まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

涙雨

≪初孫の初節句の祝い≫をするために1週間の予定で横須賀に帰っていましたが、
慌てて帰らなければならない理由もないので、帰りを1週間延ばし、今日、粟島に戻ることになりました。
皆さんがこの『ブログ』を訪ねて頂いている頃は、どこかを爆走中です。

馬堀庭 257
 別れの雨が友人宅の「万年草」を濡らしていました。
馬堀庭 256




 実に楽しい二週間で、まだまだ残っていたい気持ちが強くありましたが、畑の事も気にかかりますから島に戻ります。
 今日の写真は、再び横須賀の庭の花たちです。

馬堀庭 231


帰る事を決めた日は、朝から雨が降り続いていました。
門扉を覆っていた「ハツユキカズラ」に珍しく花がついていました。

「ハツユキカズラ」は「テイカカズラ」の斑入り品種で、つる性の草のように見えますが分類上は常緑つる性低木です。
写真のように、新芽の時は白い斑が入るので「ハツユキ(初雪)カズラ」の名前があります。
新芽の時には赤みの強い淡いピンク色で徐々に白みが強くなり、次いで白と緑色の斑点が混ざったような姿になり最終的には「テイカカズラ」のように緑一色になります。 花(中央部の白花)を見ると、元々は「テイカカズラ」だったことがよく分かります。
馬堀庭 251


咲き残っていた「ハマナス」も、
馬堀庭 243


「シャクナゲ」も雨に打たれながらも一生懸命咲いています。馬堀庭 228


その「シャクナゲ」の下では「カルミア」の蕾が咲く準備をしていました。この可愛い花を見ずして島に戻るのは残念です。馬堀庭 220


「額紫陽花」の蕾も、仄かに色がつき始めました。
馬堀庭 216


「ブナ」の葉も、
馬堀庭 213


「モミジ」の葉も色濃くなってきました。
馬堀庭 211


これから、色々な野草たちが花を咲かせますが、それを見る事ができないのが残念です。
馬堀庭 239


馬堀庭 254


馬堀庭 238


馬堀庭 236


馬堀庭 193


それでは、又。明日は、粟島に着きます。

 ※  本日は移動中のため、返信は明日以降になってしまいます。ご容赦下さい。

スポンサーサイト
  1. 2010/05/22(土) 00:00:27|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<< 今日、粟島に着く予定です。 | ホーム | ※★初孫の≪初節句の祝い ≫②>>

コメント

今はどのあたりを走っているのでしょうか?
「いおりを結んで 人境に在り・・・・・君に問う 何ぞ能くしかるやと・・・」家族と離れどうして八百キロも離れた遠い粟島に一人?  意味は無いのです、「粟島は国のまほろば」そこが北さんの ふるさと だから。
帰りなん いざ!!
天をつく空豆がもうしっかりと実になつて、収穫を待っている。スナップエンドウはもう終わってるかもしれない。
忙しくなりますねー。
  1. 2010/05/22(土) 07:06:37 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

小満

昨日は小満でした。
芒種の頃まで粟島におられるのでしょうか。

雨に濡れる花々や新緑も趣があっていいですね。
若い頃は雨が嫌いでしたが、雨には雨の風情を見いだせるようになった昨今です。
北さんの撮られた花々をみて、また雨が好きになりました。
私も今度チャレンジしてみます。
  1. 2010/05/22(土) 09:48:20 |
  2. URL |
  3. OZIO #.qZpVpTo
  4. [ 編集 ]

行ったり来たりで大変ですねぇ~・・・
来月から高速値上げが先延ばしされたので少しは安心ですが・・・
事故に気を付けて安全運転で!!!
私は暫く高速に乗れませんからテンションダダ下がりです・・・
  1. 2010/05/22(土) 09:49:27 |
  2. URL |
  3. 我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

こんにちは

長距離ドライブ、お疲れさまでした。
ふと考えてみたら、私は500キロ超/日の運転って経験ないかもしれません。

雫をたたえたユキノシタの写真がイイですね!
  1. 2010/05/22(土) 13:44:48 |
  2. URL |
  3. pispofp #/.OuxNPQ
  4. [ 編集 ]

一言。

お気をつけて!!。
  1. 2010/05/22(土) 18:53:29 |
  2. URL |
  3. MacoTan #pYrWfDco
  4. [ 編集 ]

こんばんは! 
 今頃は、何処を走っているのかしら?
 お気を付けて、帰ってきて下さいね。。
 テイカカズラのお花は見た事が有りませんが、小さくて可愛にビックリしています。^^)
 雨に濡れたお花達が、素敵な雰囲気を醸し出して美しいですね。^^)
 
 それでは・・・・(*^。^*)
  1. 2010/05/22(土) 21:29:03 |
  2. URL |
  3. みっちゃん #-
  4. [ 編集 ]

無事粟島到着しました

荒れ狂う波頭を乗り越え、粟島にたどり着きました。
ははは、オーバーですね。
瀬戸内にしては珍し高波を乗り越えたのは≪連絡船≫だし・・・。

今回、初めて自分の車で島に渡りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふうちゃん
ありがとうございます。
荒れる海を乗り越えて、我が愛車が初めて粟島上陸です。
大工さんがフェリーを予約してくれていたので、
スーパーで山ほどの食料を買い込み、粟島上陸です。
やはり、車のまま家までいけるのは便利です。
雨がひどく、畑は見ていませんから、果たしてどうなっていることやら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
OZIOさん
ありがとうございます。
雨に濡れる石は勿論ですが、花もなかなか良い表情を見せてくれますね。
水辺の花や梅雨時の花たちは特に雨が似合うような気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
pispofpさん
ありがとうございます。
今までは徹夜運転も何の苦にもならなかったですが
今回は何故か疲れました。(特に目が)
昼間の運転の方が目の負担は軽いですが、
島に渡る船便の関係で、どうしても夜間走行になってしまいます。

日陰に咲く雨に濡れた「雪ノ下」「ドクダミ」は何故かすきなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
MacoTanさん
ありがとうございます。
老骨に鞭打ちながら、どうにかたどり着きました~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みっちゃんさん
ありがとうございます。
雨と荒れる波の中を島に戻ってきました。
「テイカカズラ」の花の香りはあまりよくない(好みですが)ので、
どちらかと言うと花の時期は避けていました~。(笑)
写真で見る限りにおいては「可愛いです!」(爆)
  1. 2010/05/23(日) 23:29:30 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahorobanoshimauta.blog10.fc2.com/tb.php/325-2f2b0fb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (27)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示