まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

荘内半島案内 ④ 鴨の越、丸山島 = 太郎が亀を助けた浜 2 =

いつもは県道から眺める海の道≪エンジェルロード≫。
この日初めて≪海の道≫を渡り、丸山島に行た時の様子をご覧ください。
DSC_0139 (750x482)

エンジェルロードを渡りながら見た鴨の越方面です。
DSC_0123 (750x488) (2)

こちらは観音寺方面。遠くの薄い山影の向こうが観音寺。中央の島は仁尾町の蔦島です。
DSC_0138 (750x482)

100m余りのエンジェルロードを渡り、丸山島に到着です。(観音寺側の浜です)
浦島神社の前には太郎が亀の背に乗って釣りをしている像が建っています。
向こうの防波堤では平成の太郎が釣りをしています。(この太公望は最後に再び登場します。www)
DSC_0132 (750x500)

≪釣れますか などと喜多さん(文王) 傍に寄り≫太郎に近づくと・・・竿持ってないじゃん!
これじゃあいくら釣り名人の太郎でも無理! 後方の社が浦島神社です。
DSC_0134 (750x524)


太郎が見ている彼方は、太郎の生まれた里「生里なまり」。遠くの山は荘内半島の紫雲出山(352m)。
 高地性集落遺跡 で有名な山で、先日も大規模な住居跡が発掘されたニュースがありました。
中央、橋杭岩に似た鴨の越の特異な岩礁が見えません。見る場所によって景観が全く違ってきます。
DSC_0129 (750x490)


浦島神社にお参りした後、あれこれ考え事などしているうちに、満ち潮に変わりました。
DSC_0127 (750x500)


エンジェルロードが海中に沈んでいきますから、のんびりしていられません。
濡れて帰るか、半日待って次の引き潮を待つかです。www
DSC_0137 (750x500)


整地された中央の道を渡り、鴨之越弁天の浜に戻りました。
DSC_0140 (750x500)


遊歩道から振り返ると、エンジェルロードの一部は既に沈み始めています。
DSC_0141 (750x500)


弁天の浜の干潟も海の中に消えていきます。(鴨の越の岩礁が一列にみえる位置まで戻ってきました)
ここからの夕日(夕景)は絶景です。撮ったことはないけれど。
DSC_0142 - コピー (750x464)


集落のある弁天の浜の入り口に戻ってきました。正面が丸山島です。
DSC_0144 (750x522)


鴨の越の集落を見下ろせる県道まで上がってきました。
DSC_0150 (750x486)


県道からは丸山島に通じるエンジェルロードの様子が良く見えます。先程の太公望も戻ってきます。〇印
DSC_0147 (750x497)

潮もだんだん満ちて来ました。
後方防波堤の色の変わっている所まで潮は上がり、エンジェルロードは完全に海底に沈んでしまいます。
DSC_0146 (750x490)


ズームアップしてみると、既に太公望のくるぶし辺りまで海水が上がってきています。
格好もなかなか様になっていますね。www
DSC_0146 - コピー - コピー (2) (750x490)


観音寺での所用もあるので先を急ぎます。
県道から見えてきたのは、(3枚目に見えていた)仁尾町の沖に浮かぶ蔦島です。
DSC_0152 (750x503)
次回はその仁尾町です。
それでは又、元気な笑顔でお会いいたしましょう。 
スポンサーサイト
  1. 2016/09/21(水) 00:00:00|
  2. 香川
  3. | コメント:2
<<荘内半島案内 ⑤ 仁尾町 父母ヶ浜 | ホーム | 荘内半島案内 ③ 鴨の越、丸山島 = 太郎が亀を助けた浜 =>>

コメント

いやぁ~エンジェルロードに有ったコンクリート道は無くなったのかと思いましたが、チャンと有りましたねぇ~・・・
私は此処まで潮が引いて居る時には行った事が有りませんから、一寸戸惑いました・・・
まぁ~夜満潮の時に行って流れる星と鴨の越を撮ったり、ダルマ夕日を撮りに行ったりしました・・・
  1. 2016/09/21(水) 18:17:48 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

鍵コメMさん
いつもありがとうございます。
瀬戸内海は干満の差が大きいですからねえ。
小塩の時でもこのエンジェルロードは出てくると思います。
粟島も乙姫さんが一時滞在したと言われている≪姫路の浜≫も
引き潮になると行けますが潮が満ちてくると帰ってこれなくなります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多さん
ありがとうございます。
整備された道路は砂に覆われていますが、上から見るとよくわかりますね。
本土住まいだと夜も時間に関係なく何度も出来るので良いですね。
島は本土に渡ると帰りの船便がネックです。
楽しいことも中途半端で帰ってこなければなりません。
  1. 2016/09/22(木) 20:26:21 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示