まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

ちょっと一息   coffee time  ①

たまには運動をと、スポーツセンターの海水プールでひと泳ぎをした後観音寺で昼食。 (うどんですがwww)
その後、「興昌寺~根あがり松」((9/28 UP)へ行った後、「ガーンヴ ラバーリ (gaouv rabari)」 でちょっと一休みしました。
DSC03181 (750x498)

ここは観音寺市の中心街の路地にある今風のカフェ。
高校生の頃より親しんできた、いわゆる昔の≪純喫茶≫とは趣が違う。
(ん、良いのかな?こんなこと言って。 校則では禁止だったがもう時効成立だから停学はないだろう。www)
gaouv rabari 2

路地と言っても、都会の繁華街の薄汚れた路地とはまるで違う。中に入ればこの広さ、清々しさ。www
DSC03185 (750x520)


こんな空間が広がっている。
DSC03186 (750x525)


昔の倉庫を改修したカフェです。漆喰壁も美しい。傷みを直さないのは外観へのこだわりの一つだろう。
DSC03187 (750x573)


入り口前には、昔懐かしいベロタクシー(自転車タクシー、輪タク)が飾られている。
DSC03188 (750x545)


中に入ればアッと驚く摩訶不思議な異国空間が広がっている。
藁スサ(細かく刻んだ藁)のすき込まれた荒壁が懐かしい。
DSC03209 - コピー (610x750)


小窓が開けられているのはデザインとしての設計者(施工主)の意匠か?惜しむらくは格子の鉄。
土壁の芯になる≪竹小舞≫であったら美しさも際立つと思うのだが、
このカフェの空間自体日本的な設えでないのでこれでも違和感はなく、これはこれで又美しい。
DSC03209 (612x750)


尤も、入り口右にあるカフェの名≪ガーンヴ ラバーリ≫は店の方の説明によると、
「インド西部の グジャラート地方に住む ラバリ族に由来している」との事だから和風の設えである必要はない。
インド独立の父として知られるマハトマ・ガンディーはグジャラート州の出身です。
DSC03205 (750x498)


入り口奥は広いホールのような空間になっている。倉庫跡であることがよくわかる。
パトラ織りのサリーを連想させるカバーで覆われているのはピアノ。ここで演奏会などあるのだろうか。
DSC03190 (616x750)


勿論、このホールにはテーブルやイスも用意されていて飲食もできる。
DSC03202 (750x552)


中庭から見たホール。恋人らしきお二人さんも cofee time にして二人の人生設計でも語り合うのだろうか。
ここがとても観音寺の町とは思えない。 (バシッ!おどれ、そりゃ、どういう意味じゃ!) 讃岐弁も結構きついですよ~。www
いつも親しくして頂いている≪観音寺盛り上げ隊≫のW、S、Hさん、すいません。 m(__)m
DSC03217 (750x553)


 それでは、喉も渇いてきたので前置きはこの辺で店内へ入りましょうか。 (バシッ! これからかい)
アッ!!
先程から天井見たり壁見たりしながら写真を撮っていた老紳士?が、入り口の高い枠につまづいた。
DSC03191 (694x750)
老紳士の事が心配ですが、その後の事は又次回にでも。 (バシッ!) 又しても姑息な繋ぎの手段を!
それでは又、元気な笑顔でお会いいたしましょう。 
スポンサーサイト
  1. 2016/10/07(金) 00:00:00|
  2. 香川
  3. | コメント:7
<<ちょっと一息   coffee time  ② | ホーム | 財田界隈>>

コメント

ご心配頂き、ありがとうございました。

ともさん
ありがとうございます。
休憩中であれ、勤務中であれ・・・あっ、勤務中はダメです。www
ともさんが見てくれていたんだなと思うと嬉しく元気も出ます。
最近は、足も弱ってきてさっぱりです。
今は、ともさんたちの税金で生きてるようなもんですからね。
その為にも、ともさんは元気出して頑張ってくださいよ。www
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鍵コメMさん 
いつもありがとうございます。
758㎞無事到着です。
途中休憩した大津SAからの琵琶湖の夜景が素晴らしかったですよ。
多分比叡山だと思いますが明かりも良く見えました。
今回は朝6時に到着するよう時間調整しながらゆっくり帰って来ました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鍵コメMK
いつもありがとうございます。
ラジオやCD聞いたり、一緒に歌ったりしながらの気楽な徹夜運転です。
一人ですから、大声出しても音痴な歌でも迷惑かかりませんからね。
無事到着しました。
  1. 2016/10/07(金) 00:42:44 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

何とも不思議な空間ですね。

おはようございます。
何とも言えない不思議な空間に、引きずり込まれた感じです。
今までに感じた事もないのですが、何かが呼んでいるのか、1枚1枚をこんなにゆっくりと時間をかけてみた事が無いです。
近ければ行って見たいと思いました。
肌で感じてみたいと思いましたね。
  1. 2016/10/07(金) 06:18:25 |
  2. URL |
  3. さゆうさん #-
  4. [ 編集 ]

快調、快調、絶好調!

喜多さん 様

 しばらくの間、コメント欄が閉鎖状態に措かれたままだったので、「いよいよ哉!」などと心配していたのでありましたが、今日の記事を見て一安心した次第です。
 写真はともかくとして、解説文もなかなか快調に飛ばしているようですね!
○ 快調に飛ばしているのは元・好調、一字違いを気にしてならぬ  鳥羽省三
 酒でもないのに「蔵出し」などと洒落のめして、大過去に撮影した写真をブログに掲載し、私たち善良な読者を欺いていたこの期間は、お嫁さんと一緒にミシガン号にでも乗りに行っていたんですか?
○ 今更に新婚さんでも無かろうに琵琶のうみにて浮きつ沈みつ  鳥羽省三 
○  枇杷の木に枇杷の実がなる不思議さよ隣りの黒猫三毛猫産んだ 
○  喜多さんに鍵コメさんにさゆうさん喜多さんブログは「さん」付きばかり
○ 「終活をしてます」などと誰か言ふそんな奴こそ存外長寿

 三河萬歳ではありませんが、是を以て「先ずは、目出度し、目出度し」とさせていただきます。
  1. 2016/10/07(金) 11:55:27 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #5wp0qRG2
  4. [ 編集 ]

こんな素敵な空間のCafeが観音寺に有ったとは・・・
今度紫雲出山へ行った時にでも寄ってみようかな???
あっ!でも場所を知らない・・・(涙
  1. 2016/10/07(金) 19:54:18 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

さゆう さん
ありがとうございます。
最近はカフェも喫茶店も随分様変わりしましたね。
純喫茶やクラシック、ジャズの流れる喫茶店は激減、探すのが一苦労です。
な~んて懐古派ぶっていますが、
今日も横浜へ行った際一休みしたのは≪スタバ≫でした。www
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鳥羽省三さん
心配頂き恐縮です。貴兄も変わりなく安心しました。

今回も家族の待つ横須賀へやくざ流転の一人旅です。
(^^♪ どうせ一度は あの世とやらへ 落ちて流れて 行く身じゃないか
     鳴くな夜明けの 鳴くな夜明けの 渡り鳥 (^^♪
大きな声を出しながら帰って来ました。www
琵琶湖迄下りてミシガン号にて竹生島遊覧でもしたいところですが生憎の夜でした。
(※ 琵琶湖の美しさを見るならリンクに登録されている「もとのぶろぐ」をご覧あれ)

返歌
●   枇杷の木に枇杷の花咲く何事の不思議なけれど
   元歌 ≪ 薔薇ノ木ニ 薔薇ノ花咲ク ナニゴトノ不思議ナケレド ≫ 北原白秋
●  生まれ来る三毛猫全てメスばかり 猫の遺伝子摩訶不思議
中旬には又、猫の島に戻ります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多さん
ありがとうございます。
観音寺の知人の良く知る店で教えて貰いました。
大人の隠れ家的なカフェです。
近くに行かれた時は一寸立ち寄ってみてください。
でも、カーナビの案内で行かないと、
ぐるぐる探し回るかもしれません。www
興味を持たれた方のために写真の下の方に
住所、電話番号等も記していますから参考に。
  1. 2016/10/08(土) 00:48:55 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

友人に教えてもらって
4月に訪問して以来、計4回も訪問
お気に入りのカフェになりました
また行きたくなりました。
  1. 2016/10/08(土) 02:45:49 |
  2. URL |
  3. 植本多寿美 #-
  4. [ 編集 ]

植本多寿さん
ありがとうございます。
私も観音寺の知人に教えて貰い、
今回は二度目でした。
貴ブログでも拝見させて頂きました。
ランプの閉鎖は残念ですね。
ここも写真仲間はひいきにしていました。


  1. 2016/10/08(土) 20:18:27 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示