まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

西浜の四季(2) 朋有り 遠方より来る 亦楽しからずや

島四国 033
♪山の淋しい湖に 一人来たのも悲しい心 胸の痛みに耐えかねて 昨日の夢と焚き捨てる 古い手紙のうす煙 ♪
昨日は瀬戸内一望の城の山に、今日は霧の深い森の湖へ・・・まるでロマンチックなフルムーン。(>;<)

島四国 036
「ちゃう、ちゃうよ。ここは粟島の西浜でしょう。ほら霧が晴れたら海が見えてきたでしょう。ここは海なの。」
「ほ~んとだ。海だ。記念の写真を一枚・・・浜大根を手前に入れて・・・釣り船を右奥に配置して・・・はい」パチッ。
「はい、次は畑だから・・・先の信号を右折ね」と、見栄っ張りの僕は道案内。 バシッ!島に信号無いでしょう。


島四国 047
一つ裏の畑に入ったら、まるで50年も昔にタイムスリップしたような幻想の世界。
あっ、間違えました。古い写真を持ち出して・・・・(信じないで。これいたずら写真です)
島四国 046
こっちが本物。後方の山が昨日登った222mの城の山です。 

桜散る 046
お花を作っているのは、このおばちゃんとおじちゃん。
僕の小さい頃の事も、よ~く覚えていて・・・「やべ~!あっちへ行こう。」



島四国 050
あっちへ行っても、花畑。 こっちへ来ても花畑。 
「うわ~うっとり。そういえば、私ね、昔、マーガレットのようねって言われていたのよ」
「へ~そうかい。香取線香の除虫菊みたいだったんだね。」バシッ! バシッ!
「いてっ!」   「北さん、どうかしました?」 「いや、あの、別に・・」
   
島四国 058
♪  ♪  ♪   ♪  「あれ~、あれは何ですの?あの変わったもの・・・」


これですか?これは「達磨釜」という昔瓦を焼いていた窯跡です。全国に二箇所しか残っていない貴重な窯で、西日本に残っているのはここだけだそうです。
島四国 039
粟島は、昔、「千石船と瓦焼きの島」と言われるほど瓦焼きが盛んで、昭和10年頃には二十軒程の瓦焼きがあったそうです。
阿島に良質の粘土が取れ、固くて品質のよい瓦のため日本海側の雪の多い地方で珍重されたそうですが、時代の流れで、
昭和20年後半には隆盛を誇った瓦焼き産業も衰退の一途をたどり姿を消していったそうです。
「はい、そこの三人、人の話を聞きなさい!」  「だって・・・だって・・・・話が長くて、飽きちゃうんだもの」
「それもそうだね。いつも言われていた。もう少し端的に話が出来ないのって。」


「今日は、良く歩きましたね~。疲れたでしょう。僕も話し疲れました。終わりにしましょう。
折角ですから、去年のものですが、西浜の夕日をご覧になり、お帰り下さい。おしゃべり爺も黙っています。
長々、ありがとうございました。」 
西浜の夕景1

家族



スポンサーサイト
  1. 2009/05/06(水) 14:35:11|
  2. 来島者たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<朋有り 遠方より来る 亦楽しからずや (2) | ホーム | 西浜の四季(1)>>

コメント

No title

v-518昨日と今日のも写真すごくきれいですねぇ~v-221
瀬戸の夕景1とか浜大根の花が(なぜか浜大根の花が何度みてもすきなんです可愛らしい花だから)
毎日楽しく見てます
最近は携帯でなくパソコンで見れるので画像が大きくて余計に綺麗に見れて楽しんでいます
また見させてくださいねv-407
  1. 2009/05/05(火) 22:54:28 |
  2. URL |
  3. みゅたん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~♪

夕日の写真最高~ですね。
こんな夕日を眺めながら・・。ふたり・・。
加山雄三の歌を・・・。「ふたりを~♪」って
少し、古いですか~。そう、古いのです。
絵になるな~♪ますます、気に入りまして・・・。
これに、海ほたるを見れれば、もう、言うこと無し
思い残すことも無いかも・・・。なんて(笑)
  1. 2009/05/05(火) 23:07:30 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

No title

西浜はなんといっても花と夕日ですね。
二回にわけて西浜を案内ありがとう。
浜大根の花が群生してると、あんなにきれいとは知らなかった。
かすみそうに負けない!
次は何処かな?粟島を知っていても楽しい、楽しみ。
  1. 2009/05/06(水) 08:58:37 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

No title

『ブラボウ!ブラボウ!島詩とってもファンタスチックやゎ~』
最近、私も会社の若い女性に一目置かれているんですよ。
『ステキ!ステキ!と~ってもステキ!なんって言われているんですよ。
残念ながら、私の顔や容姿ではなかったのです!
そ~っと、まほろばの島詩のブログを、そ~っと若い女性に見せた途端に『ステキ!ステキ!と~ってもステキ!』っていわれました。嬉しいやら、ちょっと背中がむずがゆいやら『こんなにすてきなところで住んで・育って好いですね~って』
都会に住んで47年にもなりますが、都会の絵の具に染まっていない私です。
自然な5月の島詩をいっぱい下さい! いっぱい嗅ぎまくりますから!
  1. 2009/05/06(水) 14:01:47 |
  2. URL |
  3. ひろくん #1iWHpGqQ
  4. [ 編集 ]

No title

ご老人の多い島に、きれいな花がたくさん咲いている。黒澤監督の映画に、段々畑に桃か桜の花が咲いている夢のお話のようなのがありましたよね。たぶん粟島は、そういう夢と現実が混じったふしぎ島なんでしょうね。
わが友たちもマーガレットの中でキンセンカの中で、すごく自然な感じで写っていますね。
島の住人として許可証をもらえたようなものですね。
私は、まだ、ちょっと若すぎるかな・・・・エヘヘヘ
  1. 2009/05/06(水) 14:14:06 |
  2. URL |
  3. ハイジ #BGncCxt.
  4. [ 編集 ]

No title

色付きの文字みなさんありがとうございます
年寄りにはユンケルより励ましの「おだて」の方が嬉しいです

みゅたんさん
いつもありがとうございます。
大きなパソコンで写真を・・・UPに耐えられるでしょうか心配です。
浜大根もよくよく見るときれいですよね。歩く時はルーペ持参です。
造りもきれいで、良く出来てて感動します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

kenさん
いつもありがとうございます。
ほんと、歌いたくなりますよね。
♪海よ~、俺の海よ~ ♪もいいですね~。
でも、僕は気持ちは加山雄三でも、身体は上原謙ですから~e-259

海蛍、そろそろ動き出しました。
もう我が家の下の浜で確認しました。楽しみですね。
「思い残すことは・・」ははは、まだまだ。爆走続けてもらわなくちゃあ。
これからも是非、爆走&爆写をお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふうちゃん
いつもありがとうございます。
浜大根も菜の花同様、2,3本だとなんでもないが、
畑や野原一杯、道一杯咲くと、それはそれはきれいです。
この日は島四国の日だったので沢山の人がこの遍路道を通った。
遠くから見て「うわ~きれいね~」と感動する人も、ほとんどが
そばに来ると「な~んだ、浜大根なのね」とがっかりして見向きもしない。
僕は写真を撮りながら「そういうお前は何だ!」と小声で言ってやりました。
勿論、それなりの人にですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ひろくん
ありがとうがざいます。
今日あたり、お○○ちゃんですかね。
会社に若い女の子が・・??いるんですか?不思議な気がします。
こちらに来てから、日本にはおばあちゃんしかいないのかと思っていました。
「そういうお前は何だ」って言われそうですが。
「5月の島詩いっぱい下さい」いい表現だね。頑張ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハイジさん
ありがとうございます。
黒澤さんの映画・・???知りませんね~。僕、若いから。
そう、正に粟島は時間を超越した夢のような世界ですよ。
もっとも僕は常に夢と現実が混在して・・・・皆さんに迷惑ばかりかけて・・
でも、天然だからと、皆さん大きな心でいてくれたんですよね。
涙が出るほど嬉しいです。
天然といえば、僕のお友達「マリリンさん」御一行サマは、
すぐに島の空気に溶け込んでいましたよ。
これにハイジさんが加わったらどうなるのでしょう・・。
帰りも、本土に渡っている事も忘れ、道の真ん中をゆ~らり、ふらり、歩いていて
クラクション鳴らされていましたよ。

  1. 2009/05/06(水) 16:02:45 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

No title

初めまして宜しくです。
5月2日郷愁。望郷の念にかられ志々島に行きましたが。
想像以上の志々島の変貌に驚嘆致しましたが。
粟島はいかがでしょうか??
時代の流れ自然の驚異。如何なるでしょう??・
言葉にならない。将来は想像を絶する。
  1. 2009/05/06(水) 19:49:22 |
  2. URL |
  3. 鷹野 富士丸 #2u.skda2
  4. [ 編集 ]

西浜、大好き!

北さん、こんばんは。
久々のコメントです・・ご無沙汰していました。
何度も訪れた粟島、特に西浜は四季折々のいろんな思い出があります。
てくてく歩いて行くあのルートが好きで
私の持ってるカメラの中でも特に重いカメラ二台も下げて二往復もしたのが一番の思い出です。
去年の夏は友達と3人で日焼けもそっちのけで3時間も遊んでしまいました。
季節によって、時間によっていろんな表情を見せてくれる西浜・・
私は大好きです♪
  1. 2009/05/06(水) 20:32:58 |
  2. URL |
  3. なっちゃん #CWFpsCAI
  4. [ 編集 ]

No title

うわぁ~、この夕日、最高ですね!

GWに「日本の夕日百選」に選ばれている伊豆の

堂ヶ島の夕日を見てきましたが、こちらも

素晴らしそうですね!

野比海岸も最高ですが(笑)
  1. 2009/05/06(水) 21:42:01 |
  2. URL |
  3. しんた #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

粟島の夕陽 最高ですね♪
燃えるようなオレンジ色の・・・
是非見てみたいです。
素敵ですね!
あっ、北さんのお話しも♪
  1. 2009/05/06(水) 22:03:55 |
  2. URL |
  3. ari #-
  4. [ 編集 ]

No title

e-330ご訪問頂き ありがとうございます

鷹野富士丸さん
ありがとうございます。
志々島ですか。粟島にも志々出身の方は居られるようですね。
家から見えるのですが、私はまだ行ったことがありません。
大楠の手入れや清掃等ボランテアが計画されているようですので
一度行こうと思っています。
過疎の拍車・・・これは粟島も同じです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なちゃんさん
ありがとうございます。体調はよくなられたのですか。
無理をなさらないようにしてください。
重い荷物を持って西浜往復?聞いただけでも大汗がe-330
西浜の風景もいいですが、姫路の浜も変化に富んでいて、いいですよ。
岩の表情を取り入れた風景写真を撮りたいのですが私の腕では・・・(ははは・自嘲)
これからもよろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しんたさん
コメントありがとうございます
GWは、「伊豆」でしたか?。僕は島から「出ず」でした~e-445
粟島はいいでしょう。IやRと遊びに来ればいいのにね。
相変わらず多忙な日々を送っているんだね。
僕なんか、たまに東京へ行くと大勢の人に酔ってね。
帰ったらぐったりです。しんたさんは、毎日赤坂だもんね。
身体を大事にしてくださいね。今度6月下旬に会えると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ariさん
ありがとうございます。
西浜の夕日も、姫路の夕日もジンと来ますよ。
粟島の姫路海岸のことです・浦島太郎伝説の砂浜で、
乙姫様がきれいな浜だと言って、太郎と遊びに来たとか、休みに来たとか・・・
そんないわれのある海岸です。

話がいつも長くて・・・・
写真のまずさをトークでごまかそうと・・・・
写真が上手になったら無口になります。
男は黙って・・・あれです。
徳島の海のきれいさには驚きです。
楽しみにしています。
  1. 2009/05/07(木) 00:13:21 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahorobanoshimauta.blog10.fc2.com/tb.php/38-feedde7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (160)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (23)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (26)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示