まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

粟島散歩 ~春から夏へ~

在庫整理をしていたらUPするチャンスを失った写真が一杯・・・。
はや常夏月に入りましたが、折角撮った写真だから・・・スパッと事業仕分けするには忍びなく・・・、
4、5月に撮った写真を数回に分けて(何の脈絡もなく)UPすることにしました。
4,20NIKON 081


先ずは、4月の在庫から・・・≪粟島神社の桜≫の写真を3枚。  「桜」の終息宣言したばっかなのに・・・
4,20NIKON 004


ここは過日『花見の射会』(5/6UP)が開かれた【粟島神社】です。
4,20NIKON 019


ここ【粟島神社】の桜も、今年は雨で折角の「桜の絨毯」もすぐに色褪せ、散々でした。
4,20NIKON 018


次は、久しぶり良く晴れたので、「上新田」に行った時の写真です。
港からすぐに右に折れ「上新田」に向かう道より、四国本土を見た景色です。遠方の山は≪金比羅さん≫の山々です。

4,20NIKON 058


途中にある「尾」の集落からは「志々島」はすぐそこですが、ここは洲が沖まで伸び、流れが速く複雑ですから泳いで渡る人はいません。
4,20NIKON 062


「尾」の集落も過疎化が進み、今では3軒だけになってしまいました。
4,20NIKON 064


「尾」の集落を過ぎると、やがて「上新田港」が見えてきます。大きな桐の木が満開でした。
4,20NIKON 097


子どもの成長を願う≪鯉のぼりのある風景≫です。と言っても、昔のようにどの家でも、と言うわけには行きません。
子ども達のいない粟島では、「鯉のぼり」をあげる家は二軒だけになってしまいました。
遠くにいるお孫さんの成長を願って、お爺さんが「鯉のぼり」を上げているのでしょうか。いい光景だな~と思います。
バックは多度津の港と讃岐富士です。
4,20NIKON 083


それでは、又。   次回UPも在庫からです。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/01(火) 00:00:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<庭に咲く花 =粟島の初夏①= | ホーム | 粟島散歩  久々の早起きです>>

コメント

一枚目と最後の写真、鯉のぼりの写真。こいのぼりを竹笹に縛り付け、てこの原理??天秤??のように揚げているのは粟島流?それとも讃岐流?それとも四国流?関西流?
関東では支柱にそつてただ上下に泳がせています。
風がないとこいのぼりは泳ぎません。粟島の揚げ方は勇壮でいいです。ここ関東で一回だけ粟島流の揚げ方を見た時は、懐かしく、思わず「粟島出身の人が住んでるのかしら」と思ったくらいです。
  1. 2010/06/01(火) 08:14:49 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは!
 鯉のぼりを揚げている風景は、こちらでも段々と少なくなりましたが、郷愁を感じさせます光景ですね。。
 蛸壺でしょうか?
 この様な状態を拝見しますと淋しいですよね。。
 ピンクの絨毯が、とてもステキです。。
 益々、粟島に魅了されています・

 有難う御座いました。^^)
  1. 2010/06/01(火) 10:12:20 |
  2. URL |
  3. みっちゃん #-
  4. [ 編集 ]

「粟島神社」が「粟井神社」に見えてしまった・・・
鯉のぼりは確かに少なくなりましたねぇ~・・・
ド田舎の此方でも若い人たちは高松市に出てしまって此方には住みません・・・
高齢化は進んでいますが過疎化はしていないのがせめてもの救いです・・・
  1. 2010/06/01(火) 14:27:02 |
  2. URL |
  3. 我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

こんにちは

コイノボリ、私も立派な竿があるのに、
どうして竹の方に?…なんて気になりました(^^ゞ
のびてきた木の枝にでもあたってしまうのでしょうか?

粟島神社の階段の下、ブイ人形がちょこんと鎮座しているのが可愛いですね。
海の透明感もステキです。
  1. 2010/06/01(火) 17:18:35 |
  2. URL |
  3. pispofp #/.OuxNPQ
  4. [ 編集 ]

所変われば・・・

雛人形、五月人形、鯉のぼり等々、地方によって飾り方など違うようですね。
「鯉のぼり」の吊るし方ですが、このようなつるし方は全く風のない日でも絡むこともなく綺麗に見えます。
1本のロープに取り付けると全て真下に垂れ下がってよく見えません。
オリンピック等で金、銀、銅三つの国旗を水平な棒に下げている様子を思い浮かべてください。
三つの国旗が他の国旗と絡む事なく綺麗に見る事ができます。これと同じです。
又、風の強さで角度を自在に変えられますからこの方法はとても便利です。
但し、この方法は広さが必要です。都会でこの方法で上げていたら隣の家に迷惑がかかります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふうちゃん
ありがとうございます。
粟島の鯉のぼりは跳ね上げ式?ですね。
粟島独特の方法と言うわけではありません。
調べれば日本各地でこの方法は使われていると思います。
この方法は、昔から(今でも)アジア地方で、水を汲むのに使われていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みっちゃんさん
ありがとうございます。
鯉のぼりの上がっている光景はいいですね~。
詫間のほうでは、苗字が書かれた幟も立っています。
ずらっと並んでいるのは仰る通り、≪蛸壺≫です。(笑)
ここでは数少ないタコ漁をしている家があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多さん
ありがとうございます。
紫陽花で有名な「粟井神社」の事ですか?
今時、過疎化していない地方なんて驚きです。
余程いいところなんでしょうねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
pispofpさん
ありがとうございます。
ここの家は、裏の畑に支柱を立てています。

ブイブイ人形は何処に行っても・・・。
ここの海は先ず濁ることがありません。
この先は昔「フカ(鮫)がいるから泳ぐな」といわれていましたが、
きっと流れが速く危険だからそう言って
子ども達にここで泳がせないようにしたんだろうと思います。

  1. 2010/06/01(火) 22:46:57 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

鯉のぼり

木柱で鯉のぼりをあげている風景を久しぶりに見ました。
私も子供が小さかった頃は田舎に住んでいましたので、
このような形で鯉のぼりをあげていました。
とても懐かしく思い出しながら写真を拝見させて頂きました。
粟島には日本人が忘れ去ってしまった原風景が数多く残っていますね。
とても素敵な島だと思います。
  1. 2010/06/02(水) 08:19:47 |
  2. URL |
  3. OZIO #.qZpVpTo
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

OZIOさん
ありがとうございます。
かっては日本中何処へ行っても、田植えする田にに「鯉のぼり」映っている・・・
そんな光景が見られました。
まさに日本の原風景です。

色々な問題もあり、「鯉のぼり」は最近見かけなくなりましたね。
それでも三豊市では良く見かける方だと思います。
粟島では二軒になってしまいました。

5/1現在、人口も193戸・320人(男141、女179)になってしまいました。
実際はもっと少ないと思います。
  1. 2010/06/02(水) 11:39:24 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

見せたいと思った時が アップ時ですよね^^
私も 時期外れのものでも どんどん載せていますよww
鯉のぼりに込めた願い・・・胸にジンときます
優しい方なんでしょうね
四国の粟島 自然があふれる素敵な所なんですね
  1. 2010/06/02(水) 23:07:11 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

ユウスケさん
ありがとうございます。
僕はいつもこんな失敗をします。例えば
新茶を頂いたのに、ストックのお茶を先に飲んでしまおうと・・・結局、新茶も古茶にしてしまう・・・ような。

粟島は、小さな店屋が一軒あるだけで、後は、な~んもありません。でも、ゆったりした時間の流れと島人のあったかな心、それに新鮮な野菜、や魚、綺麗な海があります。
でも、年取って爺さんになった今では、それで十分満足です。見方によっては、とても贅沢な生き方をしているのかもしれません。
  1. 2010/06/03(木) 01:17:29 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

頑張れ粟島

私が想像していたより少ない島民のみなさんなのですね。
山も島もそして都会の中心部も過疎化が進んでいっています。
日本の政治の歯車ががどこか狂っているのでしょう。
今回の政権劇でも国民不在がまざまざと見える・・・。
「変えにゃぁアカン!」よりも
「日本を今一度せんたくいたし申し候」が必要なのかもしれません。
嘆いているだけでは何も改善しないでしょう、きっと。
  1. 2010/06/05(土) 13:57:38 |
  2. URL |
  3. OZIO #.qZpVpTo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahorobanoshimauta.blog10.fc2.com/tb.php/331-185ae3fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (160)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (23)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (26)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示