まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

横須賀・立石公園 ②

パソコンのトラブルも無事修復。改めて「立石公園」の紹介です。
DSC07594 (750x498) (2)


立石の海岸に着いた時、夕景を撮るには早かった為にこの“梵天(ぼんてん)”と呼ばれる海に突き出た岩場に向かった。
そこで見たのが前回UPの≪ドローン≫等。 夕陽の左に薄く見えるのは伊豆大島。
DSC07590 (750x498) (2)

立石と呼ばれるこの高さ12m・周囲30mの奇岩は、約2,500万年前に海底に積み重なってできた凝灰岩の地層が、長い間波や風に削られこのような形になったとの事。
DSC07592 (750x521) (2)

辺りも薄暗くなってきたので駐車場に戻ってきた。
アロエの蜜は美味しいのだろうか、メジロが忙しく飛び交って蜜を吸っていた。
DSC07597 (750x532)

残念ながら、「吾妻山公園」で良く見えていた富士も頂上部は薄雲がかかっている。(中央)
DSC07599 (750x546)

「立石公園」からの夕景を期待して立ち寄ってみたけれど、流石に一日くっきりと見えるというのは難しい。
富士を左に寄せても変わらない。 バシッ!
DSC07600 (750x563) (2)

この時期、夕陽の落ちる伊豆半島はくっきりとしたシルエットとなって見えていた。
これから徐々に太陽は右側(西)へ移っていく。≪ダイヤモンド富士≫の見える頃、僕は瀬戸内の島。
217 (750x500) (3)

雲の様子も刻々と変化していく。伊豆半島の高い山は天城山。
DSC07602 (750x508) (2)

この「立石公園」は風光明媚な所として人気があり、この日も観光客が盛んにこの夕景を撮っていた。
とりわけ≪ダイヤモンド富士≫が見られる時は大勢のカメラマンたちで混み合うという。 
DSC07606 (750x471) (2)

ここは江戸時代の頃から景勝地として知られ、安藤広重もこの辺りの景色を「相州三浦秋谷の里」と題して描いている。
否、広重が描いたことに因ってこの地が広く世に知られるようになったのかも知れない。
DSC07608 (750x517)

富士山の入った良き夕景をと待っていたのだが、どうしても頂上の雲がどかない。
特段雲があっても文句は言わないが(表情豊かでよいアクセントにもなる)、わざわざ頂上に居座ることもないだろうに・・・。www
DSC07609 (750x498)

この頑固さは誰かに似て動きそうもないので、諦めて帰ろうと車に戻った。
そして、未練がましくもう一度富士の方を見ると、
222 (750x500)

いくらか富士山のあたりが明るくなってきた。富士山頂の雲が噴煙のように見えた。
224 (564x750)

江戸時代中期の(宝永4年・1707年)に2週間程続いたと言われている≪宝永大噴火≫の時は、
こんな感じで噴煙が噴き上がっていたのかなと思った。火山灰が江戸まで大量に降ったというから驚きだ。
226 (750x561)

思い直してこのまま少し待ってみようかと思ったが、伊豆半島のようなくっきりとしたシルエットにはなりそうもなく、
家に心配をかけてもいけないので帰ることにした。
DSC07612 (750x458)

これにて、5回に亘った二宮町「吾妻山公園」~横須賀「立石公園」の≪花と山と海≫の案内終了です。 
228 (750x515)
相変わらずダラダラと続いた長話に最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
それでは又、明るい笑顔でお会いいたしましょう。
「えっ?もううんざり?」・・・ そう言わずに又お立ち寄りください。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/29(日) 00:00:00|
  2. 横須賀
  3. | コメント:5
<<横須賀/走水の夕景 ① | ホーム | 横須賀・立石公園 ①>>

コメント

ん~立石公園にはこう言う海岸も有るとは・・・
瀬戸内にはこんな岩の海岸が有りませんから羨ましい気がします・・・
殆どの海岸が白砂青松ですからねぇ~・・・
白砂青松が悪いとは言いませんが、どこも同じで代り映えがしないと言うか・・・
まぁ~無い物強請りでしょうか???
  1. 2017/01/29(日) 15:46:26 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

 ごぶさたしてしまいました。寒い日が続いていますが、お元気でいらっしゃいますか。
 吾妻山公園の帰りに立石にいらしたのですか。吾妻山公園ではきれいに見えていた富士山が、立石では雲がかかっていて残念ですね。
 わたしは、吾妻山公園に一度行ったことがあり、やはり、菜の花のときでしたから、そのときのことを思い出しました。
  1. 2017/01/29(日) 22:43:38 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

我楽多さん
ありがとうございます。
瀬戸内は大きな台風以外岩礁を侵食するような高い波が打ち寄せるなんてことはないですからね~。
こんな光景は珍しいかもしれません。

瀬戸内も年々砂浜が減少していますから将来は白砂青松の光景は見られないでしょうねえ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラムダさん
ありがとうございます。
元気ですか。この時期はいろいろ気を使いますね。
健康な体が第一ですから、体調管理の方、怠りなきようにね。
立石の夕景は残念でした。
でも、幸運な事ばかり続くのと、嬉しい時の感激が薄れますから
丁度良かったのかなと思っています。
  1. 2017/01/30(月) 09:27:14 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

パソコントラブル、いやですね。
私はどうしようもなく、買い替え。
いつも訪問ありがとうございます。ポチ
  1. 2017/01/30(月) 19:52:58 |
  2. URL |
  3. 雫 #Z7LMGkjQ
  4. [ 編集 ]

雫さん
ありがとうございます。
パソコンのトラブルにはいつも頭を抱えています。
いつもは知人にやってもらいますが、
今回は珍しく独力で修復しました。
偶然です。www
「何をどうやったか、もうもう一度やってみろ」
と言われても出来ません。www
  1. 2017/01/31(火) 00:02:21 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (28)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示