まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

青野山 2/2

今日は青野山から見た《瀬戸の夕暮れ》です。
手前は丸亀港、奥の島は高見島、佐柳島です。残念ながら我が故郷の粟島は、高見島の少し左です。
DSC03012 (750x498)

静かな瀬戸の夕暮れです。瀬戸内航路の定期船や、
DSC03016 (750x515)


小さな漁船や、荷物を満載した貨物船は、乗組員それぞれの人生をも乗せて静かに通り過ぎていきます。
「遠いんだもの船の音など聞こえる訳ないじゃん。」 (バシッ!君も無粋だなあ。言葉の彩(あや)だよ、彩。)
「あや~!そうだったの?」  (バシッ!)
DSC03018 (750x518)


皆それぞれに一生懸命生きている。あの沈む夕陽でさえも一生懸命燃えている・・・。
DSC03022 (750x498) (3)


♪ あれをご覧よ 真っ赤な夕陽  落ちてゆくのにまだ燃えている ♪   =「南部蝉しぐれ」=
好きな歌の一節を口ずさんでいました。 
DSC03023 - コピー (750x429)


日は落ち、これからいよいよ 《トワイライト》の始まりです。
DSC_0040 (750x500)


丸亀の街にも明かりが点り始めました。
明るい所は丸亀のボートレース場辺りだと思います。
DSC03028 (750x481)

こちらは宇多津の街。えっ、ここが《うどん県》香川の町なの?と正直ビックリされた方も多いことだと思います。www
島々が直ぐ近くに見えるのも瀬戸内らしい風景でしょ。(中央黒い島は牛島。その後ろが本島。左は(香川だが)広島)
夜景1


「うどんだけじゃないで~。」と、ちょっと見栄を張ってみました。www
いつも横須賀への行き来にこの瀬戸大橋を走っているのかと思うと少々照れますね。www
瀬戸大橋夜景1

今でこそこの瀬戸大橋も、走ってしまえば10分程で渡れますが、
昔は岡山県の下津井港~多度津間のフェリーを利用していました。
全景2


 この宇多津の町は、古代より大和朝廷に貢物を積み出していた港として栄えた歴史ある静かな町でしたが、
東側の坂出市と西側の丸亀市に挟まれて、どちらかと言うとじみ~な町でした。
しかし、昔から比較的経済的に余裕があったため平成の大合併による合併は行わなかったとの事です。
DSC_0065 (750x367)


そんな静かな宇多津の町も、瀬戸大橋完成後、徐々に都市開発が進み、
今では人口密度・人口増加率、共に香川県内の自治体で最も高い町となりました。
DSC_0066 (750x412)


右手の街はかって塩田で栄えた坂出です。
中央の小高い山は聖通寺山です。
DSC_0067 (750x373)


いつまでも眺めていたい夜景ですが、
DSC_0072 (750x427)


ここは古墳群のある山の中の展望台。僕の他誰一人としていません。
DSC_0070 (750x398) (2)


懐中電灯も持っていないので、何かあったら今夜お世話になる知人宅にもご迷惑をおかけする事となるので泣く泣く戻ることにしました。
DSC_0071 (750x390) - コピー


※最後の絵は、「泣く泣く・・」なんて誤魔化していますが、実は“ブルッ”と来て手振れを起こしたものです。wwww
丸亀城から青野山まで長々とお話しましたが、泣きが入ったところで終了です。
それでは又、元気な笑顔でお会い致しましょう。 
スポンサーサイト
  1. 2016/05/29(日) 13:44:00|
  2. 香川
  3. | コメント:15
<< 「さてどちらへ行こう 風が吹く」山頭火 ・・・風は吹いて無いけれど・・・ | ホーム | 青野山 1/2>>

コメント

おひさですぅ~!!!暫く御出でが無かったので、どうしたのかと心配しておりましたが、お元気そうで安心しました・・・
  1. 2016/05/29(日) 17:35:21 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

イメージ通りの素晴らしい夜景でした。
ブルーに染まった黄昏時の眺めが
何とも言えないですね。
  1. 2016/05/29(日) 20:48:08 |
  2. URL |
  3. kiss digital #PzKr/8RM
  4. [ 編集 ]

鍵コメMさん
いつもありがとうございます。
一万弗の夜景wwwを独り占め・・・
確かにそうですが、初めての山中で一人しかいないのは少々怖いものがあります。www
若い頃は、『孤高の人』のモデルになった加藤文太郎に憧れて山々を単独行していましたが、
今では、どんな低山でも何かあったら迷惑をかけると、島の山に登るにも誰かについて来て貰っています。e-351
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多さん
心配頂ありがとうございます。
元気で畑仕事や空き地の草取りなどで汗を流しています。
机に向かう時間が長いので、体の為に良い運動になります。
目のためには、時々手を休めては本土を見つめて“遠方凝視”です。www
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
kiss digital さん
昨日はお名前を失礼いたしました。
瀬戸内の夜景どうでしたか?。
本当は、何倍もきれいでした。
自分の写真の技能とセンスの無さが情けなくなります。
この夕景、嫁さんも連れて行って見せてあげたいくらいでした。
(面と向かってはこんな気障(きざ)なことは照れて言えませんけどね。www)
  1. 2016/05/29(日) 22:47:21 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

 きれいな夕景、夜景ですね。とくに、夕景は海が穏やかなので、いっそうきれいです。
 きょうは、いつかも行った、岩合光昭の写真展「ネコライオン」に行ってきました。トークショーもあり、何枚かの写真について、そのネコ、ライオンを撮ったときの話を聞くことができました。
  1. 2016/05/29(日) 23:02:53 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

ラムダさん
ありがとうございます。
お嬢さん元気に頑張っていますか。
遠い国での留学、親としては無事帰国するまで心配ですよね。
昨日の「横須賀のピョン」さんと同じです。(ピョンさんはもしかするとラムダさん出会っていますね・・www)

》岩合光昭の写真展「ネコライオン」
日本橋三越本店まで行かれたのですね。
ネットで、ネコとライオンが同じようなポーズをしている写真が紹介されていました。
ネットで過去のトークショーも見られますよ。
どんなカメラでどのようにして撮ったかは秘密(笑)でしたが、面白かったです。
今回は話してくれたのですか?


  1. 2016/05/30(月) 01:57:03 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
何時もすばしい画を見せて頂きありがとうございます。
素敵な夕日、いいですねー。
夕日からのトワイライト、そして夜景、素晴らしいですね-。
名により粘る精神力にも拍手を送りたいです。
素晴らしい画を見させていただき嬉しいです。
  1. 2016/05/30(月) 06:58:51 |
  2. URL |
  3. さゆうさん #-
  4. [ 編集 ]

宇多津・坂出の街並み 懐かしいなぁ
いつも瀬戸大橋から見える讃岐富士をみて帰ってきたなって思ってました
この時間の景色を写真に収めたら粟島へは帰れないのではないですか?
私が撮れなかった風景ですね(笑)
  1. 2016/05/30(月) 07:30:18 |
  2. URL |
  3. ふぅ #-
  4. [ 編集 ]

夕暮れて

レ  小さな漁船も、荷物を満載した貨物船もそれぞれの人生を載せて音もなく通り過ぎていきます。

喜多さん 様

 粟島産の新鮮で美味しい空豆を食べたり、久し振りに貴君の声を聞いたりして物凄く元気になりましたので、また、意地悪をしたくなりました。
 上掲の文中の「貨物船」は、既に「荷物を満載し」ているとのことですから、もはや「人生を載せ」る余地は無いのではありませんか?
 「墓穴を掘る」とは、このことを指して言うのではありませんか?
 沈黙は金なり!
 多弁は大根畑の肥やしにもなりません!

 夕暮れて瀬戸の島山黄金(きん)に映ゆ帰りなんいざ児孫待つ家   鳥羽省三
  1. 2016/05/30(月) 13:00:11 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #5wp0qRG2
  4. [ 編集 ]

夕日も夜景も綺麗ですね~
こっちは夕日を眺められる場所は荒川の土手くらいしかなく
夜景なんてどこまで行けば良いのやら?って感じです
夜遊びをする元気が無いので夜景は難しいですねw
  1. 2016/05/30(月) 15:20:14 |
  2. URL |
  3. あきゅら #-
  4. [ 編集 ]

さゆうさん
故郷の風景や人々の暮らしを知らせるのがブログを始めたきっかけですから、ついつい贔屓目に撮ってしまいます。www
今回は滅多にした事が無いモニターでの確認をしながら撮りました。
でも帰ってPCで見るとがっかり。本当はもっともっときれいだったのに・・と情けなくなりました。
モニター画面に騙された感じです。www
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふう さん
瀬戸大橋に差し掛かると「あ~帰って来たな~」と思いますね。
昔は国鉄で岡山を過ぎるあたりから乗客の言葉が四国弁に変わって来るともうすぐだなと嬉しくなっていました。
そして、宇高連絡船に乗り換え、島々を眺めながら船上で《うどん》を食べると「帰って来たぞ~」って実感が湧いていました。www
今は、10分ですからね。あっという間で、じわじわ嬉しさがこみ上げてくるなんて事はありません。www

おっしゃる通り、この時間帯の写真は島へ渡る船の関係で撮りたくても撮れませんでしたね。
今回は本土の知人宅で世話になり実現しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鳥羽省三 さん
元気そうで何よりです。
》物凄く元気になりましたので、また、意地悪をしたくなりました。
そんな事なら元気にならなければ良いのに・・・www
ご指摘の箇所、言葉が足りず誤解を生んだようですね。
漁を終えて家路を急ぐ漁師や貨物船の乗組員は家族養う為に一生懸命働いている・・
皆それぞれの人生を背負って頑張って生きているんだな~。
自分も残された人生を精一杯生きなければ・・・。
そういう自分の現在の心境を盛り込みたかったのです。
だからこそ、次に《落日の写真》を載せ、
♪ あれをご覧よ 真っ赤な夕陽  落ちてゆくのにまだ燃えている♪ 
と、歌の一節を載せたのです。
「・・・荷物を満載した船は《乗組員の》人生をも乗せて静かに通り過ぎて行きます》とすれば分かり良かったですね。
よく見直してから投稿すればよかった。
尚、本文にはその箇所を訂正しておきました。
  1. 2016/05/30(月) 16:39:59 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

あきゅら さん
荒川の土手てから見る夕景・・・
〇おチビちゃんが自転車に乗って家路を急ぐ姿のシルエット・・・
〇ぽつんと寂し気に置かれている自転車・・・
〇お姉ちゃんの部活帰りの姿・・・・
等々、良い感じの絵がいっぱい目に浮かびます。

夜景が遠い・・・
埼玉って都会のイメージしかないですけどねえ・・・?
夜遊びをする元気がない・・・
少しお兄ちゃんの元気を貰って頑張りましょう!!昔のように。wwww

  1. 2016/05/30(月) 17:07:36 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

身近で夕日の美しさを見られないなーと思いながら見させてもらっています マホロバの 12階の
裏からほんの少し見たことを思い出しています
改めて 三浦半島の地形を考えさせられました
5月も明日で終わり 6月は1年に1回の公郷の集まりがありますが 今年は何人集まれるでしょうか
年月の移り変わりを実感させられるでしょう
  1. 2016/05/30(月) 20:56:49 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

OHさん
こちらは“梅雨入り”かと思われるような日が続き
、薩摩芋を植えるチャンスでしたが
肝心な芋の苗を買っていないため、恨めしく雨空を眺めていました。

三浦半島での夕日は相模湾側ですからね。
でも、マホロバの12Fからだと富士山の頭がチラリと見えるのでは・・・
一寸厳しいかな?
浦の台地まで行けば夕日は見られますね。

6月といえば、横須賀にいる頃は公郷会、水無月会、同心会と
楽しみな会がありましたが
今ではどの会にも参加出来ずちょっと残念です。
  1. 2016/05/30(月) 22:13:12 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

夕景もトワイライトもほんとに素敵!
見惚れてしまいましたよ。
♪瀬戸は日暮れて夕波こなみ~♪
古い歌ですみませぇ~ん!(笑)
  1. 2016/05/31(火) 11:28:56 |
  2. URL |
  3. aunt carrot #Hzu7QKvo
  4. [ 編集 ]

aunt carrot
本土の夕景は島に帰る船便の関係でなかなか難しいのですが、
この日は知人宅に世話になり、初めて街の夜景を撮る事ができました。
横浜みなとみらいや山下公園なら一人夜遅くまでうろうろしていても平気ですが、www
始めて行く知らない山の上で、一人夜景を撮るのはちょっと・・・
しかも古墳を背後にして・・・www。
という事で早々に引き上げて来ました。



  1. 2016/05/31(火) 16:04:16 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (97)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示