まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

★徳島「奥祖谷・二重かずら橋」

「剣山」から祖谷峡の温泉を目指して下りていくと「奥祖谷二重かずら橋」の看板を見つけました。
二人とも未だ見たことがないので「ちょっと下りて見てみよう」ということになり、細い階段を下りていきました。
二重かづら橋

少し下りていくと、小さなつり橋と瀧がこんなふうに見えてきました。大歩危にある「かずら橋」より整っていました。
四国カルスト・剣山・山本町 202


しっかり作られたつり橋のようですが、良く見ると支柱も腐っていて、「おいおい、大丈夫か」と心配になってきます。
四国カルスト・剣山・山本町 209
ほら、こちら側もご覧の通りです。でも、「昨日の死亡事故○人」なんて看板はないし、事故で落ちたというニュースも聞きません。
四国カルスト・剣山・山本町 203
他に観光客も来ているから、「多分大丈夫だろうな~」と渡ることにしました。・・・その時です。
四国カルスト・剣山・山本町 205


突然、先を行く彼の足が止まりました。・・・。荒れ狂う極寒の南氷洋で体を張って漁船に乗ってきた彼の事です。
まさかビビッて前にも後ろにも動けなくなったり、・・・オシッコってことは無いはずです。どうしたのかと声を掛けると、
「いや~別に。写真を撮るだろうなと思って、ちょっとポーズをとっただけや~」と笑って、又、すたすた歩いていきました。
でも、まれに、怖くなって本当に足がすくみ、歩けなくなる人もいるとの事でした。
四国カルスト・剣山・山本町 208
僕の感覚では、この「二重かずら橋」より皆さん良くご存知の「がずら橋」の方が怖いかな・・と思います。
足場が不ぞろいで、隙間もかなり開いています。しっかり足元を見て歩かないと本当に落ちそうです。
その点、こちらは、支柱はともかく、足場の板は川が見えないくらいぎっしり敷き詰められているので安心感があります。


「二重かずら橋」を渡って右へ行くと、小さな瀧が音を立てて落ちていました。
四国カルスト・剣山・山本町 214


小さな瀧でしたが、なかなか良い瀧でした。
四国カルスト・剣山・山本町 228


M君は大きな石に腰をおろし、じっと何かを見つめていました。鳥か猿か、又、鹿でも見つけたのでしょうか。
「OH!良いポーズだ。ちょっと動かないで」と、人に動かないよう頼みながら、動いたのは僕の方でした~。
何度も後悔しているのに、今回も三脚持たずに(車中には入れてあるが、つい面倒で使用しない)手持ち撮影です。
四国カルスト・剣山・山本町 225


「二重かずら橋」の傍には「野猿」(やえん)が設えてありました。ここにこのようなものがあるとは知りませんでした。
四国カルスト・剣山・山本町 233


この「野猿」、ゆ~らりゆらり、まるで空中散歩でもしているように気持ち良さそうです。
野猿2


ところが、一見のんびりした楽しい乗り物のように見えますが、実際動かしてみると、相当な力が必要です。
野猿1


一旦向こう岸に渡ったM君は、「これは結構馬力がいりますよ~。僕が動かしますから乗ってください。」と引き返して来てくれました。
四国カルスト・剣山・山本町 234


「何のこれしき」と意地を張って動かしてみましたが、誰かどこかでブレーキでもかけているのかと思う程に動きません。
結局、僕は引っ張る真似をしただけで、ほとんど彼の若い力で向こう岸に着くことが出来ました。
四国カルスト・剣山・山本町 235
口ばかり達者で、情ねえ~爺になったものだと、つくづく思いました。
予定外に時間を使った僕達は急いで祖谷温泉に向かいました。
R439号線を少し下った所を左に入った「いやしの温泉郷」での~んびり露天風呂に入りました。
ここには、森林を縫って走る総延長4,6キロの世界一の長さの乗用電動モノレールが設置されています。
残念ながら、今回はこの≪モノレール≫に乗る時間はありません。
僕達は、日のかげりはじめた始めた山峡の道を、ただひたすら香川・三豊市に向けて走り続けました。


これで「剣山」へドライブした時の話を終わります。
「高松塩江温泉」「徳島・脇町のうだつ」「財田の紅葉」「四国カルスト」と、長~い紅葉ドライブシリーズがようやく終わりました。
途中、同じような写真とつまらぬ長話に飽きたであろうに、最後までお付き合い頂きありがとうございました。
火曜日は、秘境の地とは少し趣の違う所にご案内します。
およそ僕とは縁がなさそうな所で、みなさんは、あっと驚かれるかもしれません。お楽しみに。
「また、それかい。」ははは。  
それでは、又、火曜日に。

スポンサーサイト
  1. 2010/01/17(日) 00:00:11|
  2. 徳島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<銀座 | ホーム | ★徳島「剣山」Ⅲ>>

コメント

おはようございます。

二重かずら橋、野猿・・・
何度も撮りましたが、
北さんが撮ると又違いますね♪

これからも楽しみに見させて頂きます!
  1. 2010/01/17(日) 08:39:13 |
  2. URL |
  3. ari #-
  4. [ 編集 ]

野猿 不思議な乗り物です。初めて見ました。
又どんなに小さな滝でも水が落下する時の水の舞、いいですねー。四国には道後温泉以外に温泉は無く、滝等あろうはずがないと、なぜか、ずぅーーと思い込んでいた私はこのブログを見たとき、驚いたものです。 
さて、同行二人、M君という若者すばらしいですね。歳も3周りほども違いそうな北さんという、ずいぶん昔若者のお世話、話し相手、早々出来るものではありません。写真の数々と一緒に感心して見てました。
  1. 2010/01/17(日) 15:44:50 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

奥祖谷二重かずら橋ですか、
1枚めの写真でバッチリ引きつけられました。
渡ってみたくなります。

野猿、テレビでみたことあるかな?
面白そうですね。これも乗ってみたい(^^
でも、踏ん張りにくい姿勢なので、大変そうなのも想像できます。

魅力ある旅レポートですね!
三○市のHPの紹介写真より、絶対に集客効果?があると思います(^^)/
  1. 2010/01/17(日) 21:58:33 |
  2. URL |
  3. pispofp #/.OuxNPQ
  4. [ 編集 ]

 とてもいいところですね。吊り橋と滝がいい雰囲気です。それ以上に野猿が、おもしろそうです。でも、とても力がいるのですか。ロープがぴんと張っていますから、そうなのかもしれませんね。これと同じようなものは、いつだったか忘れてしまいましたが、子どもたちを連れていった、大きな公園のようなところにあり、乗った覚えがあります。ただ、それは子ども向きですから、長さも10mくらいで、力もそれほどいらなかったと思います。
  1. 2010/01/17(日) 23:09:02 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

ariさん
ここは、ariさんの写真を見せていただいていたので、
「あ~、ここ、ここ」って感じでした。
「野猿」は結構力が要って・・・e-260
同じ場所でも撮る人によって違う・・そうですね。
M君の撮る写真も全く僕の写真と違います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふうちゃん
四国は滝も温泉も沢山ありますよ。
今度は是非、大歩危・小歩危と祖谷温泉、二つのかずら橋、それに野猿を・・・
日帰りでも可能ですが祖谷温泉での一泊を勧めます。
同行の若者・・・素晴らしい青年です。四国本土からから見れば粟島は≪海外≫ですから・・・
正に彼は≪青年海外協力隊≫・・・敬老精神?ボランテア精神に助けられています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
pispofpさん
ありがとうございます。そのように言われると、恥ずかしくて身の置き所がありません。

「二重かずら橋」と「野猿」本当はもっとスリリングなのですが、
表現技術が追いつかなくて・・・。
紅葉かっ盛りの時だともっと良かったかなと思いました。
でもそのときは観光客の数も多いだろうし・・・。
「野猿」一度はどこかで体験して見て下さい。
先人の智恵には敬服です。
言われるように、ロープを引く体勢がちょっときついですね~
でも箱を大きくすると、重量がかかるから更に力が・・・
かといって、電気で動かして貰っちゃあ、「野猿」の風情も楽しみも半減してしまいそうです


  1. 2010/01/17(日) 23:35:30 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

平家の落人伝説の残る地です

ここは、土讃線の山中、大歩危、小歩危の景勝地祖谷温泉の奥にあります。
哀調の漂う民謡「祖谷節」に歌われている場所です。
太い木の弦で編んだつり橋は、ゆらゆら揺れて楽しいです。(人に寄っては怖くて渡れない)
「野猿」は見てるほど楽ではありませんが、スリルもあって楽しいです。
年寄りはちょっと辛いかな。お婆ちゃんは難しいかも知れませんね。

センター試験、終わりましたね。
先程「終わりました~」ってメールをくれた子がいました。
  1. 2010/01/17(日) 23:52:57 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

おはよう、ございま~す♪

二重かずら橋ですか、ここで写真は撮った
ことは有りませんね。高校生の時、アルバイト
で通ってました。四国電工のバイトですが
電信用の工事バイトに。。。。
今年の秋は行ってみます。
北さんも爆走しましたね。負けそうです(笑)
  1. 2010/01/18(月) 11:03:58 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

又随分寂しいところでバイトを・・・
当然、バイクで行っていたのですね。
僕は、電気関係は全く駄目でとてもそんなバイトは出来ませんでした。
爆走e-125若いもんには負けられない!
ははは、今回も僕は暢気に助手席に座っていただけ・・・でした。
  1. 2010/01/18(月) 13:27:45 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahorobanoshimauta.blog10.fc2.com/tb.php/251-d280cda5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (27)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示