まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

ふらり「みなとみらい21」へ ②赤レンガ倉庫

今日は「みなとみらい21」の2回目です。この赤レンガ倉庫界隈を駆け足で回ります。
045 (750x503) (2)


赤レンガ倉庫群(といっても2棟しかありませんが)への道は、前回の汽車道とは一変して、
レンガ造りだった旧税関事務所の遺構を残した広々とした公園となっています。
022 (750x563)


季節の花などが植えられた遊歩道を進んで行き、
028 (750x563)


道路を渡ると、もうそこが「赤レンガ倉庫」の商業施設です。
左奥にはベイブリッジがチラッと見えるのですが、この写真ではちょっと分かりにくいですね。 (後ほど一寸よっとだけ) (。>ω<。)ノ
032 (750x534) (2)


歩いて来た方を振り向くと、このよう感じ。大きな観覧車「コスモクロック21」が見えます。
033 (750x528)


こちらは赤レンガ倉庫2号棟です。辺りもだんだん暗くなってきました。
左奥に先程分からなかったベイブリッジと横浜港の大桟橋が見えていますが、今度は分かりますか?
035 (750x583)


ちょっと店の中をのぞいたら、偶然にも丁度店員さんが窓越しにこちらを見ていたのでびっくり。お互いが“はっ”としてました。
良く見ると、それもそのはず“帽子屋”さんでした。( バシッ!空々しい。)
034 (750x586)


何か大きな船が入っているかな・・・と淡い期待を寄せながら大桟橋の方へ進むと、
海上保安庁の《横浜海上防災基地》岸壁に海上保安庁の巡視船「あきつしま」が接岸していました。
■「あきつしま」は全長150メートル、総トン数6500トンで世界最大級の巡視船だ。2013年11月に就役。沖縄・尖閣諸島の警備や東南アジアでの海賊対策や中国漁船によるサンゴ密漁の取り締まりといった重要任務を担っている。
037 (750x570)


この巡視船「あきつしま」・・・聞き覚えや見覚えのある方も多いかと思いますが、昨年の4月 太平洋戦争の激戦地・パラオ共和国に向かった天皇、皇后両陛下。現地での宿泊先に選ばれたのが、この巡視船「あきつしま」でした。 (現地には条件に適合するホテル等ありませんでしたから)
043 (750x547)


そんなニュースを思い出しながら再び赤レンガ倉庫の方へ引き返しました。
中央に見えるのは全高 112.5m、定員480名の世界最大の時計機能付き大観覧車です。
15分程の空中散歩を楽しめるという事ですが、僕は理由あっていつも眺めるだけです。www
038 (750x494)


大桟橋側へ回って、赤レンガ倉庫とJR桜木町駅方面を見たところです。
039 (750x457) (2)


もっと、ゆっくりしたいのですが、段々暗くなって来るし、小用も心配になって急ぎ足で赤レンガ倉庫の中に入っていきました。
すっきり安心した所でゆっくり店内を見渡すと、丁度あの“グラニースミス”がありました。
041 (750x469)


昼に横浜のデパ地下でコーヒー豆を買ったので、“アップルパイ”でもと思いショーウインドーを覗き込みました。
あれこれ思案している時、幸いにもバックの中は昼の買い物等で一杯だということに気付きました。www
残念だけれど、ケーキの箱をぶら下げながらこれから夜景を撮り歩く訳にはいきませんからね~。(見栄ですwww)
047 (750x482)


と、言う理由を自分に言い聞かせ、外に出ました。本当は懐のせいかな?何故か急に寒く感じました。。www
それもそうです。外にはスケートリンクが設えられていました。 (バシッ!そこかい) 
若い人たちの楽しそうな歓声を聞きながら先を急ぎました。(結果はそれで正解でした。我慢して良かった!)
049 (750x518)


右のライトアップされている塔は、前回チラリと見えた横浜三塔の一つ、《クイーンの塔》(横浜税関)です。
057 (750x562)


青くライトアップされている四角い建物は《大桟橋ふ頭ビル》、その後方に見えるイルミネーションは《氷川丸》です。
さて、これからどうしよう。《大桟橋へ行くべきか、家に帰るべきか・・・迷いました。
「To be or not to be; that is the question..」 (違訳)「行くべきか、帰るべきか、それが問題だ。」 バシッ!
053 (750x507)
と、迷ったところで、今日の舞台はここまでです。www その後の事はまた次回に。
それでは又、元気な笑顔でお会いしましょう。 



<
スポンサーサイト
  1. 2016/01/15(金) 00:00:00|
  2. 横浜
  3. | コメント:6
<<ふらり「みなとみらい21」 へ ③「ブルー・ライト・ヨコハマ」 | ホーム | ふらり「みなとみらい21」へ ①>>

コメント

いやぁ~古くからの港町は異国情緒があっていい雰囲気ですねぇ~・・・
最新の建物もそれなりに魅力が有りますが、長い年月を経た建物は歴史を感じます・・・
何時までも残しておいて欲しいものですねぇ~・・・
  1. 2016/01/15(金) 18:35:03 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

赤レンガ倉庫

今日は。

>「赤レンガ倉庫」の商業施設です<
倉庫として使われている筈はないと思っていましたが、商業施設ですね。
小樽の倉庫もそうでした。

毎毎、ご訪問有難うございます。
ここ数日は生き返った快適な生活を送っています。
  1. 2016/01/15(金) 18:59:28 |
  2. URL |
  3. ijin #7ozVZe.w
  4. [ 編集 ]

赤レンガ倉庫、やっぱり良いですね。
拝見してると行きたくなってしまいますよ。
大観覧車から夜景をとったら良いだろうなぁと
いつも思いますが、私もちょっとした理由があってできません。乗れません(笑)
元気はつらつで撮り歩いておられる様子で大変うれしいです。
  1. 2016/01/15(金) 22:19:10 |
  2. URL |
  3. aunt carrot #Hzu7QKvo
  4. [ 編集 ]

我楽多さん
ありがとうございます
日米修好通商条約などによって開かれた所謂「開港五港」(横浜、神戸、長崎、新潟、函館)は、
みなそれぞれ歴史的な建物など残っていて異国情緒もありますね。(新潟港は行った事がありませんが)
ここ横浜も港界隈や山の手に領事館、商館、倉庫等保存されていて今ではとても人気のある所です。
赤レンガ倉庫の中の商業施設は小樽も函館もみな同じような気がして一寸がっかりな感じが無いでもないです。これはどこの観光地も皆同じですね。
観光地はどこも皆個性を失いかけています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ijin さん
ありがとうございます。
》倉庫として使われている筈はないと思っていましたが、商業施設ですね。
小樽の倉庫もそうでした。
函館も小樽もみな、新しいセンスで上手に活用していますね。
港の倉庫を持たない所では、使わなくなった酒蔵や味噌蔵、醤油蔵も・・・。
又、古民家なども上手い具合に改造してしゃれたカフェや飲食処にしています。
アイデアとセンスなんでしょうかね。
ただ、我々が見慣れてきたせいもあると思いますが、
最近はどこも流行に乗った同じようなお店になって
新鮮なワクワク感がなくなって来たように思えるのが残念です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
aunt carrotさん
ありがとうございます。
父の男兄弟は父をはじめ皆船乗りでしたから
横浜港へは中学時代は(外国の土産を目当てに)良く行っていました。www
元町、山手は高校時代学校帰りにふらふらと・・・。(もう時効です。www)
「コスモクロック21」夜は我が家からも色が変わっていくのが見えます。
観覧車は、四国に行き来する時名古屋湾岸道路の刈谷、長島、それに淡路島(最近通らなくなりましたが)のSAにあります。
休憩を兼ね、乗って写真でも・・という思いもありますが、やはり・・・パスですね。www
お蔭様で元気はつらつ・・・(ぶって)飛び回っては熱を出しています。www
  1. 2016/01/16(土) 00:11:58 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

いつもと違う

赤レンガを中心とした商業施設のスナップですが
切り取る方向により こんな新鮮な画像に仕上がるんですね
いやーびっくりですよ さすが地元の利ですよね
ありがとうございました
  1. 2016/01/16(土) 18:14:53 |
  2. URL |
  3. yoreyoreman #-
  4. [ 編集 ]

yoreyoreman さん
ありがとうございます。
赤レンガ倉庫群、建物自体は味があるのですが周辺が殺風景なので悩みます。
倉庫の中の商業施設は函館や小樽等と変わりありません。
倉庫の歴史的な背景等調べてから出かければ
全く違う観点で倉庫を眺められると思いますが
いつも思いつきでふらりと行くので表面的な写真にばかりなってしまいます。e-260

  1. 2016/01/17(日) 00:31:05 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (27)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示