まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

残暑お見舞 ① クマゼミ

一ケ月以上雨のない島。連日の酷暑で島の人たちは皆ぐったり。
それに追い打ちをかけるのが熊蝉。ヒグラシだったら良かったのだけれど・・・。
DSC_0025 (564x750) (2)
※先日、こちらの記事を作成途中(その時は≪暑中見舞い≫)間違って(数時間?)公開してしまいました。
それに気づきすぐに「佛厳寺の蓮」を公開し、改めて今日≪残暑見舞い≫として公開しました。

一匹が鳴き出すと、もう辺りはオス(♂)蝉の大合唱となる。
≪蝉しぐれ≫言葉の響きは≪涼しさ≫さえ感じさせるが、この文学的に粉飾された言葉に騙されてはいけない。
耳をつんざく≪うるささ≫はまるで暴走族の爆音。朝から狭い庭にやって来て鳴かれるとたまらない。
002 (750x562)


言ってみれば、暴走族が改造マフラーをヴォン ヴォン・ヴォ~ンって吹かす感じ。  (バシッ! 例えが悪いよ)
※オス(♂)のお腹側にはウチワ状の≪腹弁≫という器官が対であり、(お腹の柿色の部分がそうです)
そこから大きな鳴き声を響かせている。
057 (606x750)


「お前ら朝から元気やのう。嫁さん探しなら他所(町)へ行ったらどうだい。もう島には若くて可愛い娘はおらんよ!」
と蝉に言い聞かせるのは島のお爺さん。(若さへの“ひがみ”も多少入っている感じwww)
017 (750x563)


「それ、どういう意味やねん!」と、お腹に白粉たっぷり塗って葉影からひょっこり顔を出したメスの蝉。
「私、今年生まれの島育ち。色白で可愛いでしょ。大きな声で私を呼んでくれる人待ってるの。」
※ メスのお腹にはオスにあるような≪腹弁≫がないので鳴くに鳴けない。
DSC_0034 (2) (598x750) - コピー


「お前は“熊蝉”だろ。そんなに白粉塗りたくって厚化粧してたら、口の悪い爺様に「夜鷹か」って言われるぞ。
“熊蝉”は色の黒いたくましさが“売り”なんだからそんな化粧はいらんよ。良い♂と出会えると良いのう。」
065 (563x750) - コピー
まだまだ酷暑が続きます。水分や休憩をこまめに摂り、暑さから身を守りましょう!
それでは又、元気な笑顔でお会いいたしましょう。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/10(水) 00:00:00|
  2. 小動物
  3. | コメント:4
<<「言うまいと 思えど…」 | ホーム | 佛厳寺の蓮>>

コメント

こんばんは♪

「残暑お見舞い、申し上げます」
ご訪問、コメント有難うございました(^-^)
文章を読みながら、セミの写真を見せて頂きました。
時々、くすりとしながら・・・。
楽しませて頂きました!!

  1. 2016/08/10(水) 19:53:44 |
  2. URL |
  3. 梅サクラ #zwRScLrQ
  4. [ 編集 ]

「しょっちゅう暑中お見舞い申し上げます」!!!
連日の猛暑日にうんざりです・・・
  1. 2016/08/10(水) 21:26:53 |
  2. URL |
  3. 我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

梅サクラさん
ありがとうございます。
もう、クマゼミが朝から煩くて煩くて・・・
必死なのはわかりますが、島の蝉は夜明け前から騒いでいます。www

「みのわの里のきつねの嫁入り行列」
近くなら飛んで行ってみたいですね。 (若っ!)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多さん
ありがとうございます。
こう暑さが続くと、あっちこっちへ何度でもお見舞いしに行かなくちゃあなりません。
  1. 2016/08/10(水) 22:14:02 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメMKさん
ありがとうございます。
特にこのクマゼミは力強いです。www
そちらではもう秋の≪虫の音≫ですか?
やはり花の都、御洒落ですね。
こちらうどん県、この暑さで皆≪ 虫の息≫です。www
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鍵コメMさん
ありがとうございます。
花火感染はどうでしたか?
島からは本土の花火が見えますが、
離れているので迫力はありません。
それに、打ち上げる本数の単位が違いますからあっという間に終わってしまいます。
正に≪蝉の小便≫シャーっとやって終わりです。www (失礼しました)
  1. 2016/08/10(水) 22:45:00 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
ノスタルジア (3)
桜 (12)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (38)
高野山・京都 (18)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (99)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (1)
愛媛 (6)
徳島 (21)
高知 (11)
お寺 (0)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
黒川/財田駅周辺 (21)
島の桜 (9)
香川のお寺や神社 (88)
島の春 (9)
紫雲出山 (21)
三浦半島 (7)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示