まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

★★時化る海 

滅多に荒れる事のない海ですが、選りに選って横須賀に帰る日は大しけでした。
「荒れた海と鵜」・・・暗い写真ばかりですがご覧下さい。 
時化る海1

テレビは、朝から瀬戸内地方これから風が強くなると報じていました。
浜に出ると、雲は低気圧の接近を告げ、波も騒ぎ始めています。
時化る海2


早く本土に渡らないと今日は帰れなくなると心配になり、何度も海の様子を見に出ました。 時化る海5


時間の経過に伴い、波風はだんだん強くなって来ました。時化る海4


こんな時、定期船は島の陸側に沿って波風を避けながら進みます。
時化る海7
島に沿って走り、島の外れを抜けたら方向転換をし、 この時が一番危険だと言います。
時化る海8


後は、風と波を背に真っ直ぐ本土の須田港に向けて進んで行きます。
時化る海9


荒れ狂う波風は衰える様子もなく、≪海鵜≫も翻弄されて高く飛べません。
≪海鵜≫と≪川鵜≫の区別は僕には分かりませんが、多分≪海鵜≫だと思います。
時化る海10


この荒れ模様ではやがて定期船も欠航になるだろうと思いました。
船が出なければ、どんなに帰りたくても帰れません。
時化る海11


例え定期船は出たとしても、普段から少しでも波のある日は船に乗らない嫁さんが、こんな荒れた日に乗る筈がありません。僕だって、
万が一船が沈んだ時、嫁さんと茶華を抱えて岸まで泳ぎ着く自信はありません。
それに海鵜に紐つけて引っ張ってもらう程、親しい仲ではないし・・・。
 バシッ!
時化る海12


海は嵐のようになり、この11時15分の定期便を最後に後は欠航となりました。
時化る海13


欠航で結構です。 バシッ! 無理は禁物。相手が自然ではどうする事も出来ません。
離島の宿命です。横須賀への帰りは延期せざるを得ません。
時化る海15


ところが、午後から天候が徐々に回復し、3時頃には波も風も弱まってきました。
もしかしたら船を出して貰えるかも知れない・・・
時化る海16


淡い期待を抱いて「どうしても今日帰りたいのだけれど」と「海上タクシー」に電話すると、「波風が治まってきたから大丈夫だと思うが、もう少し様子を見てからにしよう」との返事です。天候の回復を願って待つことにしました。
結果、4時半頃、「もう良いだろう」という事で船を出してくれました。
それでもご覧の波です。途中、突然の横波に慣れぬ嫁さんと茶華は座席から転げ落ちてしまいました~。
 バシッ!夫の僕が笑うのは良いけれど、皆さんは他人の不幸を笑っちゃあ駄目!。WW
時化る海17


と言うわけで僕たちが本土に渡ったのは午後5時過ぎ。みやげ等買いながら【善通寺】から高速に乗り、瀬戸大橋経由で帰ってきました。
ここは途中休憩した富士SS。夜景が綺麗だったので写真をと思い構えてみたが・・オオ~、ああ、もう我慢できない・・・
寒さが?・・・違う。トイレ。 バシッ! それで震えています。
 バシッ!
ふじSS1


そこは日頃鍛えた根性で・・1枚。後はダッシュです。・笑・
スッキリしたところで撮り直しましたが・・・結局↓これが1番ましな写真でした~。
夜明けを待って≪朝焼け富士≫をと思いましたが天候も悪そうなので諦めました。


富士SS2


横須賀には早朝到着しました。浦賀インターを出ると家までは1分です。
写真は久しぶりに見た我が家からの夕景です。
横須賀へ 051


それでは、今日はこれでお終いです。では、又。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おまけの2枚(過去の写真ですが)
 11月に入ると、≪鵜≫が(多分海鵜だと思います)餌の魚を求めて無数の鵜がやってきます。同じ頃(12月上旬)1回海が荒れ、やがて厳しい冬が来ます。
※ 同じような写真ばかりで恐縮ですが、去年の11月25日には総天然色で≪海鵜≫をUPしています。→ここ
日記 190


粟島⇔須田(三豊市詫間町)の定期航路です。 所要時間15分、大人320円
青雲丸12


スポンサーサイト
  1. 2011/02/08(火) 00:00:04|
  2. 船、港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<師走の庭 ②-① | ホーム | 立春だというのに・・・2>>

コメント

今のスマートな定期便の前は、ゴザを敷いただけのまさに舟底板一枚の舟底で,嵐の日はころころ舞いをしていました。
昔の船頭さんはそのくらいの波ならヘーキで船を出していました。
乗る人もヘーキでのっていました。
今は全て安全第一ですね。
粟島の海がそんなに荒れるのは、台風と冬のしけた時くらいですね。
  1. 2011/02/08(火) 09:35:53 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

瀬戸内は西高東低の気圧配置が強くなると「大西・・・強い北西風」が吹きますねぇ~・・・
瀬戸大橋を渡る時もこの大西で車が1車線くらい勝手に車線変更する時があります・・・
特に鷲羽山のトンネルに出入りする時に一番注意しないと・・・

>風と波を背に真っ直ぐ本土の須田港に向けて進んで行きます。
これって一番技術がいる操船ですねぇ~!!!
船って波に向かって居る時は良いんですが、波に追い越される時には波舵と言って舵が逆に切れるんです・・・
私も子供の頃波舵で怖い目をしました・・・
  1. 2011/02/08(火) 12:39:52 |
  2. URL |
  3. 我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

こんばんは

台風の影響で鉄道が止まって、
都内で数時間足止めをくらったことがあります。
最初は焦ったものの、
そのうちになるようになるだろうの心境になってました^^;

夜景の2枚め、SS=2秒で止まるなんてスゴイですね!
  1. 2011/02/08(火) 19:30:35 |
  2. URL |
  3. pispofp #/.OuxNPQ
  4. [ 編集 ]

私も荒れた海での船は駄目です

こんばんは
船は凪の時が一番 佐渡に行くときは快適でした
粟島も快適 比較的夏は凪なので デッキで潮風を
受けながらとてもすがすがしい気持ちになります
  1. 2011/02/08(火) 20:58:09 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

凄い波でした~

ふうちゃん
島の人も、最近はちょっと風が吹いたり霧が出たりするとすぐに欠航になるとぼやいています。
でも、運航基準も違ってきていることだし、客の安全第一を考えての事だから仕方ないです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・我楽多さん
≫船って波に向かって居る時は良いんですが、波に追い越される時には波舵と言って舵が逆に切れるんです・・・
 
「波舵」と言うのですか?知りませんでした。
舵が逆に切れる・・・これはびっくりです。なれないと慌てて、
さらに舵を切り横波食らって沈没って事になりかねないですね。
荒れた日は、乗らないことが一番です!

瀬戸大橋では強風でハンドルとられそうになりましたから、50~60キロで走行して帰りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
pispofpさん
ガードレールの上に置いて撮りました。
最初は体がブルブルっと震えて・・(笑い)2枚目を撮り直しです。
あとでゆっくり撮りましたが、なぜか2枚ともボケていました。
いろいろ設定を違えて撮れば勉強になると思いますが、
いい加減な性格なもので、殆どの写真はいつもと変わらぬ≪A=絞り優先≫で撮っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ユウスケさん
いつもは一番最後の写真のような海ですから、船に弱い僕も大丈夫です。
距離は丁度一里です。だから酔っている時間はないくらいです。
15分で着きますからね~。(笑)海上タクシーなら7分です。
こちらはモーターボートの観光船みたいにビュービュー風を切って走りますから快適で、
定期船が出ない時間帯の時は良く利用します。
4人まで2000円ですから、町のタクシー考えれば格安です。

  1. 2011/02/08(火) 21:40:02 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こばんは~♪

凄い波ですね。この状況なら、私も辞退したいですね。
酔っ払いになりそうだから・・・(笑)
でも、瀬戸内でも、これだけ荒れるんですね~!
四国に居ても、瀬戸内海にいく機会も少ないので
こんな光景は初めて見ました。
  1. 2011/02/09(水) 20:43:04 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

Kenさん
粟島と詫間に囲まれたこの場所は、波静かな場所として昔から船の避難場所として有名でした。
ただし、この時期だけは北西の季節風が強く吹きますからこんな状況です。
写真の11時15分の便は余程の人でない限り怖くてのれないでしょうねえ。
実際、僕たちもこの便船を見てこの日は止めようと思った程でした。
  1. 2011/02/09(水) 23:46:44 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahorobanoshimauta.blog10.fc2.com/tb.php/487-6fb0814d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (27)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示