まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

夢の中へ ~西浜の夕景 ③父と子

静かな夕暮れの中、黙って夕陽を見つめていた“父と子”の様子です。
DSC03855 (750x498)

今日の写真は軽々な言葉は不要のようです。
DSC03857 (750x562) (2)


それでは、この深い愛に包まれた親子の世界をご覧ください。
DSC03860 - コピー (3) (750x422) - コピー


DSC03856 (750x563)


DSC03861 (750x562)


DSC03862 (750x563)


DSC03863 (750x422)


DSC03871 (750x578)


DSC03872 - コピー (750x514)


DSC03866 (750x564)


DSC03869 (750x422)


日は大分西に傾き、遠くの島影に落ちようとしています。 (島は岡山県・六島)
DSC03874 - コピー (750x477)


≪海ほたる鑑賞会≫の前に演奏される地元のバンドマン達による≪Sun・Set Jazz≫の準備も整いました。
DSC03875 (750x430)


暮れ行く瀬戸の島の浜にサックスの音が流れ始めました。
さあ、いよいよです・・・。
と、期待に胸を躍らせておられる皆さんには大変申し訳ありませんが、これから先は・・・。
DSC03881 (2) (750x530)
「何?有料?」・・・否、否、勿論≪海ほたる≫も≪Sun・Set Jazz in nishihama≫も無料ですが、
個人的な理由で家に戻らなければならなくなり、この先の写真はありません。
※お詫びに、昔「ル・ポール粟島」の支配人さんの援助を頂きながら撮った“海ほたる”のイメージ写真です。
≪海ほたる鑑賞会≫もこのような幻想的な光景が見られたのではないかと思います。
海ほたる1 (750x481) (750x481)
それでは又、元気な笑顔でお会いいたしましょう。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/27(水) 00:00:00|
  2. 西浜
  3. | コメント:6
<<★紫雲出山の紫陽花 ① | ホーム | 夢の中へ ~西浜の夕景 ②姉弟>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/07/27(水) 16:06:47 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

おぉ~!素敵な海ほたるの光ですねぇ~・・・
ある意味、神秘的な感じさえします・・・
これで瀬戸大橋のライトアップがバックに有ると最高ですねぇ~!!!
  1. 2016/07/27(水) 20:46:08 |
  2. URL |
  3. 我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

鍵コメMさん
いつもありがとうございまう。
孫と離れて生活をしていると
自然に視線が子どもの方に向いてしまいます。www
何よりも自然な所作が良いなと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多さん
いつもありがとうございます。
 ≪海ほたる≫はこれからの一か月が一番多く発生し活動的です。
残念ながらこの浜は瀬戸大橋の方を向いていません。
この浜の背後にある東風浜からは正面ですが、大勢の人を集めるのは少々手狭です。
個人的に見るには最高です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鍵コメAさん
やっと梅雨明けしましたね。
さあ、これからの暑さ、厳しいですよ~。www

お姉ちゃんの誕生日おめでとうございます。
そのお祝いにこの≪海ほたる≫をワイングラスに入れてプレゼントしたいくらいです。
A君もこんな浜辺で遊べたら喜ぶでしょうねえ。
お兄ちゃんにはロードサイクルに最適なコースも用意してあるのに・・残念です。
もう少し近くならいいのにな~といつも思います。
  1. 2016/07/28(木) 17:13:40 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

喜多さん、こんばんは!
愛を!感じるいいカットですね。
お孫さんと遊べないのですか?
当方も娘の孫(双子)が幼稚園に行きだし
遊びに行くチャンス(車で1時間の距離)が少なりました。
子離れができたら今度は孫離れが必要です。
  1. 2016/07/31(日) 23:47:41 |
  2. URL |
  3. ろまんすぐれー #-
  4. [ 編集 ]

夕景の中の父と子

相変わらず喜多さんは優しい。

夕景の中の父と子。
語らずとも愛が流れる。

画像も添え書きも喜多さんのもの。

アジサイ。
瀬戸内の粟島も含んだ島々が背景。
昨年も拝見しように記憶しますが、
今年のアジサイは格別。
靄の掛かった画像も好いですね。

再々のご訪問と
心の籠ったお気遣いのコメントを頂き有難うございます。

ひ弱な体。労わりながら暮らしたいと存じます。

喜多さんも元気と言えど、お体労わってお過ごしください。
  1. 2016/08/01(月) 17:47:53 |
  2. URL |
  3. ijin #7ozVZe.w
  4. [ 編集 ]

ろまんすぐれー さん
ありがとうございます。
夕景の中の父と子・・・
余りにも美しい光景で、その場の雰囲気を壊さぬよう撮らせてもらいました。
こんな光景を見ていると、夏休み、孫たちも来れたらいいのにな~と思います。
今年は父親の仕事の関係で難しいようです。

≫子離れができたら今度は孫離れが必要です
僕の場合、子離れは早かったのですが、孫離れは時間がかかりそうです。www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ijin さん
体調回復途上、無理を押してのお便りをありがとうございます。
夕景の中の父と子・・・
写真を撮りながら、この言葉のいらない深い親子の愛情を表現するのは
僕の力量では無理だなと思いながらも、充足感でいっぱいでした。
日本中の親子が、こういう体験を持って欲しいなと思いました。

ここ荘内半島の紫雲出山は備讃瀬戸の景勝地で、
アジサイと桜の名所として(それに探鳥スポットとしても)知られています。
粟島との距離も直線で、2㎞程でしょうか、頂上の天候等も良く見えます。
この日は雲で隠れていましたからチャンスだと思って上りましたが(車です
船の関係で直ぐには行けず、
頂上に着いた時は狙っていた深い霧が消えた後で残念でした。

昨日、雨が降らぬと悪口を言ったら、なんと昨夜遅くパラパラ音を立てて雨が降ってきました。
天の恵みと喜んでいたら10分程で降りやんでしまい、今日も又暑い一日でした。
天気予報では向こう一週間雨なしです。
体調だけは崩していけないと、身体と相談しながら畑仕事に精を出しています。
  1. 2016/08/02(火) 23:43:56 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示