありませんでしたが、扁額には、「地蔵堂」と書かれていました。
DSC02856 (750x514)


お堂の中を覗くと、お地蔵さんが祀られていました。
昔からこの辺りの人たちから信仰されてきたのでしょう。きれいに清掃され、花も供えられていました。
DSC02866 (750x472)


帰りは周囲を彼岸花で守られたキャベツ畑を通って車に戻りました。
天候不j順で、野菜が高騰しています。モグラやネズミより頭の黒い窃盗団にご注意を! 彼等は新米倉庫も狙いますからね。
DSC02871 (750x537)


稲もたわわに実っています。 これから、「道の駅」へ野菜、果実、新米等を買いに行きます。www 
米は他の米とブレンドしていませんから割高ですが美味しいです。野菜、果実は新鮮で安いです。
DSC02870 (750x503)
それでは、又、元気な笑顔でお会いしましょう。 
スポンサーサイト
  1. 2015/09/23(水) 00:00:00|
  2. 草花
  3. | コメント:5
<<かわいい訪問者 パートⅡ ① | ホーム | 夜明けの風景 上新田>>

コメント

彼岸花!良いですねぇ~・・・
此方では田圃に畦もコンクリートに成って土畦は殆ど見なくなりました・・・
それに伴い彼岸花も無くなってしまいました・・・
趣味で農作業をしている方の畑や未だ土畦が残って良いる田圃に少しばかり咲いているだけです・・・
段々季節の風物詩が少なく成ってきています・・・
  1. 2015/09/23(水) 18:31:52 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

 彼岸花は、不思議な花だと思います。この時期になると突然花があらわれ、短い間でこつぜんと消えてしまいます。この連休中、我が家の近くの田畑を散歩したとき、あちこちで彼岸花を見かけました。彼岸花は、モグラやネズミ対策で植えられたものなのですか。知りませんでした。
  1. 2015/09/23(水) 23:19:52 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

我楽多さん
おはようございます。
時代の趨勢とはいえ都市化とともに便利さや効率化を最優先し、どこもかしこもコンクリート化していってしまいます。
確かに畦道も年配者が歩くのには安全ですが、
風情はどんどん無くなって行ってしまいます。
そこで生活していない者がとやかく言うのは何ですが・・・。汗)
子どもたちには野草が生えている道を歩かせるのは情緒的にも身体的にも(柔らかい土の上を歩く事、自然のうちにバランス感覚が育つ事)いいことなんですが、肝心の子どもたちが近づきません。
親たちも、虫や害虫、蛇などを怖がって子どもたちを近づけないようにしていますからねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラムダさん
おはようございます。
こちらは、朝から雨で、本土は霞んでいます。
昔は、佐原や平作川沿いにも沢山の彼岸花が咲いていましたね。

彼岸花、今はモグラやネズミ避けに植えるところはないと思いますが、
観賞用(観光用)に園芸種が何千、何万株と植えられる様になりました。
一度、そのような所を見てみたい気もしますが、好みから言うとやはり野辺に咲いている方でしょうねえ。人も見に来ていませんから。www





  1. 2015/09/24(木) 09:12:49 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/09/24(木) 11:02:29 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

鍵コメWDPさん
ありがとうございます。
お兄ちゃん、やっぱり日焼けでしたか~。
海水浴と違って背中じゅうでなくて良かったです。
腕ぐらいなら、逞しく見えて良いかも知れません。

腱鞘炎の方は、まだ物は強く握れません。
コーヒーカップ等は傷めた中指で支えますから、痛いので左手で持っています。
でも以前に比べたら劇的に痛さは弱まってきています。
昨日も所用で本土に渡ったついでに、e-224温泉に入って念入りにマッサージしましたから完治は近いのではと願っています。
でも、シルバーサービス400円の日帰り温泉ですからね~。即効性は期待できません。w・笑・w

》おっ!お孫さんの運動会で来られるんですね!!
天気が良い事を願いたいですね!!
大丈夫!喜多さんの行いさえ悪くなければ晴れる!!・・・ハズ(笑)!
その、日頃の行いが一番心配なんです。w・笑・w
事故に遭わないように、猛スピードで帰ります。w・笑・w


  1. 2015/09/24(木) 11:46:34 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示