まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

銀座 2/2

「GINZA PLACE」を出て「GSIX」の前まで行くと、托鉢修行をしている高野山の僧侶に出会いました。
これは運が良いと、気持ちばかりのお布施をさせて貰い、お礼を言って「ニコンプラザ銀座」に向かいました。
今日はその帰り道、フラフラと夕刻の≪銀ブラ≫です。 古っ!
148 (600x750)



ここは、カメラのメンテナンスや修理をしてもらうニコンのサービスショップ。
今回は、AF作動の不具合で作動しなくなったレンズを修理して貰うことにしてショップを出ました。
149 (750x541)

(^^♪ あなたを待てば 雨が降る 濡れて来ぬかと 気にかかる・・・ 「有楽町で逢いましょう」フランク永井 (^^♪ 
当時流行していた歌を口ずさみながら歩いていた学生時代から半世紀・www、
銀座通りの様子も一変しました。 銀座6丁目から4丁目方面。右・GSIXは旧松坂屋跡の新名所。そのまま真っ直ぐ行くと日本橋、東京駅。152 (750x500)

こちらの建物が今年4月20日に開業する新しい大規模複合施設 「GINZA SIX」=GSIX ( ギンザ シックス) 
156 (565x750)

この「G S I X 」には渋谷にあった「観世能楽堂」が移築されることなので、今度帰って来た時が楽しみです。
「歌舞伎」と「能」の梯子も出来そうで、ますます銀座が魅力的な街になります。でも・・・観光バスが発着できる駐車場も完備されるので、「G S I X 」は良いかもしれませんが・・・複雑です。大人しく歩いてくれれば好いんですがねえ。
157 (514x750) (2)

そんなことを思っているうちに、もう4丁目まで来ました。後は電車に乗って帰るだけです。
日も随分と長くなりました。このまま帰っても夕飯までには時間があるので、一寸道草をと思い右折。
158 (564x750) (542x668)

あれ~、どこかで見たような。そう、昼間地下鉄を下りた時に見上げてびっくりした「ピアス銀座ビル」です。
昼にねじれていたビルですが、夕方になっても元に戻っていません。不・思・議。バシッ!そう思うお前の方が・不・思・議
でも大丈夫。ビルはちゃんと垂直に立っていますから、ビルで働いている人も道行く人も安心です。www
161 (500x750)
ほんの少し行くと東銀座。「歌舞伎座」が見えて来ます。地下鉄の駅はこの「歌舞伎座」の真下です。
言うなれば≪奈落の底≫が≪東銀座駅≫です。www バシッ!
166 (750x562)

正面から見た 「GINZA KABUKIZA」 です。
「歌舞伎座」の背後に建つ高層タワーは、「歌舞伎座タワー」です。
169 (575x750)

この日は二月公演の≪江戸歌舞伎三百九十年 猿若祭二月大歌舞伎 ≫が開催されていて、夜の部では、
二代目中村長三郎、三代目中村勘太郎の初舞台となる『門出 二人桃太郎』が上演されていました。見たかった。
「歌舞伎座」 は、明治22年(1889)に開場した歌舞伎劇場。この新しい建物は≪第5期歌舞伎座≫で平成25年(2013)4月から興行が始まった。
176 (750x500)

運が良ければ≪枝垂れ桜≫が見られるかなと、5階にある「歌舞伎座庭園」まで行ってみましたが残念。
まだまだ硬い蕾でした。庭園には「先人の碑」や、河竹黙阿弥の≪石燈籠と蹲踞≫がありました。
184 (750x482)

冷たい夜風は爺様の身体に障るだろうと、夜空に吸い込まれる様な 「歌舞伎座タワー」を見上げてから帰ることにしました。
181 (533x750)

エレベーターで「歌舞伎座」の地下に下りると≪木挽町広場≫があり、歌舞伎座の切符売り場、お土産処、弁当売り場、コンビニ等があり、中央には歌舞伎座のシンボルとなるこんな大きな提灯がぶら下がっています。
又、この広場は、「地下鉄・東銀座駅」と直結しているので、銀座に来た時はいつもここから直通電車に乗って帰ります。
179 (750x488)

今日は慣れない都会の人混みの中をまるで≪二人三番叟(さんばそう)≫の踊りの様にバタバタ歩き回わったので
疲れてしまい、その上、通勤ラッシュの時間と重なった為に帰りの電車は混み合っています。
満員電車で品川駅まで行き、快速特急≪Wing 号≫に乗り換え、夜景を眺めながら帰って来ました。
※≪Wing 号≫は300円の追加料金で、空いた電車で悠々座って帰れるので助かります。
189 (750x451)
それでは又、明るい笑顔でお会いいたしましょう。 
スポンサーサイト
  1. 2017/02/22(水) 00:00:00|
  2. 東京
  3. | コメント:7
<<春の庭 ① | ホーム | 銀座 1/2>>

コメント

明かりが灯ったころの銀座、
とっても魅力的ですね。
どこからか喜多さんの♪有楽町で~♪の歌声が
聴こえてきそうです。
私は東京にでると横浜まで電車、あとは西地区まで直行の高速バスで寝て帰ってきます(^▽^)/
  1. 2017/02/22(水) 08:29:41 |
  2. URL |
  3. aunt carrot #Hzu7QKvo
  4. [ 編集 ]

aunt carrot さん
昔の銀座は新宿、池袋とちょと高級っぽい(おしゃれな大人の)感じがして好きでした。
当時は、田舎者の貧乏学生には別世界のような感じがして・・・
一種の憧れみたいなものがありましたwww。
今の銀座は他所と余り変わらなくなりましたね~。
(尤も親しみやすい一杯飲み屋の並ぶ横丁や路地等は今でもありませんが)
銀座、浅草は乗り換えなしで行けますから便利で好きです。

≫高速バスで寝て帰ってきます
寝て帰れるのは良いですね~。
難点はバスの待ち時間だけででしょうか。
以前もそのような記事がありましたが、(その時も)
東京からの直通の高速バスがあれば便利だろうなと思いました。

現役の頃、西海岸の仲間は「飲み会の帰りのタクシー代が高い」とぼやいていました。
  1. 2017/02/22(水) 13:24:32 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

昔昔中央線の国分寺に住んで居ましたが、銀座では鳩居堂位しか見覚えが有りませんねぇ~・・・
随分と変わってしまったんですねぇ~・・・
まぁ~4半世紀位は経って居ますから無理も無いか・・・
  1. 2017/02/22(水) 19:23:52 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多さん
銀座鳩居堂は毎年土地価格で日本一を誇って来ましたからね~。
鳩居堂はずっと土地価格日本一だったですからね~。
それだけでも大変な宣伝になっていたでしょうねえ。

三越や鳩居堂は気楽に入って行けますが、
銀座のランドタワーのような和光ビルだけは別でした。
この服部時計店だけはいまだに敷居が高くて未だに躊躇しています。www
就職して初めて買ったのが≪セイコー5≫でした。
デザインが好きで今でも3台目を使っています。
  1. 2017/02/23(木) 16:57:57 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

都会の夜

 首都に近いっていいですね。映画・テレビの思い出の場所って、やはり東京が多いでしょうし、歴史的な場所も多いですし。古いもの・歴史に興味のある者としては、この最先端の都会が兼ね備えている別の顔もまた大変な魅力です。
 フランク永井さんは、私も大好きでした。子どものころは、なぜかフランキー堺さんとごっちゃになってましたけど・・・。
  1. 2017/02/23(木) 19:44:46 |
  2. URL |
  3. 犬の知人 #-
  4. [ 編集 ]

犬の知人 さん
≫首都に近いっていいですね
その良さも活かしていないで・・勿体ないですよね。
古都に住んでいて、歴史散歩をしないのと同じです。

東京も歩くと歴史的に面白い所が沢山あると思いますが、
最近は「よし、行ってみよう」という気力が沸かず、
行くところはいつも同じ決まった所。
気が付けば、歩くコースも立ち寄る所も全く同じ。
休憩するのも(喫茶や食事)同じ時があります。
これでは“新たな発見”なんて期待できないですね。e-259

フランク永井さんの低音の魅力・・・
若い頃は無理に低音を真似て歌っていました。www
大好きで島に戻った時はLP版のレコードで聴いています。
フランキー堺さんのドラム・・・以前、TVで見ましたが大した腕前ですね。
  1. 2017/02/24(金) 12:14:24 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメMKさん
いつもありがとうございます。
夜の蝶・・・懐かしい言葉ですね。www
僕は下戸だし貧乏学生でしたから怪しい所は近づきませんでした。
今はもう死語になっているかもしれませんね。
もっと危ない形で夜の蛾が飛び交っているかも知れません。www

歌舞伎座の地下(木挽町広場)は歌舞伎座の入場券や歌舞伎関係のお土産なども売っています。江戸の職人さんがいろいろなものを実演販売もしていて面白いですよ。

地下鉄の駅も入っていますから≪木挽町広場≫も5階の≪歌舞伎座庭園≫も無料で自由に行けます。
歌舞伎の中には入場券がなければ入れません。
帰りたくなったら、すぐ横の地下鉄に乗ればいいのですから便利です。
ラッシュ時でなかったら座って自宅の最寄り駅まで座って帰れます。
(僕は電車では眠れない性格なので夜景を見ながら帰ってきます。
(授業中なら即眠れていましたが・・・e-257
昔は殆どのお客さんは眠っていましたが、今は
少なく8割の乗客はスマートホンを見ていますね。
  1. 2017/02/24(金) 13:25:52 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (45)
城の山より (10)
西浜 (21)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (107)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (39)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (27)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (33)
香川のお寺や神社 (100)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示