まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

★★★遠くへ行きたい ~秘境の駅~ ③JR土讃線【坪尻駅】

まるで鳥になった気分です
JR土讃線【坪尻駅】俯瞰の図その2。「日本秘境の駅」7位を誇る駅です。(誇って良いものかどうかわかりませんが・・・笑・) 
ここまでくれば、もっと引いた写真が見たいですね~・・・。ん、もしかして・・・
JR土讃線・坪尻駅


※坪尻駅のスイッチバックの様子を撮った動画です。(YOU TUBEより)→ スイッチバックの様子 


おっ、あるのかな?って、期待したでしょう。残念、無いのです。 バシッ!
今思えばもっと冷静になってレンズを取り替えるとかすれば良かったと後悔しますが、その時はこの景色見ただけで興奮し、
満足してしまったのです。でも良いのです。  きっと、観音寺グループの方々が紅葉の頃か、雪化粧の頃の良い写真を撮ってくれるでしょう~!楽しみです。って、何気に催促です。 その時は皆さんにもお知らせします。

その代わりと言っては何ですが・・・
これは昨年の秋、同じ徳島県三好市の西山地区へ行った時、「木屋床」の集落から向こう側「落」集落を撮った写真です。
↑坪尻駅の俯瞰写真を撮ったのは、対岸に見える九十九折の道路あたりからだと思われますが、こうちゃんさんどうですか?
香川から徳島、高知へ続く国道32号線はこのV字谷間の中腹にあり、【坪尻駅】は更に谷底部分にあります。
NIKON 009


何はともあれ、凄いところに駅があるものだと思います。暗い駅舎内で読み辛いですが・・・バシッ!写真が下手なだけです。
4,15・N 096


【坪尻駅】へ行くには僕たちのように電車で行くか、国道から藪こぎしながら降りていくしか方法がありません。
皆さんも無理をせず、僕たちのように電車で行かれる方が良いと思います。赤字JRのためにもね。
山道はここへ降りてきます。この手前に朽ち果てた廃屋が1軒ありましたが、それより先は不気味で行きませんでした。
10_20110616141546.jpg


駅舎は引込み線?側にあります。これより一段高いところにある本線側から駅舎を見てみることにしました。
10;01


ホーム側から見た駅舎の全景です。手前一段高いところに敷設されているレールが本線です。
この駅、一日の平均乗降客は二人とか・・。だとすると、今日は僕たちで終わりです。WWW
10;02


引込み線は一段下のホームの所ですからここからは見えません。
4,15・N 078


天気の良い日、こんな所でこんな風に本でも読んでいたいですね~。
駅周辺の草むらや崖に生えている草花等を見て回りましたが、特段珍しい草花はありませんでした。
10;03


青年が特急電車の通過予定時刻を携帯で調べ知らせてくれたので、特急電車を待ちました。
予想通りの時刻に上り特急電車「南風」が通過していきましたが、期待していた「アンパンマン電車」ではありませんでした。
10;29


駅前広場?には「マムシ注意」の看板がありましたが、かまれる事もなく、見かける事もありませんでした。
「マムシ草」さえも生えていませんでした。本物はどこかに潜んでいるようですね。WWW  笑い事じゃないっす。怖~っ。
4,15・N10;44


とにかく山の中の秘境駅、店があるわけではないので非常用に弁当を買って来ましたが、ここは駅構内です。
火気使用禁止は常識。コーヒーを沸かしたかったのですが我慢しました。
30;33


【坪尻駅】の発車時刻表です。丁度1時間ほど滞在しましたが、この何とも居心地の良いローカル駅は少しも退屈しませんでした。
4,15・N 092


ホームで待っていると、二両編成の貸切り電車が指定しておいた時刻通り、僕たちを迎えに来ました。www 
(バシッ! お前達の為に来たわけじゃな~い!定刻通り運行しているだけだ~!)
4,15・N 098


【坪尻駅】⇔【讃岐財田駅】は一駅で、所要時間は12,3分。【宝光寺】が見えています・
4,15・N 111


【讃岐財田駅】には、あっという間に着きました。
4,15・N 112


この駅界隈にも商店や食堂はありません。近くの【財田道の駅】裏の貯水池で去る春を惜しみながら弁当を食べました。
4,15・N 114


その後、隣にある日帰り温泉施設「環(たまき)の湯」に入って帰りました。
4,15・N 116


今日も長い爺の話に最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
それでは、これに懲りずに、又。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/18(土) 00:00:51|
  2. 徳島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<★徳島「下影の棚田」 | ホーム | ★★★遠くへ行きたい ~秘境の駅~ ②JR土讃線【坪尻駅】>>

コメント

こんばんは

秘境の駅への旅 とても興味深く拝見できました
さすがに北さんの名調子がとても楽しくて
惹きつけられましたよ^^
私も こういう駅に いつか行ってみたくなりました
一日に 二人しか利用客がいない赤字路線ですか
もっと活用できないものでしょうかね・・・
  1. 2011/06/18(土) 03:46:31 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

はまぼふう

こんにちは。今下新田ではまぼふうを見てきましたがすでに大きな穴になつていました、近くスコップが落ちていました。報告しておきます。
  1. 2011/06/18(土) 08:00:55 |
  2. URL |
  3. エビスヤ #-
  4. [ 編集 ]

なんとも不思議な駅ですね。
昔は電車に乗るため、山の上から谷底の駅まで大勢の人が通っていた道が、今はまむしがゆうゆうと通る道へと。
「ようこそ坪尻駅へ」の案内板に、利用者が「今では開様一人になりました」と
地元の住人の名前まで載る・・・この貴重な駅。
でもやがては、消えゆく駅なのでしょうか。
  1. 2011/06/18(土) 09:19:55 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます

ユウスケさん
ありがとうございます。
鉄道マニアの間では(多分)良く知られた駅だろうと思います。
今はスイッチバック方式をとらなくても大丈夫だと思いますが・・・
必要不可欠な何かがあるんでしょうねえ。
でなければ、昨今の経営不振のご時勢、この駅自体存続しているわけがありません。
鉄道ファンの為に残している程JR四国も財政に余裕があるとは思えませんし・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
エビスヤ さん
ありがとうございます。
5月31日に紹介した「ハマボウフウ」でしょうか。
今まで貴重な山野草等は盗掘される恐れがあるので詳細な所在は伏せて紹介してきましたが、残念です。
もっとも「ハマボウフウ」は盗掘される程貴重なものとは思いませんが・・・。
島の中でももっと人目に付くところに自生していますからねえ。
だから、残っているとすれば、なお悪質です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふうちゃん
ありがとうございます
開業当時は添付資料にもあるように、賑わっていた時期もあったようですね。
粟島の船と同じです。本土の高校へ通う学生達で船が一杯だった時期が・・・。

ただ一軒の利用者も、今ではどうですかね。
駅への山道も、誰かが(一人でも)毎日通っている踏み跡もなかったですね。
鉄道マニア、「秘境の旅」愛好者たちが電車でやって来るぐらいでしょうか。
後は鉄道工事関係者ぐらいでしょう。
やがて時代の波に飲まれていくのだろうと思います。
その前に、山津波でやられそうな心配がある地形です。



  1. 2011/06/18(土) 10:18:47 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

私も先日この場所発見しました\(^o^)/

いざ立ってみると私も足がすくみました・・・!

  1. 2011/06/18(土) 10:38:37 |
  2. URL |
  3. SHIOTA #2NAOQmok
  4. [ 編集 ]

SHIOTAさん
ありがとうございます。
流石にあの場所は緊張します。
高所恐怖症の人は(例えばUちっいさんなど・笑・)失神してしまうかもしれません
あの道の先は箸蔵寺辺りに通じているのでしょうか。
明日は、下影の棚田です。
  1. 2011/06/18(土) 19:46:23 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

うーむ。
島でも花泥棒が・・・
悲しいですね。

自生してるからすばらしいのに。
  1. 2011/06/18(土) 21:25:06 |
  2. URL |
  3. ウナム #A8BJpryA
  4. [ 編集 ]

一度は行ってみたい駅ですね!
この駅にはアンパンマン列車より
汽車のほうが似合いますね!
一日平均2人でも多いと思いました(笑
  1. 2011/06/18(土) 22:05:27 |
  2. URL |
  3. キク #-
  4. [ 編集 ]

ウナムさん
ありがとうございます。
好きなもの、欲しい物を手に入れたいというのは、
一種人間の本能に近いところですが、
その欲望に打ち克たなければ大人として恥ずかしいですね。

粟島の場合、もしそれが盗掘だったとしたら、島外の人だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キクさん
ありがとうございます。
そう、一度は行ってみたい駅ですね。
僕は違う季節に(紅葉、雪景色の頃)又行きたいなと思います。
但し雪景色は時期的に僕の場合は難しいです。e-260
確かにアンパンマン列車は・・・・アンパンマン列車のトロッコ電車というのがあります。
それが良いですね。・笑・
孫が「アンパンマン」の大ファンなのでね。・笑・笑・
  1. 2011/06/18(土) 23:43:10 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

赤字路線であろうが
頑張る・・それが心意気というものでしょう

行く わたしがですか
どこでもドアがあったらなぁ
そうなったら 行きます。。

そうよね 名調子に試験があっても
答えられると思う
坪尻駅の乗車人数=二人(笑)
  1. 2011/06/19(日) 00:04:04 |
  2. URL |
  3. tonko #RgyCeBHA
  4. [ 編集 ]

tonkoさん
ありがとうございます。
赤字路線であろうが何だろうが頑張る・・・。
その心意気、僕は小さい頃から育てられて来ましたね~。両親に感謝です。

どこでもドアがあったらば・・・僕なんか色々覗いて前歯が鼻の方まで反り返っちゃうでしょうねえ。WWW

≫坪尻駅の乗車人数=二人(笑)
良いでしょ~。この長閑さ。ユウスケさんにも見せたいです。

所で、画面が出ないようですが・・・・僕のPC操作ミスかな~?

  1. 2011/06/19(日) 10:50:49 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

坪尻駅に今日行こうと思ってたんですが
都合で行けなくなりました(笑)

またまた夢が膨らむばかりです(#^.^#)
  1. 2011/06/19(日) 19:54:02 |
  2. URL |
  3. mobushi #-
  4. [ 編集 ]

mobushi さん
高速無料化は今日で終了しましたが、
坪尻駅廃止のニュースは聞きません。
都合に合わせてお出かけ下さい。
時程は僕たちが利用した電車が便利かと思います。
※駅周辺の草むらにはご注意下さい。
百足より大きなものが出るかもしれませんよ。
  1. 2011/06/19(日) 22:35:50 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

たった1時間の滞在ですかぁ~・・・
此処は矢張り「鉄子の旅」の様に夜まで居るのが正解なんでは???
まぁ~夜まで何をするかが問題ですが・・・
  1. 2011/06/20(月) 13:24:03 |
  2. URL |
  3. 我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

地形・立地の点から通常の駅としては、地元のお客様が居なくなったときに駅としての機能は廃止し信号場にするのが良いと思います。

ただ、たとえ信号場になっても、たまに愛好家向けのイベント列車を止めるツアーなどをしてもいいのではと思います。
  1. 2014/06/02(月) 21:26:36 |
  2. URL |
  3. 名無し@まとめでぃあ #pYrWfDco
  4. [ 編集 ]

我楽多写楽さん
長い間、気が付きませんですいませんでした。
たった、一時間・・・半日程ホームでのんびり読書などするには良いですが、
季節によっては虫やへびなどが・・・
自分達には丁度良い滞在時間でした。www
「駅舎に≪鉄子の旅≫の漫画が数冊置いたありました。
桜の木など植えれば、雰囲気は最高ですからお客さんも増えると思いますがねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まとめでぃあ さん
ありがとうございます。
≫ただ、たとえ信号場になっても、たまに愛好家向けのイベント列車を止めるツアーなどをしてもいいのではと思います。
鉄道ファンの皆さんには魅力一杯の駅だと思います。
一つ多度津駅寄りの讃岐財田駅、さらに黒川駅ほ雰囲気が好きで買い物で本土に渡った時は観光ドライブを兼ねてよく立ち寄ります。
財田駅で自分の乗る電車を30分も前から駅舎で待っている高齢な方が、
「坪尻駅で、今度何とか言うコンサートがある気なで」と話されていました。
あの駅舎でコンサート?時期によってはマムシが・・大丈夫かな?などと野暮な事を思ったりもしました。
  1. 2014/06/03(火) 06:39:43 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahorobanoshimauta.blog10.fc2.com/tb.php/570-0beb95e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (97)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示