まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

三豊市「高良神社」の例大祭《ちょうさ祭り》 1/4

10月17日、三豊市豊中町にある「高良(こうら)神社」の例大祭《ちょうさ祭り》を見に行ってきました。
DSC03338 (750x563)

「高良神社」は四国八十八ヶ所70番札所「本山寺」の、 (  右手の本堂は国宝です)
DSC03475 (750x562)


五重塔裏手にある、
087 (560x750)


こんもりとした木立の中に建っている小さな神社です。
090 (563x750)


境内へ行って見るとひっそりしている。
DSC03335 (750x561)


神社入り口である 随神門近くの、稲がたわわに実った田で休んでいる人に聞くと、
「今日は 《宵祭り》で、ちょうさ(太鼓台)の“かき上げ”はなく、今は町内を“お花まわり”しているところだろう」との事。
084 (750x475) (2)


神社の周辺を探して回ったが、「ちょうさ」の人も見当たらない。本山寺横の酒屋さんに尋ねたら、丁寧にも携帯電話で居場所を聞いてくれた。教えられるままに行って見ると、一度広場に集まりって、丁度それぞれの町内に帰るところに出会った。
094 (750x580)


こちは「寺家上」と言われる地区の《ちょうさ》。 あれれ、どこかで見知った顔の青年たちが・・・。www
資料によると、■自治会の青年達により古くなった飾り物を自分たちの手で刺繍の修復を行い、平成11年にかき棒、ハッピを新調して秋祭りに奉納しているという。
096 (750x564)


こちらは本山寺近くの地区の「下組太鼓」。どちらも大きく、2トン程もある太鼓台(ちょうさ)だと聞く。
098 (750x564)


実は、この《ちょうさ》をひく人たちの中にも知った青年がいるのだが・・・見つからない。 
誰か、目の良い人がいたら捜して下さい。 wwwバシッ!分かるわけないでしょう 。 だよね~。
101 (750x563)


こちらの地区は、《ちょうさ》ではなく、《獅子舞》を奉納しているという。祭りに華やかさが加わってこちらも大事。
102 - コピー (750x561)


昨年は町内を回り、本殿に奉納するこの獅子舞の様子を沢山撮らせて貰った。
105 - コピー (2) (750x458)


それにしても、この大きく重たい《ちょうさ(太鼓台)》を長い距離ひいて歩くのは大変だろうと思う。
面白がってぶら下がったりする人はいないのだろうか。www  バシッ!
男衆の曳く太鼓台に乗っている女の子、気持ちよさそうでした。牛車に乗る平安貴族のお姫様みたい・・・ホホホ。
DSC03344 (750x562)


それでは、この《下組太鼓》の後を追って一緒に歩いてみましたからご一緒にどうぞ。 (バシッ!写真撮るだけで、楽じゃのう)
DSC03351 (750x563)


《ちょうさ(太鼓台)》は行く。
ありゃ~、反対側には男の子たちが・・・僕も乗せて欲しいな~。 (駄目!!超、年齢オーバーです) 

DSC03352 (750x426)


子どもたちを乗せて、《ちょうさ》は進む。ぐんぐん進む。 足の遅い僕は置いていかれる。 
DSC03353 (750x563)
どうでも良いけど、わざと“田舎っぽい”ところばかり撮ってるんじゃない?
DSC03357 (750x562)


そんな訳ではないけれど・・・。僕は、街中より田園風景のようなのんびりした風景の方が好きだし、
季節感も出るかなと思ってね。
121 (563x750) - コピー


ほら、ちゃんと街中でも撮ってるでしょ。信号機もあるしね。 (バシッ!) 何せ、島には信号機がないのでつい嬉しくなって。www
DSC03355 (750x563)


「若者たちは“夢”を追い、祭りを背負ってぐんぐん進む」の図。
DSC03358 (750x563)


でも、“夢”はちょっとずつ遠のいていくように見えるけど・・・。否、否、若者の“夢”ではなく、《Youme》の看板の話ですよ。
ここは、良く買い物に来るショッキング・・・否、ショッピング・モールです。(どうも横文字は覚えにくい。 

 DSC03361 (750x564)


あっ、居ました!居ましたよ。僕が捜していた青年です。

 DSC03362 (750x749)


長々のお付き合いありがとうございました。 (バシッ!やっと見つけたのに、終わりかい)
祭りのみなさんご苦労様でした。お待ちかね、お昼の休憩です。僕もここらで一休み。 
四国讃岐は「うどん県」。流石です。※ここは、この界隈では有名なうどん店。本山寺まで来られた方は是非どうぞ。
この夏、サービスの茄子やきゅうりの芥子漬けが美味しくて、レシピを教えて貰って嫁さんに作って貰いました。美味しかった。
DSC03365 (750x563)
今日の話の続きは又、次回に。
それでは、また、明るい笑顔でお会いしましょう。
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
昨年の 「高良神社の《ちょうさ祭り》」の様子です。 
 「高良神社の《ちょうさ祭り》」① 
 「高良神社の《ちょうさ祭り》」② 
 「高良神社の《ちょうさ祭り》」③ 
スポンサーサイト
  1. 2015/11/01(日) 10:30:00|
  2. 香川のお寺や神社
  3. | コメント:7
<<三豊市「高良神社」の例大祭《ちょうさ祭り》 2/4 | ホーム | 月明かりの海>>

コメント

 寒くなってきましたが、おかわりありませんか。
 《ちょうさ》は、ほんとうに大きく重そうですね。下に台車のようなものがありますが、それでも移動は重労働でしょう。また、作るのもたいへんだったのでしょうね。
 車通勤なものですから、最近、休日には近所を歩くようにしています。田んぼや畑の様子が少しずつ変わってゆき、季節の変化を感じます。
  1. 2015/11/01(日) 22:36:14 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

三豊の「ちょうさ」は、大迫力ですね!
喜多さんの写真で見たような気になれました(^_^)/
  1. 2015/11/02(月) 07:32:42 |
  2. URL |
  3. 茶坊たがわ #yftrNhoQ
  4. [ 編集 ]

ラムダ  さん
寒くなりました。寒がり屋の自分は夜には股引(“ももひき”と言っても分からないだろうが・・・ww)をはき、コタツに入り込んでいます。
昼間は畑仕事で汗をかき・・・体温調節が上手くいかず、最近は常に風邪気味状態です。
ちょうさ(太鼓台)はそちらでは見ませんから珍しいでしょう。
2トンもある《ちょうさ》を祭り本番では皆で頭の上まで“差し上げ”るんですよ。
その迫力には圧倒されます。何処にそんな力が秘められているんだろうと思います。
以前、一台のちょうさの制作費を聞いたら「一億は越えるでしょう」との返事が返ってきて驚いた事がありました。

車通勤、気をつけてください。
季節の移ろいを感じながらの車通勤、いいですね。
自分もその楽しみもあって、いつも県境の方まで野菜や果物を買いに行きます。
こちらは渋滞も無く、快適な買い物ドライブを楽しんでいますが、
反面、ウインカーも出さずに急な右左折をする車が多いので気を遣います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
茶坊たがわ さん
ありがとうございます。
高良神社の《ちょうさ》は他所と比べ、数も人数も少ないので
大野原や伊予新居浜のような大迫力と言うわけには行きません。
と言っても、僕は実際には行っていません。実際担いでいる人の話や動画を見ての感想ですが・・e-351
でも、人数が少ないだけ一人ひとりが精一杯頑張らなければ《ちょうさ》は上がりませんので、
その頑張る姿に感動を覚えます。
《かき比べ》の様子は去年にちょっとだけUPしています。


  1. 2015/11/02(月) 10:58:08 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメ Mさん
いつも、ありがとうございます。
コメ欄がずっと閉じられた状態なのでどうしたのかなと思っていました。

重たい《ちょうさ(太鼓台)》町内を回る時は、
座布団といわれる横に付いた飾りも外し、台車に乗せています。
神輿と違って、担いで回わる事は不可能です。
力士が5、60人担いでも一町内持たないでしょう。www
差し上げるのは瞬間の勝負です。それ程重いのです。
それだけに、上がった時は見ている方も感激します。

昨夜、天敵リス君を見て熱が出ました。www
  1. 2015/11/02(月) 11:15:47 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

ちょうさも維持が大変らしいですねぇ~・・・
観音寺の別荘時代に、ちょうさの値段を聞きましたところ、中古で2億円だそうです・・・
更に修理費などが掛かっているそうですから、全部で幾ら掛かったんでしょうかねぇ~???
  1. 2015/11/02(月) 18:45:50 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

「ちょうさ」初めてみました。
重たそうですねぇ~♪
自治会の青年たちが自分たちで修理して維持していくとは、なんとも素晴らしいことです。
「ちょうさ」のいく周りの景色が良いですね。
  1. 2015/11/02(月) 20:45:02 |
  2. URL |
  3. aunt carrot #Hzu7QKvo
  4. [ 編集 ]

我楽多 さん
こちらの祭りは勇壮ですね。
僕は子どもの頃から大勢に人の中に入ったり、目立つようなことが苦手で、
祭りに参加した経験は無いですが、見るのは大好きでした。
観音寺のちょうさ祭りも毎年のように見に行っています。
今年もこの高良神社と日程は同じでしたが、
午後、琴弾神社へ駆けつけました。www
  1. 2015/11/02(月) 22:20:34 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
ノスタルジア (3)
桜 (12)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (31)
高野山・京都 (14)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (99)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (1)
愛媛 (6)
徳島 (21)
高知 (11)
お寺 (0)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
黒川/財田駅周辺 (21)
島の桜 (9)
香川のお寺や神社 (88)
島の春 (9)
紫雲出山 (21)
三浦半島 (7)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示