まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

朝な夕なにふらふらと・・・日暮れの散歩

所用があって西浜の知人宅へ出かけました。
043 (750x602) (2)


西浜は、いつもと変わらぬ静かな海でした。
079椰子 (750x513)


用を済ませ、(数日前、強い風が吹いたのでを)面白そうな流木でもあればと、浜を歩いてみたけれど何も流れ着いていません。
 ※ 後方の荘内半島、高い山は紫雲出山です。
052 (750x500)


浜に流れ着いた物といえば・・・こんな大きな岩がどんぶらこと。 (バシッ!岩は流れてこないでしょう)
注連縄張って観光資源にでもしたいような自然の造形物(岩)だけど・・・。
050 (750x508)


失礼しました。気分を変えて、はい、皆さんこちらをご覧ください。
岡山県の六島付近に落ちる夕陽です。
(^^♪ 黒い煙を はきながら  お船はどこへ 行くのでしょう  波に揺られて 島のかげ
  汽笛がボウと 鳴りました~。 (^^♪ 『みかんの花咲く丘』  (バシッ!今は黒い煙は吐きません)
058 (750x446) (2)


ふと足元を見ると、いつの間にか浜には「ハマゴウ」が勢力を伸ばしていました。 
063 (750x445)


しらじらしい話の繋ぎですが。
060 (750x575) (750x575)


再び陸に上がって ずっとずっと遠くの方(ブラジルの方かな?)を見ると、
ソテツ1


まるで聖火のような雲が火を噴いていました。
071 (750x500)


火を噴くといえば、こちらは西日本でも数基しか現存していない達磨窯です。(復元ですが)
何かのイベントで?ごく最近に瓦を焼いた形跡がありました。
073 (750x572) (2)


夕陽も落ち、辺りも暗くなってきたのでイノシシに襲われないよう西浜を後に家に帰ることにしました。
056 (750x500)


この後の事はまた次回にでも。
それでは又、元気な笑顔でお会いいたしましょう。


スポンサーサイト
  1. 2016/07/15(金) 06:46:08|
  2. 夕景

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示