まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

苦しい時の花便り(頼り)  朝散歩

気持ちはまるで北海道のヒマワリ畑。 見たことはないけれど・・・。
DSC_0080 - コピー (750x329)


今日は、荘内半島回りに続き、同じ頃の朝の散歩の蔵出しです。  黄色い花はキンケイギク。
DSC_0076 (750x500)


散歩と言っても、姿勢よく、腕張って健康の保持管理の意識も高く速足で歩くのではなく、
朝食前にやることもないので、家から見下ろせる空き地や海岸をぶらぶらするだけもの。 薄いピンクはヒルサキツキミソウ
DSC_0078 (750x412)

な~んも考えず、頭の中と写真が妙に一致してきている。  それ、どういう意味?
DSC_0079 (750x543)

焦点が少々ずれている・・・。 www 手前、紫のバーベナも、何の花だか分からない程ひどい。
最近は“恥ずかしさ”も薄らいで・・・「まっ、いいか」と、平気でいられる。
DSC_0080 (750x487) (3)

だから恥ずかしくもなく同じような焦点のぼけた写真ばかりを撮っては「まるで北海道に行ってるみたいだ~」
なんて、子どものようなことを言ったりもする。
DSC_0082 (750x500)


たま~に散歩でやってくる(ずっと昔、僕の事を好きやったと思う)お婆さんが、
「喜多さんこの頃ピントがずれとるんやないか。心配や。」と、ひどいことを言っている。するとお爺さんの
「馬鹿いえ、そんな事はないやろ。前からじゃ。」と話す声が聞こえる・・・ような気がする。
これも幻聴やろか。
DSC_0084 (750x470)

今、ここにいたかと思うと、違うところに現れることなど日常茶飯事。
DSC_0099 (750x480)

この日も、花撮っていたかと思うと、もう浜に出て朝日を撮っている・・・。
DSC_0119 (562x750)

そして、今更手遅れだと思うが「心身ともに健康に…」と神社に手を合わせて帰ってくる。
DSC_0105 (750x562) 

昔は、一瞬だが輝く時があったような気がするが、 (これは明らかに幻覚だが・・・www)
DSC_0116 (750x500)

今ではいつもこんな現実を感じながらの生活。
DSC_0133 (561x750)

それでも元気で、時間がたてば、「あれ~、今朝花を撮ったかな~」と昼過ぎに又空き地の花を撮っている。
DSC_0001 (750x490)

「誰に迷惑をかけているわけでもないし・・・」とつぶやくと、
DSC_0006 (750x564)

「そうかしら」と隣で嫁さんがクスリと笑う。
「いけねえ。薬飲むの忘れてた!」とあわてて飲んで畑に向かう。
DSC_0007 (750x500)
こんな毎日でいいのだろうかと今でも思っている。
それでは又、元気な笑顔でお会いいたしましょう。  
スポンサーサイト
  1. 2016/09/25(日) 07:10:02|
  2. 花散歩
  3. | コメント:6
<<観音寺/「興昌寺」と「根あがり松」 | ホーム | 荘内半島案内 ⑤ 仁尾町 父母ヶ浜>>

コメント

気持ちはまるで北海道のヒマワリ畑

喜多さん 様

レ 今日は、荘内半島回りに続き、同じ頃の朝の散歩の蔵出しです。
 散歩と言っても、姿勢よく、腕張って健康の保持管理の意識も高く速足で歩くのではなく、朝食前にやることもないので、家から見下ろせる空き地や海岸をぶらぶらするだけ(の)もの。
 な~んも考えず、頭の中と写真が妙に一致してきている。
 それ、どういう意味?
 焦点が少々ずれている…。
 手前、紫のバーベナも、何の花だか分からない程ひどい。
 最近は“恥ずかしさ”も薄らいで・・・「まっ、いいか」と、平気でいられる。
 だから恥ずかしくもなく、同じような焦点のぼけた写真ばかりを撮っては、「まるで北海道に行ってるみたいだ~」なんて、子どものようなことを言ったりもする。
 たま~に散歩でやってくる(ずっと昔、僕の事を好きやったと思う)お婆さんが、「喜多さんこの頃ピントがずれとるんやないか。心配や」と、ひどいことを言っている。
 するとお爺さんの、「馬鹿いえ、そんな事はないやろ。前からじゃ」と話す声が聞こえる・・・ような気がする。これも幻聴やろか。
 今、ここにいたかと思うと、違うところに現れることなど日常茶飯事。
 この日も、花撮っていたかと思うと、もう浜に出て朝日を撮っている・・・。
 そして、今更手遅れだと思うが「心身ともに健康に…」と神社に手を合わせて帰ってくる。
 昔は、一瞬だが輝く時があったような気がする(これは明らかに幻覚だが)が、今ではいつもこんな現実を感じながらの生活。
 それでも元気で、時間がたてば、「あれ~、今朝花を撮ったかな~」と昼過ぎに又空き地の花を撮っている。
 「誰に迷惑をかけているわけでもないし・・・」とつぶやくと、「そうかしら」と隣で嫁さんがクスリと笑う。
 「いけねえ。薬飲むの忘れてた!」と、あわてて飲んで畑に向かう。
 こんな毎日でいいのだろうかと、今でも思っている。
 それでは又、元気な笑顔でお会いいたしましょう。

 こうして抜き出してみると、なかなかの名文(≠迷文)ではありませんか!
 ご自身をピエロ化して、私たち読者に媚を売るのも、この域に達すると〈名人芸〉と言うべきであり、〈笑点〉の回答者席に余席が在ったならば、座らせてみたいような気がしないでもありません。
 特に、「たま~に散歩でやってくる(ずっと昔、僕の事を好きやったと思う)お婆さんが、『喜多さんこの頃ピントがずれとるんやないか。心配や』と、ひどいことを言っている。するとお爺さんの、『馬鹿いえ、そんな事はないやろ。前からじゃ』と話す声が聞こえる・・・ような気がする」という件には、あまりにもあまりにも可笑しくて、笑いを通り越して泣いてしまいました。
 あの件の出来事は、事実そのままでありましょうか?
 それとも、喜多さんお得意の演出芸、即ち、フィクションでありましょうか?
 私は、事の真実が知りたい!
 何卒、宜しくお願い申し上げます。  
 それでは又、元気な笑顔でお会いいたしましょう。(と、言ってしまえば、喜多さんの物真似みたいになってしまいますが…)    鳥羽省三

○  その昔ぼくを好いてた婆さんが僕を馬鹿にす「呆けちゃったね」と   鳥羽省三
  1. 2016/09/25(日) 15:24:48 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #5wp0qRG2
  4. [ 編集 ]

 ごぶさたしてしまいました。そちらも暑さは和らいできたでしょうか。こちらは涼しくなってきたと思っていたら、きょうはちょっと暑くなりました。
 たしかに、最初の写真は、北海道のヒマワリ畑のようにも見えますね。わたしが行ったときには、ちょっと早かったようで、花がまだやや少なかったのですが。
  1. 2016/09/25(日) 22:28:02 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

鳥羽省三 さん
ありがとうございます。
元気な様子に安堵しています。
相変わらず精力的な執筆活動のエネルギーは一体どこから来るのでしょう。
驚きです。
最近は体力の衰えを事あるごとに痛感します。
昨日も敷居に躓き、転びそうになりました。
気持ちはあっても、すぐに疲れ、やり抜く気力と体力が持続しません。
どちらが“手帳”を持っているのか分からない程の弱りようです。www
加えて、最近は、夢と現実と思い込みが混同して何が真実やら段々分らなくなってきています。www
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラムダさん
ありがとうございます。
この時期はいろいろ行事も立て込んでお忙しい事と思います。
天候も例年になく不順な様子、健康管理には十分気を付けてご活躍ください。

こちらは、あの夏の日照り続きは何処へ行ったのやら、
台風10号以来すっかり天候も変わってしまいました。
台風10号の雷と雨は、まさに
≪今まで経験したことないような凄まじいもの≫でした。
特に激しく長時間続いた雷には、初めて恐怖感を覚えました。
過日の16号も激しい雨と風。それに高潮の心配。
災害が一番少ないと言われている香川に二度も台風の来襲です。
それに加えて、
本土から泳いで渡って来たイノシシが無抵抗な老人島へ上陸してやりたい放題。
日照りに続いて二度の台風でダメージを受けた畑が今度はイノシシ被害。
もう壊滅的な状況です。
さわやかな秋空が待ち遠しい毎日を過ごしています。



  1. 2016/09/26(月) 16:05:04 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

ん~粟島の秋は、何だか志々島の昔を思い出させるような花で一杯ですねぇ~・・・
何だか昔の長閑な志々島に居るような感覚さえしてきます・・・
  1. 2016/09/26(月) 18:16:43 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多さん
ありがとうございます。
荘内半島は昔から花の半島で名高く花の出荷量も多いところでした。
粟島や志々島も段々畑は花に覆われていて、子ども心にきれいだな~と思っていた記憶があります。
今は家庭用の野菜と仏花を作っているだけで、花を出荷する家は一軒もありません。
志々島も昔と大きく景色も変わりました。
大楠は周りも整備されていますが、昔の花を目当てに行くとがっかりするかも知れません。
  1. 2016/09/27(火) 09:09:44 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。休憩中に読みましたが文面が面白くてつい笑ってしまいました。なんか元気でました。午後も頑張れそうです♪
  1. 2016/09/29(木) 12:35:48 |
  2. URL |
  3. トモ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
ノスタルジア (3)
桜 (12)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (32)
高野山・京都 (14)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (99)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (1)
愛媛 (6)
徳島 (21)
高知 (11)
お寺 (0)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
黒川/財田駅周辺 (21)
島の桜 (9)
香川のお寺や神社 (88)
島の春 (9)
紫雲出山 (21)
三浦半島 (7)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示