まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

再びの「正善寺」

「宝光寺」を出て、やって来たのは直ぐ傍にある「正善寺」。
この時期、本土に渡る度に様子を見に立ち寄りましたが、結果的に一番良かったのは二回目に当たるこの日の黄葉でした。
222 (557x750)

グローブのような大きな枝を空に向かって伸ばしているイチョウは、
235 (591x750)


未だ緑の葉がかなり残っていましたが、
223 (575x750)


既に落葉も進み、
230 (750x544)


本堂前の庭を覆っていました。
236 (750x531)

238 (560x750)


尚、前回紹介しました散り落ち葉の漂う庭池は、
041 (750x500)


灯篭の向こうの刈り込みされた植木の陰にあります。
233 (750x500)


この日は本堂横のこちらのもみじが見頃でした。
229 (541x750)


「正善寺」の本堂は大きくありませんが、その屋根は実に堂々とした構えで、大伽藍のような風格があります。
中でも、屋根の一番上の大棟(おおむね)にある装飾瓦は見事です。(望遠でないのでよくわかりませんが)
153 - コピー (750x542) (2)


瓦の事なども無知でよくわかりませんが、鳥衾、鬼瓦もこんな形のものは余り見たことがありません。
224 (657x750)


「軒丸瓦」と言うのでしょうか?端の瓦には「正善寺」の《正》の字が刻まれています。
225 (750x500)


これは、特段珍しい事ではなく、このように古くから寺院の名が刻まれているのは良く見かけます。
R0011797 (750x621)
ご存知、斑鳩三塔でしられる法起寺や法輪寺の寺名入りの瓦です。
R0011763 (750x563)


こちらはどうやら新しい瓦のようで、デザインも多少違っています。
227 (750x500)


イチョウの木の右に見える建物は、山門を兼ねた>鐘楼です。寺の前は田畑が広がっています。
この界隈に良く来るのは、山本町同様にこの長閑な風景を眺めながら走るのが好きだからです。
228 (750x549)
それでは又、元気な笑顔でお会いしましょう。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/11(金) 00:00:00|
  2. 香川のお寺や神社

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (28)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示