まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

久々の銀座、浅草へ ②

今日は、「久々の銀座、浅草へ」その2です。
080 (750x561)

「仲見世」の商店街を抜けた先にある 「宝蔵門(仁王門)。左右に金剛力士(仁王)像が安置されています。
又、山門の背面には高さ4、5m、幅1、5m,、重さ500kgもある巨大な《わらじ》が奉納されていますが、撮ったのは
この大きな提燈だけでした。《大舟》に乗ったつもりでご容赦を。 m(--)m (バシッ!だから《小舟》かい!洒落にもならねえ。)
059 (613x750)


その「宝蔵門(仁王門)」をくぐると、目の前に大きな本堂が迫って来ます。その本堂直ぐ右手前には「お水舎」があり、
手水鉢の上には高村光雲(高村 光太郎の父)作の龍神像(沙竭羅龍王像さからりゅうおう)が安置されています。
「東京にもきれいな空があるじゃないか」と五重塔の方を見ています。
060 (604x750)


因みに■お水舎での作法■
1、最初に右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、左手を洗い清めます。  2、次に柄杓を左手に持ちかえて、右手を清めます。
3、再び右手に柄杓を持ち、左手てに水を受けて口をすすぎ清めます。(柄杓に口を付けたり飲んだりしてはいけない)
4、最後に柄杓を立てて、柄に水を流し清めて元に戻します。
063 (750x581)


本堂にてお参りを済ませた後の境内散策。五重塔とスカイツリーのツーショットもなかなかの景観です。
昔も今も高い塔だけに、“見上げたもの”です。 (バシッ!)
■ 徳川3代将軍家光により本堂・仁王門などと共に建立された国宝五重塔は、太平洋戦争の戦火により、
昭和20年(1945)3月10日、他の伽藍とともに惜しくも焼失した。
065 (598x750)


スカイツリーは浅草寺境内からもよく見えるが、この仲見世を横断するように通っている《伝法院通り》からも良く見える。
見栄を切っているのは一体誰?
「問われて名乗るも おこがましいが 産まれは遠州 浜松在 十四の年から 親に放れ 身の生業も 白浪の 
沖を越えたる 夜働き 盗みはすれど 非道はせず 人に情けを 掛川から 金谷をかけて 宿々(しゅくじゅく)で
義賊と噂 高札に 廻る配符の たらい越し 危ねぇその身の 境界(きょうがい)も最早(もはや)四十に 人間の
定めは僅か 五十年  六十余州に 隠れのねぇ 賊徒の首領 日本駄右衛門~!!!」

ご存知『白浪五人男』のリーダー "日本駄右衛門(にっぽんざえもん)" です。
069 (462x750)


あれれ、《ここにも一人“月の客”》?
否、否。こちらは昼寝もしない“盗人客”が、《ここにも一人“塔の客”》と、うそぶいているのかも知れない。www
■ ①  「岩鼻やここにもひとり月の客」  向井去来
■ ② 【盗人の昼寝】とは・・盗人が夜の稼ぎに備えて昼寝をすること。何を するにも思わくがあることのたとえ。
070 (750x643)


そんなことを思いながらふらふら地下鉄銀座線の「浅草駅」近くまできました。
吾妻橋からスカイツリーを見るのも久しぶりです。やはり、高い! (武蔵の国にそびえているので、高さは語呂合わせで634mだそうです。)
左の高い建物は隅田区役所。右のオブジェのある建物は某ビール会社の建物。やっぱり左を向いている。 (バシッ!声が高い。)083 (750x543)


角の“神谷バー”で 《電気ブラン》でもと思ったけれど、明るいうちから顔を赤くして帰るのも気が引けて、
真っ直ぐ帰る事こ。後は電車一本です。
※この二人、よく似ていますが、僕たち夫婦ではありません。念のため。www (バシッ!間違える人などいません!) 
085 (581x750)
いよいよ今年の千秋楽の幕が引かれはじめました。今日は晦日、明日は大晦日です。
一年間、飽きもせずご訪問頂き、更にはこんなノスタル爺さんの空言や稚拙な写真に拍手やコメントまで頂きまして、
ありがとうございました。義理やお世辞と知っていながらもとても嬉しく励みになりました。 (調子に乗り、禿げ身にも・・www)
それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。、新年もまた笑顔でお会い致しましょう。 
 

スポンサーサイト
  1. 2015/12/30(水) 01:20:00|
  2. 東京

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (28)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示