まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

横浜・舞岡公園 ①

里山の雰囲気が残っている「舞岡公園」へ行ってきました。
ここは、横浜市戸塚区舞岡町にある285,000㎡(28,5ha)もある自然豊かな広域公園です。
舞岡公園 005


暇でごろごろしているのを見透かされたのか、「鳥追い人」さんから「仲間たちとのんびり里山を歩きましょ」と誘いを受けました。
先輩諸氏に遅れをとってはと、早めに家を出て、横浜市営地下鉄「舞岡駅」に着いたのは集合時刻の1時間前。
地図も確かめずに凡その見当で家を出たら1時間少々で着いてしまったのです。
いくら何でも地下鉄のホームで待つには長すぎる時間です。


舞岡公園 008
駅ビルの喫茶店でコーヒーでも飲みながら時間調整をしようと、駅からモグラのようににょっきり地表に顔を出して見ると、
な、何と、「ここは何処、私は誰?」の世界。何処の田舎へ来てしまったのかと見違う程の長閑な光景が広がっていました。
驚きと同時に、にわかに喜びが湧いてきて、じっとしていられません。早速近くを散策していると【舞岡八幡宮】がありました。
参拝が終わったころ丁度「鳥追い人」さんから「駅に着いた」との連絡があったので、急いで駅に戻りました。
総勢14名の≪懐かしい老老男女≫が集まっていました。

今日の集まりは、のんびり里山でも歩きながら ≪楽しく写真でも撮ろう会≫ と言う親しい仲間達の集まりです。
もう一つ≪野鳥を観る≫という、目的も兼ねています。楽しくない訳がありません。
「風景を観るには、自然の中に生かされている気持ちになることが基本です。五感を働かせて美しい里山を観て歩きましょう。
いいですか、写真を撮るのに夢中になってはいけませんよ。そうしたら素晴らしい景色が見えなくなります。
写真を撮る前に、先ずよく観ることが大切です。肩の力を抜いて・・・カメラの性能に頼りすぎると、心情が写りません。
そして、いいなと思った対象を素直に撮りましょう。カメラは使い手の道具です。高級機だから良い写真が撮れるとは限りません。」

写真を撮る心構えと、基本的な撮影技術を研修会の講師の先生から教わって、老老男女のご一同様、笑顔で出発です。
駅前を30メートル程歩くと、もう小川の流れも聞こえてくるこんなエリアに到着です。
 春の小川はさらさら行くよ 岸のスミレやレンゲの花に 姿優しく色美しく 咲けよ咲けよと ささやきながら~ 
舞岡公園 011


ゆっくりゆっくり歩いて行くと、遠くから子ども達の黄色い声が聞こえてきました。  花は「ロウバイ」です。
舞岡公園 012


どうやら、保育園児たちのお散歩のようです。皆、孫を見つめるような優しい眼差しで眺めていました。
舞岡公園 013


真ん中まで黄色いこちらの花は「ソシンロウバイ(素心蝋梅)」です。甘い香りがほんのり辺りを包んでいました。 
※「素芯」と書く人もいます。
舞岡公園 002


このように、花の中が赤紫の色をしている「ロウバイ」もあります。  (昨年の12月・鎌倉「東慶寺」にて)
鎌倉 064


こんな可愛い水車の回る小川道を歩いていくと、
舞岡公園 007
大きな農家の庭先に梅が咲いていました。「綺麗ですね。写真を撮らせて頂けますか。」とお願いすると、にっこり笑って頷きました。
後は黙々と収穫したばかりの野菜を洗っていました。
舞岡公園 004


大きな梅の古木と古い民家が良く似合う光景に暫く魅入ってしまいました。
コピー ~ 舞岡公園 010


この農家のすぐそばに【舞岡八幡宮】がありました。
【舞岡八幡宮】は鎌倉時代に創建され、以来ずっとこの地の人たちが大切にしてきた由緒ある神社だそうです。
先程の園児達でしょうか、神社の前では足を止め、一礼をしてから列に戻って行く園児の姿がありました。
良い環境(家庭、地域、保育園等)の中で育てられているなと思いました。

コピー ~ 舞岡公園 019


昔は、どの子も神社仏閣の前では皆頭を下げて通っていましたが、今ではそのような光景を見るのは稀になりました。
日頃から大人たちが、やって見せないからでしょう。
今では≪個人の思想信条や宗教の自由≫を理由に、地域の祭りは勿論、学校の遠足や修学旅行にも子どもたちを参加させない家庭が出てきたと聞きます。
コピー ~ 舞岡公園 020


この地では、今も尚、目に見えない自然界や神仏への敬虔な思いが、民間信仰と相まってこのような形となって残されています。
舞岡公園 018


家庭環境も含め、このような風土の中で育った子ども達だからこそ、地域の氏神様の前で自然に頭を下げる心情が育ったのだと思います。
きっと、お爺さんやお婆さんから「氏神様は私達をいつも見守ってくださっているんだよ」と教えられてきたのだろうと思います。
見ていると、最後の子どもが深々と頭を下げ、それからみんなの後を追いかけていきました。
訳も無く、何か嬉しさがこみ上げてくる光景でした。
コピー ~ 舞岡公園 021


見上げると、舞岡の空は、秋のように青く高く澄み、白い雲が流れていました。
コピー (2) ~ 舞岡公園 030



それでは、又。この続きは土曜日に。

【舞岡公園】→こちら
 ここで見られる四季の野鳥や草花の写真が見られます。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/18(木) 00:00:41|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<横浜・舞岡公園 ② | ホーム | 庭の花たち(草花)>>

コメント

こんにちは

ハイキングというか、大人の遠足といった気分でしょうか。
カメラを持ってのんびり歩くのにとてもいいロケーションですね。
気持良さそうです。
1枚め、11枚め(かな?)、それから最後の写真が印象に残りました。

…若くはありませんが、神社の前で頭を下げて通ったことありません(^^;
  1. 2010/02/18(木) 18:28:13 |
  2. URL |
  3. pispofp #/.OuxNPQ
  4. [ 編集 ]

今日の写真は何やら粟島で過ごした小さい頃を彷佛とさせるものがあります。道々のお地蔵様には「あん」と言って手を合わせて通っていました。今もそうです。ばあちゃんや母の教えです。お祭りや遠足、修学旅行まで参加させない親がいるとか。考えられな~~い!!神社の前で深々とお辞儀をする子供の写真がありましたが、その子供からは後光がさしています。また道祖神(?)に藁の屋根の写真も感動物です。こうして外をちょっと歩くといろいろな発見があるものですね。
  1. 2010/02/18(木) 21:25:00 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~♪

ゆっくりと時間が過ぎそうな場所ですね。
粟島の光景が目に浮かびました。
もう少し、暖かくなれば、ゆっくり時間をかけて
散歩できそう~!晴れた青空が良いですね。
来週は、少し暖かく。。。本当でしょうか?ね
  1. 2010/02/18(木) 22:31:50 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

今朝、初雪が舞いました

pispofpさん
ありがとうございます。
気のあった仲間たちと、昔の事など話しながら
実に楽しく歩いてきました。
大きな繁華街から30分でこんなエリアに・・・。
幸せです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふうちゃん
歩いていると感動する景色や光景に出会うことが良くあります。
誰も参る人もいないだろうと思われる寂しい場所にある野の仏さん等に花が供えられていたりすると、妙に感動します。
粟島の札所もそうですね。

又、神社仏閣、道祖神、六地蔵さん等々の前を通る時は無意識にも頭を下げてしまいますねえ。
しないで通り過ぎると、その事が妙に気になって、
その場からでも振り返ってぺこりとやります。
そうすると何か気分がスーッとなって平常に戻れます。
悪がきでもそんなもんですよ。(笑)
小さい頃からの刷り込みなんでしょうねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kenさん
過疎の粟島で生活していても、このような場所に来ると、何故かほっとします。根っからのカントリーなんでしょうかねえ(爆)
もっとも、徳島も香川も町から30分も車で走れば、このような所が多いいですよねえ。
ここだって、上大岡と言う大きな町から30分です。
  1. 2010/02/18(木) 23:54:19 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

ロウバイも種類があるんですね~! 

春を告げてくれる蝋梅、ぬくもりを感じますね、
嬉しい色ですね~

信州も野鳥の楽園です~♪
かわいいさえずりに心は溶けそうになりますよ~

安曇野一帯に広がる道祖神。。。
微笑みに心優しくなれます。
  1. 2010/02/19(金) 09:34:34 |
  2. URL |
  3. うんらん #-
  4. [ 編集 ]

うんらんさん
ありがとうございます。
「レンギョウ」や「ロウバイ」「マンサク」等早春に咲く黄色い花木は
何か不思議なパワーをもらえるようで好きです。
信州の春はまだまだですね。
安曇野の道祖神は雪の中。
雪を被った常念岳、横通岳の稜線が目に浮かびます。
  1. 2010/02/19(金) 18:36:48 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

菜の花、ロウバイ、梅と・・・
青い空に良く映えますね♪

今日は寒かったです。。。
予報では来週から暖かくなると!
  1. 2010/02/19(金) 19:20:34 |
  2. URL |
  3. ari #-
  4. [ 編集 ]

ariさん
ありがとうございます。
いつまでも寒さが続きますね。
早く春一色に染まって欲しいです。

昨日、こちらでは初めて雪が舞いました。
勿論積もるほど降りませんが、何年ぶりかです。
同じ横須賀でも、私の住んでる所は、特に雪の少ないところです。
  1. 2010/02/19(金) 20:08:24 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahorobanoshimauta.blog10.fc2.com/tb.php/269-14f1b221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (160)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (23)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (26)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示