まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

夏の事・・・もう一度‥「月光の花(キレンゲショウマ)」3/3

今日は、「月光の花(キレンゲショウマ)」の最終章です。
「キレンゲショウマ」は、宮尾登美子の小説『天涯の花」』の中に登場する剣山の山奥深くに自生する花。
= 剣山の山中にある神社を舞台に展開する話で、山腹に自生するキレンゲショウマが、主人公「珠子」を象徴する花として扱われています=
 「あっ、あれじゃない?」
 「そうじゃ。あれがキレンゲショウマじゃ」
 と典夫がそういったとき、珠子は典夫のわきをすり抜けて走り出していた。
 木々の茂みの下、これは見事な花の群落、見渡すかぎり黄の点々は拡がり、
それはおぐらい木洩れ陽を浴びて、まるで一つ一つの花が月光のように澄み、
清らかに輝いてみえた。 さわやかな月光の花は凛、として気高い。 『天涯の花』より_DSC8444 (750x530)
剣山のキレンゲショウマの紹介ビデオです。→『天涯の花』キレンゲショウマ 

「刀掛の松」で小休止した後、元気に頂上目指して登って行きます。
049 - コピー (750x561)

標高が高くなるにつれ針葉樹も増え、立ち枯れた木も現れるようになりました。
046 (564x750)

そんな立ち枯れた木に寄生している色も鮮やかな大きなキノコは「マスタケ」
「マスタケ」は、針葉樹または広葉樹の切り株や枯れた木の上などに重生し、
直径が10~30cmほど、重量も5kg位に成長します
055 (634x750)

このような立ち枯れた木を見ると、剣山も又、厳しい自然の中にある山であることを再認識させられます。
058 (750x563)

そんなことを思っているうちに「剣山本宮・宝蔵石神社」に到着です。
060 (750x633)
「剣山本宮」横にある「剣山頂上ヒュッテ」前のベンチで小休止し、すぐ裏の頂上へ向かいます。
ベンチ前のお花畑に咲いていた「ナンゴククガイソウ」。日当たりが良いせいか、花の時期は過ぎていました。
ナンゴククガイソウ(南国九蓋草)  (750x563)

「平家の馬場」と呼ばれる平坦な剣山山頂は、ミヤマクマザサに覆われた広い草原です。
その中に「アキノキリンソウ」が可愛い顔をして揺れていました。
アキノキリンソウ、剣山系のミヤマクマザサ (750x562)

花を撮っている間に、元気者の彼はいつの間にか≪二の森≫、≪一の森≫方面へ?
DSC03910 - コピー (750x563)

「そっちは行かないよ。岩の上で記念写真を撮ろう。」と言うとこのポーズ。
「良いね~。山へ登った裕次だ。」と言うと「裕次郎って誰?」の返事。そうだよね。若い子に裕次郎と言っても・・。www  
DSC03911 (750x562)

「若い頃の俺そっくりだっていう事だよ。」と言うと、「うえ~!」と、この態度。www
「それ、どういう意味じゃ!」www
DSC03912 - コピー (750x563)

そうこうしている間ににわかに霧が湧き出て来ました。「一の森」も見えません。
山の天気は変わりやすい。雨が来るから早く降りようと、早々に退散。
070 (750x562)

剣山本宮宝蔵石神社の社殿裏にある磐座(いわくら)、≪宝蔵石≫です。
磐座・磐倉・岩倉(いわくら)とは、古神道に於いて、信仰の対象となる岩そのもののこと。
平家の落ち武者達が、この巨岩の下に宝を埋蔵した伝説から「剣山本宮宝蔵石神社」と名付けられたそうです。
今流に言うと、ここは ≪パワースポット≫だそうです。
074 (750x562)

雨が来ぬうちにと「大剣神社」を目指して下り始めましたが、途中雨も降って来ました。
076 (750x561)

と言いながら、記念に一枚。www  後方の岩は、「大剣神社」 の≪神塔石≫です。
077 (750x562)
ちなみに、晴れていたらこのように見えます。 6年前の写真で、撮影時刻は13:50でした。
20100815123409e70[1]
奇しくも、行程タイムは6年前とほぼ同じですね。体力の回復か?若者に引っ張られたか?www
2010081512461920b[1]

雨の為、「大剣神社」お参りしただけで、小休止も取らず剣山中腹にあるリフト乗り場「西島駅」<急ぎました。
「西島駅」(標高1750m) から登山口の「見ノ越駅」 (標高1420m)までの全長830mを15分で結ぶ登山リフトで降りて行きます。
081 (750x563)
リフトの足元には「ナンゴククガイソウ」や「ニッコウキスゲ」や、083 (750x483)
今回の山行の目的であった≪月光の花≫「キレンゲショウマ」が僕たちを見送ってくれました。
089 (750x563)
あとは、下に見える「見ノ越駅」に停めている車で、「つるき町・貞光」の町へ(前方に見える上の道)降りて行くだけです。
(下の道は、祖谷川に沿って二重かずら橋・かずら橋のある祖谷狭(大歩危小歩危)方面です)
097 (750x500)

写真を撮るから二つ後のリフトに乗るよう指示した通り、彼は満面の笑みで下りて来ました。 
正に、取って(撮って)置きの記念写真です。www
穂君4 - コピー (565x750)
それでは又、明るい笑顔でお会いいたしましょう。
スポンサーサイト
  1. 2017/04/07(金) 00:00:00|
  2. 徳島

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示