まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

奈良・京都・伊勢神宮の旅 ⑧ 相国寺

今日は人気の同志社大学のレストラン「french restaurant will」 (寒梅館7階)から見た 「相国寺」 (しょうこくじ)です。 (看板ですwww)
DSC00271 (750x427)
「相国寺」は、京都五山第二位、臨済宗相国寺派の大本山です。
金閣寺を建立した足利三代将軍・義満の創建で、開山(初代住職)は夢窓疎石。 境内には13の塔頭寺院があります。
水上勉の『雁の寺』で有名な「瑞春院」や今回拝観できた「養源院 」もその塔頭寺院の一つです。
また、鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)は山外塔頭であったとは、《ビックリ・ポン》です。www
DSC00284 (750x498)

相国寺の塔頭寺院の一つ、「養源院」が《京の冬の旅》キャンペーンで特別公開になっていました。
鎌倉時代の慶派仏師の作と伝わる高さ約170cmの秘仏「毘沙門天像」を間近に拝観することができました。
DSC00280 (750x569)


 「五摂家筆頭近衛家の「桜御所」から移築したと伝えられる書院、「相和亭」のほか、
DSC00276 (750x410)


 「池泉式庭園」 の美しい眺めも見どころです。もどうぞ。」の説明があったので、
(家に帰って調べてみようと)慌てて写真を撮りました。www 事前、事後の調べもの・・・これも旅の楽しみの一つです。
DSC00275 (750x503)


「養源院」は薩摩藩ゆかりの寺でもあり、戊辰戦争の際には、野戦病院となった。」との説明もありまた。
本尊が薬師如来さんですから、丁度良かったのかも知れませんねえ。
DSC00277 (750x498)


この庭に面した部屋の柱には、薩摩藩士たちが付けたとされる刀傷が残っていました。
DSC00279 (750x528)


「養源院」を出て、「相国寺・法堂」へ。入母屋造り本瓦葺きの「法堂」は、現存する法堂建築最古といわれ、
その内部天井には《鳴き龍》で有名な「蟠竜図(ばんりゅうず)」(狩野光信作)が描かれています。
残念ながら今回は内部には入らず、外観だけ見て先を急ぎました。
DSC00282 (750x557)


 この「相国寺」は、※応仁の乱の兵火により仏殿をはじめ、諸堂宇の殆どが灰燼に帰しましたが、
禅宗行政の中心地として多くの高僧を輩出し、室町時代の禅文化の興隆に貢献しました。雪舟もその一人でした。
DSC00283 (750x498)


※【応仁の乱】室町時代の応仁元年(1467年)に発生し、文明9年(1477年)までの約10年間にわたって継続した内乱。
8代将軍足利義政の継嗣争い等複数の要因によって発生し、室町幕府管領の細川勝元と室町幕府侍所所司(頭人)の山名持豊(出家して山名宗全)ら有力守護大名が争い、九州など一部の地方を除く全国に拡大した。
応仁の乱による焼失後、三門と仏殿は再建されることなく、近世以降は「法堂」が仏殿(本尊を安置する堂)を兼ねている。
DSC00281 (750x516)


■ 最盛期には東は寺町通り、西は大宮通り、南は一条通り、北は上御霊神社との境までが相国寺の寺域でした。 
この堂々たる「庫裏」を見ても、如何に広大な寺院であったかと言う事がうかがい知れます。
DSC00287 (750x470)


 こちらは、京都府指定有形文化財に指定されている「鐘楼」 です。普通、内向きに傾いた4本の柱で鐘を吊っている建物を思い浮かべますが、こちらの鐘楼は、下の方が城の城壁の石垣のようにすそ広がりとなった形をした「袴腰(はかまごし)付鐘楼」といわれます。楼上には梵鐘が吊られた相国寺のこの鐘楼は袴腰付のものでは大型のものです。江戸時代初期の寛永6年(1629)の造立とされています。右下に見えてるのは、宗旦稲荷社。
DSC00289 (750x456)


相国寺境内は京都御所の真北に位置し、同志社大学に隣接しています。と言うか、相国寺の境内に同志社大学のキャンパスがあるといった印象でした。禅宗とキリスト教・・・違和感のないマッチング・・この融合は日本の良さでもあります。
相国寺総門の前に建つこの洋館は、「アーモスト館」です。 アーモスト館は、同志社の創設者である新島襄の母校・アーモスト大学と同志社大学との交流のシンボルとして建てられたものだそうです。
DSC00292 (750x481)
「相国寺」を後に、僕たちは少し早目にこの日の宿に向かいました。
ここは、老舗の旅館が並ぶ昔からの通りです。「俵屋」 (たわらや)さんの前を通り・・・、
DSC00293 (750x490)


「柊屋」 (ひいらぎや)さんの前を抜け・・・・、
DSC00294 (750x498)


寒牡丹の咲いていた町屋を過ぎると、
DSC00295 (554x750)


今日の宿「炭屋」 (すみや)さんに到着です。
DSC00297 (750x498)


水打ちされた玄関前には、こよなく祇園を愛しこの旅館を定宿と贔屓にした吉井勇の歌碑がありました。
「京に来て うれしとおもふ しづかなる 利休ごのみの 宿の一夜を」
DSC00298 (750x498)


早速、落ち着いた部屋に通され、チェックイン。
DSC00299 (750x498)


折角早く宿に着いたので、今夜の食事の時間等の打ち合わせを済ませ、夕暮れの八坂界隈を歩く事にしました。
DSC00301 (750x536)


やがて、宿の人に頼んでいたタクシーが迎えに来てくれたので、八坂の方へ向かいました。
DSC00372 (573x750)
その後の様子は次回にでも。
それでは又、元気な笑顔でお会いしましょう。

※ご心配頂いておりました体調ですが、お蔭様でかなり回復して参りました。ありがとうございました。
熱も下がり、食欲も少し出て来て食事も美味しく頂ける様になりました。やはり健康第一です。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
■3代将軍の足利義満が相国寺を創建した後に五山を京都五山と鎌倉五山に分割し、
両五山の上に別格として南禅寺を置くという改革が行われた。
【京都五山】は、天龍寺(第一位)、相国寺(第二位)、建仁寺(第三位)、 東福寺(第四位)、万寿寺(第五位)
【 鎌倉五山】は、建長寺(第一位)、円覚寺(第二位)、寿福寺(第三位)、 浄智寺(第四位)、浄妙寺(第五位)
スポンサーサイト
  1. 2016/02/19(金) 00:00:00|
  2. 高野山・京都
  3. | コメント:2
<<奈良・京都・伊勢神宮の旅 ⑨ 清水寺~産寧坂(さんねいざか)へ | ホーム | 奈良・京都・伊勢神宮の旅 ⑦ 北野天満宮>>

コメント

矢張りツアーでは良いお宿が用意されているんですねぇ~・・・
こう言うお宿は、個人で予約を取ろうとしても中々予約が取れません・・・
ホテルだと京都の旅行には一寸似合いませんし・・・
  1. 2016/02/19(金) 18:51:21 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多さん
ありがとうございます。
旅行ツアーはやはり一長一短ありですが、年寄りになるとこちらの方が
色々面倒も見てくれてうんと楽ですね。
個人で行くと(自由はありますが)全て自分達でやらねばなりませんからね。
結局は、面倒になってあちこち見て回らない結果に・・・。
添乗員さん、現地ガイドさん付きツアーは余計な事に神経を使わずに済み、
見落とし等も少なくて済みますから効率よく回れて良いですね。
「星欠けの三光門」など、ガイドさんが居なくては気付く事さえできないところでした。
下調べをしていくと、復習にもなって色々覚えられます。
何も調べないで行くと、その時は覚えたつもりでも、
全て覚えようとするので結局忘れてしまう事が多いですね。e-260

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鍵コメMさん
風邪がこんなに長引くなんて初めてでした。
お蔭様で大分、すっきりして来ました。
今回は本当に長かったです。約二週間駄目でしたからね~。

写真の整理をしながら旅を思い出すのも楽しいですね。
今回は、流石に嫁さんとのツーショットの写真は恥ずかしく手お見せできませんが、
初めて嫁さんの姿を載せました・・・。www
  1. 2016/02/19(金) 20:00:31 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
ノスタルジア (3)
桜 (12)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (30)
高野山・京都 (14)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (99)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (1)
愛媛 (6)
徳島 (21)
高知 (11)
お寺 (0)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
黒川/財田駅周辺 (21)
島の桜 (9)
香川のお寺や神社 (88)
島の春 (9)
紫雲出山 (21)
三浦半島 (7)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示