まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

今更ながら・・・島の春(桜)

今更ながら・・・島に戻った時、僅かに残っていた海洋記念館(旧国立粟島海員学校跡)の庭の桜です。
DSC02698 (750x562)

満開の頃は島に向かう定期船からも良く見える「海洋記念館」(旧・国立粟島海員学校跡)の桜ですが、
今年は島に戻るのが遅かった為か(4/10)殆どの桜が散り終わっていました。 (写真は12日のものです)DSC02815 (750x339) - コピー


それでもと思い、島に戻った翌日「海洋記念館」に一寸行ってみましたが・・・。
案の定、自然はそんなに甘くない。我侭爺に合わせてくれる筈もない。
DSC02681 (750x498)

今日は、そんな《海洋記念館の桜》などです。
DSC02677 (750x485)
同じような写真ばかりで恐縮ですが、ご覧ください。
DSC02667 (750x478)

「海洋記念館」(旧国立粟島海員学校跡)の中庭の写真が続きます。
DSC02671 (750x563)


DSC02688 (750x544)


DSC02697 (750x562)


DSC02704 (750x561)

広いグランドから見た「海洋記念館」(旧国立粟島海員学校跡)
DSC02767 (750x581)


そのグランド横に建つリゾートホテル「ル・ポール粟島」のキャビン裏の桜もすっかり散っていました。
DSC02721 (750x558)


DSC02722 (750x560)


ここ「旧・国立粟島海員学校」は、
DSC_0195 (750x520)


江戸代から北前船で栄えたここ粟島に、明治35年村立海員養成学校(粟島海員補習学校)が設立されました。
これが、日本における地方商船学校の第一号となった。
DSC_0196 (750x538)


その後、「海員補習学校」は昭和15年に国立に移管し「粟島商船学校」と改称。昭和20年11月、米軍視察の際に海軍関係の学校と誤解されて廃校となった。昭和22年4月より宮崎海員学校がこの学校施設を利用し「粟島海員養成所」の名称となり普通海員養成機関の学校になった。
DSC02784 (750x536)


■ その後、「粟島海員学校」と改名し、海国日本を支える船員を多く輩出したが、時代の潮流の中に、昭和62年3月31日、九十年の輝かしい歴史の幕をを閉じた。大正9年に建てられた現校舎は文化財に指定され、海運業、船舶関係の資料館として一般公開されている。  資料は、香川民俗会編纂の『粟島の民俗』
DSC02785 (750x524)

もしかすると・・・と、淡い期待をしながら海洋記念館を出て、
 ※ヨットは「ル・ポール粟島」のテニス場横に展示されているセメント製のヨット「あきつしま」です。 (セメント製で初めて太平洋を横断したヨット)
DSC02810 (750x562)

粟島神社の射場へ行って見ましたが、場所が場所だけに・・・“的外れ”。 www
DSC02806 (750x538)

見事、桜は散っていました。
DSC02804 (750x498)
満開の桜・・・来年運よくば見たいものだと思いながら家に戻りました。
それでは、又、元気な笑顔でお会いしましょう。 
スポンサーサイト
  1. 2016/05/15(日) 10:10:00|
  2. 島の桜
  3. | コメント:9
<<JR四国「津島ノ宮駅」 | ホーム | 島四国(島内八十八札所巡り)④>>

コメント

花びらの絨毯は健在ですね
雪のように降り積もる花吹雪の中で撮影したのを思い出します
年々桜が早くなってるような気がしますね

・・・少し気になるのですが・・・・
キャビンの裏側の桜の枝は伐採したのでしょうか?
桜は菌に汚染されやすく枝を折ったり切ったりしたら枯れると聞きますが大丈夫ですか?
いまはウレタン等できちんと処理したら大丈夫とは聞きますがある程度自然がいいですよね・・・・

人様の都合と桜の都合・・・・
物言えぬ桜は不利ですよね

  1. 2016/05/15(日) 13:57:01 |
  2. URL |
  3. ふぅ #-
  4. [ 編集 ]

 ほとんど散ってしまった木とまだ花がたくさん残っている木とありますね。花びらが木の下にあれだけ落ちているのもきれいです。風で飛ばなかったのでしょうか。
 わたしは、きょう、バラ園に行ってきました。もう花が終わってしまっているものもありましたが、まあまあきれいでした。
  1. 2016/05/15(日) 23:12:18 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

ふうさん
過去の桜の写真データーを見ると11日は満開の頃ですね。
やはり早くなっています。
キャビンの裏側の桜の枝は伐採したのではなく、
枯れた枝が強風で折れたようです。
鋸で伐ったように見えますが、
折れた枝を幾つか伐った跡がありました。

滝宮の風景は哀れで今回は載せませんでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラムダさん
風で落とされた花びらはどこかに吹き溜まりができるようですが、
風が当たらなかったり雨が降ったり、人や車が通ったりしなければ、
変色するまでこんな感じですね。
今はバラがきれいですね~。
かって勤務していた近くの民家のバラが見事で、新聞やTVでよく紹介されていました。


  1. 2016/05/15(日) 23:52:04 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは!
4月10日に桜が散るのはちいっと早い感じがするんですが…
全国的に早く散ったようですね、でも、散った桜の花を上手に撮られている画がありました、
この点を見習うべきですね、
  1. 2016/05/16(月) 15:34:59 |
  2. URL |
  3. 尾張小牧 #-
  4. [ 編集 ]

尾張小牧
ありがとうございます。
桜は皆関心が高くて(ニュースでも開花報道が多く)見損じる事は先ずないですね。
今回は、実は桜を見るのは諦めていましたから逆に、咲き残っている桜を見てびっくりしました。
他の花は「えっ、もう咲いているの」と焦る事があります。
温暖化の影響でしょうかね。


  1. 2016/05/16(月) 23:00:46 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

今年の桜は全国的に早足だったようですね。
それでもとても良い桜の画です。
素晴らしい建物と咲き誇る桜、そして足元を埋める桜、遠くに見える海、、、
これは素晴らしいではありませんか。
タンポポとのコラボ、水色の建物とのコラボ、、、
素晴らしいです。
ラスト一枚はほんとうに素適です。
桜は咲き始めから散ってまで楽しませてくれますね。
  1. 2016/05/17(火) 09:21:45 |
  2. URL |
  3. aunt carrot #Hzu7QKvo
  4. [ 編集 ]

やさしさいっぱい、

喜多さん こんにちは、
いつもながら素晴らしく優しい写真に感謝です、
喜多さんのブログで粟島・三豊市にも歓心 のど自慢も大楠の有る志々島からのご兄弟に拍手 とっても身近な感が嬉しい 今年もミニ八十八ケ所参りは参加出来ずでしたが 喜多さんの丁寧・清々しい写真で温もりましたが 多くの方の労での道普請 考え込んでしまいました

未だ優しく咲いてる桜花とやわらかな地上の桜花がおいでなさいと招いてそんな独りよがりの思い 年を重ねても甘えに苦笑 誘われます!。
  1. 2016/05/17(火) 17:58:26 |
  2. URL |
  3. umi925 #uBX3JtyA
  4. [ 編集 ]

桜は散る時が一番綺麗だって何かのCMで言っていましたねぇ~・・・
今年は桜に間に合いませんでしたかぁ~・・・
今年は特に暖かい春でしたし・・・
散花の桜も中々良いもんですよ・・・
  1. 2016/05/17(火) 20:32:33 |
  2. URL |
  3. #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

aunt carrotさん
ありがとうございます。
海員学校は大正9年の建物がそのまま残っています。
10年ほど前に「an・an」?とかいう女性向け雑誌?に紹介され、
当時は急に若い女性が島にやってくるようになったことがありました。
例年、散ったばかりの花びらはきれいですが
今年は日が経っていたのか雨が降った性かきれいではなかったのでUP写真は遠慮しました。
今日のが精一杯です。www
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
umi925さん
ありがとうございます。
そういえば三豊市から「のど自慢」の放送がありましたね。
島にもカラオケ好きな人がいますが出なかったようです。
「島四国」には今年も大勢の方が来てくれ、その日ばかりは島も賑わいました。
でも、一番雰囲気のある我が札所(手前味噌?)が閉鎖になったし、道掃除もあまり手伝えなかったので、気分的には晴々しい気分にはなれませんでした。
来年は、訪れる人が数人であろうと、体調を整え道だけはきれいにしておこうと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鍵コメMさん
愛犬調子が落ち着いたようでよかったですね。
桜の咲いている期間は短いですからね。
タイミングが難しいです。
もっとも散り際が潔いからこそ我々の心が動くのであって、
洋蘭のように長く、咲き続けられたら・・・ですよね。www
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鍵コメMkさん
ありがとうございます
《お寺に梅の花》同様に《校舎に桜》は似合いますね。
たんぽぽは好きな花です。かわいいですからね。
庭では横須賀から持ってきた小さい《礼文たんぽぽ》が今沢山咲いています。
ミスタードーナッツ・・・ショッピングモールの中にあります。
最近我が「うどん県」にもセブンイレブンが出来、
すっかり都会風になりました。照れますね~www.
仲間には、「僕が住むようになったからだ」と説明しています。www
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鍵コメ 写楽さん
ありがとうございます。
《桜は散る時が一番綺麗だって》・・・
実感として自分もそう思っています。
「淡雪」と同じで、儚さを伴うからだと思います。

岸ツツジ、実際に行って見たいですね~。
こちらでは「大歩危小歩危」の川岸でしょうかね。

  1. 2016/05/18(水) 16:25:35 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示