まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

島へ 2、 箱根湿生花園 ②

今日は、故郷の島に行く途中に立ち寄った「箱根湿性花園」その②です。
正面白い花木は「豆桜」です。 (《富士桜》で呼ばれることの方が多いと思います)
DSC02471 (750x563)

「マメザクラ」 (豆桜)はバラ科、サクラ属の植物。桜の野生種の一つ。
富士山近辺やその山麓、箱根近辺等に自生しており、フジザクラハコネザクラとも言う。
マメ(豆)の名が表すように、この種は樹高が大きくならず、花も小さい。
DSC02485 (750x498)


「箱根湿性花園」は水湿地に生育している植物だけでなく、高山植物なども植えられています。
高山植物といえば、先ず思い浮かべるのが高山植物の女王と言われる「コマクサ」です。
馴染みのピンクの花を探しましたが見当たらないので白色の「コマクサ」です。
DSC_0032 (750x536)


《ツガザクラ属》も人気があります。常緑小低木。茎は地面をはい枝の先に鐘形の花を沢山咲かせます。
エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜 - コピー (750x445)


ポピュラーなのは「アオノツガザクラ」ですが、こちらは「エゾノツガザクラ」(蝦夷の栂桜)です。
DSC02480 (750x521)


名前の通り、北海道~東北地方以北の高山帯の適度に湿り気のある岩場や草地に群生しています。
エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜 (750x590)


「高山植物」で我々が一番身近に目にするのはこの「ヒメシャクナゲ」 (姫石楠花)だと思います。
高山系の花を売っている園芸店に行けば市販されています。
DSC_0052 (750x563)


こちらは「イワウチワ」です。
DSC_0050 (750x563) (2)
薄いピンク色をした花で、生育場所も「イワカガミ」に良く似ています。
「イワウチワ」葉は名前(岩団扇)のようにより丸く、縁も鋸状で花の切れ込みも浅いです。
DSC_0049 (750x552)


「イワウチワ」の横に「ショウジョウバカマ」 (猩々袴)が咲いていました。
ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草で、葉は、根本から多数出てタンポポのようなロゼット状に広がっています。
花をUPしようとの意識が強く、特徴的な葉の部分を撮り忘れた事に気付いたのですが、
「まっ、次の所で撮れば良いや」と、いい加減な性格が出て、先を急いだらその先は出会いませんでした。 
これに似たことは良くありますが、懲りないですね~。
DSC02483 (750x562) - コピー


こちらは「オオバナノエンレイソウ」 (大花延齢草)です。北海道、本州北部に分布しています。
 草丈は30-70cm程度に生育する。葉は菱形状広卵形で茎頂に3個を輪生する。名の由来は、
1個の種子が芽吹いてから枯死するまでの寿命は20~50年であろうと考えられているところからのようです。
オオバナノエンレイソウ (750x584) (2)


「トキソウ」です。本州や北海道を中心に日本各地の湿原や湖沼に見られる湿地性の野生 ランの仲間です。
同じ環境で育っている「サギソウ」同様、園芸店でも売られていますが、育てるのは「サギソウ」のように安易ではありません。
僕は・・の話ですよ。だから最近は売っていても買いません。www
DSC02457 (750x644)


お仕舞いは、過日我が家の狭い庭で窮屈そうに咲いているのを紹介しました 「ニリンソウ」 と、
DSC_0055 (750x547)


「イカリソウ」 たちです。
DSC_0056 (750x562)


やはり、こんな環境で育つのが一番良いんでしょうねえ。高原の風に気持ち良さそうに揺れていました。
DSC02496 (750x620) - コピー


広い園内ですからとても全域は回れません。最短コースを回って「箱根湿性花園」を後にしました。
箱根から瀬戸内に行くには、乙女峠を越えるのが最短です。ここは富士山の眺望の良さでも知られていますが・・。
DSC02506 (750x563) - コピー


後は下に見える御殿場ICまで走り下るだけです。気合を入れてと走り出したらうっすらと富士が姿を現しました。
暫く本物の富士山とはお別れです。www これから毎日眺めるのは讃岐富士(飯野山)です。
折角顔を見せてくれたのだから、富士山を眺めて行こうと日帰り温泉施設に入って体を休めました。
DSC02507 (750x502)
さあ、“湯ったり”した後は一気に瀬戸内まで爆走です。 www 勿論、安全第一ですよ。 
次回は故郷の見える山の上(三豊市荘内半島紫雲出山)からの眺めです。 
それでは又、元気な笑顔でお会いいたしましょう。
スポンサーサイト
  1. 2016/04/27(水) 10:20:03|
  2. お出かけ
  3. | コメント:2
<<島へ   紫雲出山の夜明け | ホーム | 島へ 1、 箱根湿生花園 ①>>

コメント

いやぁ~箱根湿性園は結構な故山植物が植わっているんですねぇ~・・・
エゾノツガザクラなんて確か北岳で見た以外北海道でしか見た事がありません・・・
本州でも高山植物が気軽に見られる所が有るんですねぇ~・・・
今度行って見たいと思います・・・
  1. 2016/04/27(水) 20:20:06 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多さん
ありがとうございます。
北海道へは花とは関係なく観光旅行とスキーにしか行ったことがありません。
礼文も利尻も花を見に行きたかったのですが、ついにそのチャンスもなくなりました。
高山植物が見られる施設はあちこちあるようですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鍵コメMKさん
ありがとうございます。
2012,02,05のブログ・・・
人物写真をあんなに撮ったのは後にも先にもありません。www
人物写真など撮った事はないのでどう撮ってよいのか分からず
彼等の周りをぐるぐる回りながらかっこよく見えるアングルを探しました。www
なかなかdandyでしょ。
若い頃の僕の若い頃のイメージ・・・・
若い頃?・・・今の僕のイメージではないんですか?wwww
  1. 2016/04/27(水) 22:50:42 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示