まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

久里浜海岸~毘沙門海岸へ 1、 久里浜のおんべ焼き

1月10日(日)、天気も良く暖かい日だったので、久里浜海岸~三浦市の毘沙門海岸まで行って来ました。
今日は、その①久里浜海岸の《おんべ焼き》の様子です。
053 (750x500)



ここは、東京湾フェリーの港がある久里浜海岸。1月10日にも紹介したペリー来航の地です。
001 (750x562)


10時点火という事だったので、少し早めに海岸にやって来ました。
手前に簾のように見えているのは、
002 (750x562)


新しい年の無病息災等を願って行う《おんべ焼き》の火で焼いて食べる餅。
お焚き上げで餅を焼いて食べると、一年間風邪をひかないと言い伝えられています。
019 (603x750)


この 「左義長」 の神事、横須賀市内でも数多く行われ、久里浜地区では《おんべ焼き》と言っています。
007 (750x571)


■地元の人達が持ち寄った古いお札や正月の松飾、縁起ものなどを組まれた長い竹(おんべ)を焼いて(お焚き上げ)、
009 (750x559)


1年を振りかえり、新しい年の家内安全や無病息災等を祈る行事です。
011 - コピー (750x564)


 「民俗学的な見地からは、門松や注連飾りによって出迎えた歳神を、それらを焼くことによって炎と共に見送る意味があるとされる。お盆にも火を燃やす習俗があるが、こちらは先祖の霊を迎えたり、そののち送り出す民間習俗が仏教と混合したものと考えられている。」そうです。
016 (750x621) (2)


神職が祝詞が読み上げられ、いよいよ>《おんべ焼き》が始まりました。
018 (750x562)


広い砂浜に《おんべ》点火の準備も整いました。
022 (750x500)


丁度その時、「東京湾フェリー」が久里浜港に入って来ました。
■フェリー」は、この「しらはま丸」と「かなや丸」との2船で、平日は12往復、休日は14往復運航しています。
027 (598x750)


「しらはま丸」でした。■1989年6月竣工。3,351総トン、全長79.1m、幅18.0m、出力4,400ps、航海速力13.5ノット(約24km/h)、最高速力15.0ノット。旅客定員580名。車両積載数:トラック36台・乗用車110台・バス16台。住友重機械工業(浦賀)建造。
030 (750x562)


フェリーの到着を待ってたかのように積み上げられた《おんべ》に火が点けられました。
035 (750x500)


火は見る見る燃え広がり、
039 (563x750)


走るように上に向かって燃え上がりました。
 038 - コピー (750x564) (2)


飛んでいる点火棒は何なんでしょう? 「飛んで火に入る夏の棒」って言う諺があったような・・・。ん?
(バシッ!)  棒じゃなく、“夏の虫”でしょう!それに今は冬だし。全く、もう・・。
036 - コピー (750x562)


ごめん、ごめん。最近物忘れが・・。  (バシッ!昔からです!!) 
話題を変えて・・・それにしてもすごいカメラの数。便利になりました。 僕もガラ系からスマホにと検討中だが無理そう。

041 - コピー (750x480) (2)


火はついに一番高い所に取り付けられた酉の市の「熊手」に燃え移りました。
熊手は「運をかき込む」「金銀をかき集める」縁起物と言われています。
044 (637x750)


それに「末広がり」という意味もあるのではないかと思います。
060 (750x563)
まだまだありすが、今日はここまでとし、この続きは次回に回したいと思います。
それでは次回も笑顔でお会いしましょう。 

スポンサーサイト
  1. 2016/01/20(水) 00:32:00|
  2. 横須賀
  3. | コメント:10
<<久里浜海岸~毘沙門海岸へ 2、 久里浜~長沢 | ホーム | ふらり「みなとみらい21」 へ ③「ブルー・ライト・ヨコハマ」>>

コメント

ダルマとか、ずいぶん派手な印象の左義長ですね。太平洋側の穏やかな天気と相まって、うらやましいです。
冒頭の画像のボート、「黒船」ですか?
  1. 2016/01/20(水) 07:07:00 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

やや さん
おはようございます。
そちらは吹雪とか・・・TVでやっていました。
こちらも寒いですよ~。
先程、部屋に来たら、室温が9度でした。
エアコンかけて今、21度まで上がり、やっと脳と手が動くようになって来ました。
エアコンのリモコンで外気温度を聞いたら3度だそうです。e-443
e-191今日は、修理に出していたカメラを撮りに銀座まで行きます。
覚悟して行かなければ・・。東京は寒いですからね~。
風邪引いたら大変ですから、直ぐに帰って来る予定ではいますが・・・。
どうなんでしょうかねえ。自分にも分かりません。www

僕は三浦半島東京湾側の《左義長》しか見たことがありませんが、
湾岸沿いに何箇所か行われています。
この久里浜海岸の直ぐ隣の(、以前紹介しました開国橋のたもと)長瀬の海岸でも同時刻行っていました。
どちらを見ようかなと迷いましたが駐車場の近くのこちらにしました。
》ボート、「黒船」ですか?
勿論、ペリーの乗った「黒船」です。
しかも、5ハイも・・・。フェリーが加わりましたからね~。www
僕は最近***が近くなり、夜は水分控えめにしています。
《太平の眠りを覚ます上喜撰たった4杯で夜も眠れず》状態ですからね~。www


  1. 2016/01/20(水) 08:44:04 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

ん~おんべ焼きって此方の「どんと焼き」みたいなもの何でしょうねぇ~・・・
此方では注連縄とかお守りとかを焼いてミカンを焼きますが・・・
  1. 2016/01/20(水) 18:52:45 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

久里浜のこのお餅の飾りが綺麗ですねぇ~♪
今度はこっちも行ってみよっと!(笑)
昨年この飾りつけと消防自動車を見ながらフェリーで房総に行きました。水仙を見に行ったのですが、帰り強風の中のフェリーに乗る羽目になり、凄い揺れで怖かったです。車は潮で真っ白でした。以来フェリーに乗れないのです~♪
  1. 2016/01/20(水) 21:19:17 |
  2. URL |
  3. aunt carrot #Hzu7QKvo
  4. [ 編集 ]

我楽多さん
》おんべ焼きって此方の「どんと焼き」みたいなものなんでしょうねぇ~・・・
そうだと思います。
土地によって、その呼び名も違うようだし行う場所も(海岸、田畑、神社、広場・・etc)違いますね。
》注連縄とかお守りとかを焼いてミカンを焼きますが・・
こちらでもお正月飾りは一緒に焼きます。
門松も焼いて、その燃え枝や炭、灰を貰って帰る人もいます。
それを家の庭や玄関にまくと、
一年間病気にかからないとの言い伝えがあります。
  1. 2016/01/20(水) 21:30:38 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

aunt carrot さん
船酔いの辛さは良く分かります。www
乗り物に弱く、ブランコでも酔ってしまいます。
千葉旅行の時、自分だけは電車で東京回って行っていましたから。www
今は、東京湾横断くらいなら持つと思います。www

長瀬の《おんべ》にしようか、久里浜の《おんべ》にしようか、迷いましたが、
長瀬の方は、燈明台の帰りに紹介したし、
カインズホームに車を置いていたので寄り近い方の久里浜にしました。www
お餅は繭玉のように丸いのかと思っていたら四角の伸餅でした。
四国の方は餅といえば丸餅でした。
今ではスーパーでこちらで売っているものと同じ伸餅を売っていますから、香川の人たちも伸餅に馴染んでいると思います。
横浜に引っ越してきた時は、餅が四角くてビックリした事を覚えています。
因みに、自分が小さい頃のお雑煮は丸餅で、
しかも、餡子が入っていました。《餡入り丸餅入りの雑煮》です。
それが当たり前だと思っていたので、横浜で雑煮に四角い餅が入っていた時はビックリしました。

  1. 2016/01/20(水) 23:44:27 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/01/21(木) 13:52:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

新生への行事、

喜多さん こんばんは、
おんべ焼き 新しい年の平安を願う行事 祈りを込めて
北欧での夏至祭も 人々の願いは一つの様に思います
嬉しい行事の紹介が有り難いです 何時の日にかはその場に参加出来たらと夢を楽しませて頂きました 感謝。
  1. 2016/01/21(木) 23:42:02 |
  2. URL |
  3. umi925 #18Xn5xjA
  4. [ 編集 ]

umi925 さん
ありがとうございます。
外国の祭り等は実際に見たことはありませんが
世界の人々の願いはいつも人々の平安な暮らしですね。
年明け早々に、若者たちの非業の死に胸が締め付けられるニュースがありましたが、
みんな力を合わせ明るい年にしていきたいものと思います。
そのためには何と言っても健康が大事です。
お互い健康管理に配慮しながらこの1年、無事乗り切っていきましょう。

  1. 2016/01/22(金) 20:47:34 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/01/23(土) 12:47:59 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (159)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (23)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (26)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示